2017年11月12日 (日)

試験帰宅

Huji

こんにちは、にわ子です。

朝6時40分、今期一番キレイに見える富士山です。

窓から吹き込む風が冷たい。

今日はほぼ一ヶ月ぶりに我が家に試験帰宅。

朝食は病院で食べ、日中自宅で過ごし、夕方にはまた病院に戻る予定です。

家に居るとあれこれ気になって家の中を歩き回ってしまうのと、今日から始まる大相撲九州場所を病室でじ~っくりTV観戦したいのもあります。

久しぶりの我が家。お昼は何を食べようかな~♪
※材料がないので家では作りません。

にわ子

2017年11月11日 (土)

12月花形演芸会チケットを確保!

Img_1785_2
こんにちは、にわ子です。

毎年発売日を忘れて取りそこねていた、漫才コンビ「爆笑問題」がゲスト回の国立演芸場「花形演芸会」のチケットをようやくゲットしました。

特に今回(12月 第463回 花形演芸会)はかねてから聴いてみたいと思っていた講談師「神田松之丞」が忠臣蔵もの「神崎の詫び証文」でトリで出演します。

昨日10日(金)の「あぜくら会」先行発売で「座席任意選択」にするか、「自動選択」にするか迷い、「ダメだったら一般発売で再チャレンジ」と思いつつも無事先行の座席選択で希望通りの中央寄り通路席を確保

今回は特に人気で、今日の一般発売も一瞬で完売だったでしょう。

まだ安静とリハビリの毎日で退院がいつになるかは不明ですが、12月16日(土) は何としても行きますよ~。 翌週には吉右衛門の国立劇場12月歌舞伎公演の観劇も控えています。

いろいろあって、9か月も劇場から足が遠のいていただけにとても楽しみ♡

「チケット取りのため、10時からのリハビリにちょっとだけ遅れます。もう一瞬で決まりますから。」に、笑って「OK。がんばって!」と言ってくれた先生ありがとうー。
リハビリも頑張ります。

にわ子

2017年11月 1日 (水)

アルフォートミニ プレミアム濃苺

Photo_3こんにちは、にわ子です。

今日から11月、霜月です。あっという間に年末になってしまいますね。

さて、一昨日は入院後初めて試験外出をしました。
主治医の先生に「コンビニに行きたいんだって?何買いに行くの?」とからかわれながらも許可をもらい、2時間ほど病院周辺を散歩です。

コンビニじゃあ病院の売店と変わらないと思い、住宅地をゆっくり歩いて病院近くのスーパーとドラッグストアへ。

生鮮食料品などは今見てもしようが無いので、お菓子売り場の棚を見ていると、「おー!」少し前から気になっていた「アルフォートミニチョコレートプレミアム濃苺」が目の前に…これは食べてみなくてはなりません(食べ物ネタ続きです)。私が買ったスーパーでは148円(税抜き)でした。

苺をチョコレート中40%使用し、甘酸っぱい苺パウダーを練り込んだ チョコと、 サクサクのココアビスケットの組み合わせ。アルフォートはチョコがメインでビスケットが裏にくっついているまさにチョコレート菓子。

Photo_2さっそく一粒。

苺チョコ部分は結構酸味が効いていて、それを甘みを抑えたココアビスケットがマイルドにし、程よくほろ苦さも加えています。なかなか美味しいです。

甘酸っぱい香りが口いっぱいに…どころか辺りにも広がるので、写真を撮っている時もいつ看護師さんが来るかとヒヤヒヤでした。
飲み物を取ろうと冷蔵庫を空けると、もう「濃苺」の香りが「食べてよ~」とばかりに鼻孔をくすぐります。家でこっそり食べようとしても、確実に家族にばれますね(笑)。

なかなか一粒で止められない。
食事制限無しの患者さんに分けてあげちゃったし、値段も妥当なのでまた買ってこよう。

ところで、「濃苺」 なんて読むんでしょう。 濃紫(こむらさき)みたいに「 こ・いちご」かしら。それとも「こい・いちご」

にわ子

2017年10月31日 (火)

病院食もハッピーハロウィン

こんにちは、にわ子です。

今日は10月31日、ハロウィンです。

いつ頃から日本で「仮装」とお菓子などの食品業界の恒例イベントになったんでしょう。
正直すごく違和感を感じていますが、商業的には盛り上がって関連商品が売れるのなら、堅いこと言わなくてもいいかな(笑)。

病院では夕食にハロウィンのイベントメニューが出されました。

Photo_3
ハロウィン仕様の野菜カレー(パンプキンライス)にパンプキンスープ、サラダにパンプキンゼリーとかぼちゃづくし。
かわいいカードも添えられて、「ハロウィンって何?」なお年寄りも思わずにっこりです。

「コウモリ」と「かぼちゃ」の抜き型使って、ハロウィンデザインのデザートを用意すれば家でもできますね。
あ、ウチはする必要ないか。あはは。

お楽しみメニューは頑張って完食しました!作ってくれる方達に感謝です。

にわ子

2017年10月30日 (月)

毎日チョコレート

こんにちは、にわ子です。

ベッドの上から身の回りのすべてのモノに手が届くって、すごく便利だけど怖いわー(笑)。

私はいつも眠りが浅く、夜中に何度か目を覚ましてしまうのですが、ここ(病院)にいるとついつい夜中でも冷蔵庫の中のチョコに手を伸ばしてしまいます(歯みがきする洗面台まで12歩だし)。

Img_1624
差し入れてもらうチョコレートはいろいろで、一粒の重量もカロリーもまちまち。でも、一応入り数・グラム数・カロリーなどを控えているので計算したところ、平均して毎日約150kcalを食べていました。
定番「板チョコ」の「ガーナ」や「明治ミルクチョコ」などが50g 279kcal(2017年10月現在)なので、入院以来毎日板チョコを半分強食べ続けていることになります。

もっと食べたい気持ちを抑えての150kcal。

前に書いたように、ご飯は「一食200g 336kcal」で出されるところ、私が食べるのは毎回70~80gくらいなので、カロリーだけみれば問題なさそうですが、食べたくなる時間帯がいけない。だいたい寝る前、夜中、明け方
美味しいのよ。じっくり味わえて。

しばし悩んで「おしゃぶり昆布」と「食べるにぼし」を買ってきました。
チョコはせめて食後に。それでも口寂しいときは栄養成分的にも良さげなこれらかなぁ。
さすがに「寝る前、夜中、明け方」の昆布やにぼしはナイナイ。欲しくナイ。

病院食で毎日のように出される牛乳は飲まない にわ子 (-_- )

2017年10月28日 (土)

病室から見える富士山

こんにちは、にわ子です。

ベッド横の窓から富士山が見えます。
10月26日の朝は白く雪をかぶった美しい富士山が見られました。

今年の初冠雪は平年(9月30日)より23日遅い10月23日だったそうです。
台風21号の通過したその日は頂上付近がわずかに白いだけなので、晴れたとしてもここからは確認できなかったでしょう。 

「入院中の患者さん達の中には、毎日富士山を眺めることを楽しみにしている人がいっぱいいますよ。元気づけられるんですって。」とリハビリの先生。

私もその一人。毎日眺めています。

Photo_2
写真は26日の夕方撮ったもの。

残念ながら病室の窓は10センチ程しか開かなく、おまけにがっちり網入りガラス(病院なので仕方ないですね)。
またここではスマホしかないためズームもきびしいのです。

今度朝クリアーな朝の富士山が見られたら撮っておきます♡…スマホだけど。

にわ子

2017年10月27日 (金)

病棟の看護師さんたち

こんにちは、にわ子です。

今日はベッドの上で変なポーズでストレッチをしているとき、いきなり
「失礼しまーす」と若いイケメン看護師さんが入ってきて、超あせりました。

何事もなかったかのように検温したり、血圧を測ったりしてもらいましたが、内心『おばちゃん、何やってんだ』って思われたかな。あー恥ずかしい。

このことををリハビリの先生(女性)に話したら、「あはは、全然平気ですよ。リハビリ中の患者さん達はよくベッドの上でストレッチしてるし、看護師さんも知っているから(笑)。中には顔のパック中に主治医の先生が入ってきて『どうしてあんな時に来るの』ってこぼしていた女性もいましたよ(⌒-⌒)」

パック中…確かにそれはあせる。( ̄Д ̄;)!

Img_1579最初は面食らった「男性看護師」さん達ににもだいぶ慣れました。
私のいる病棟は男女ともに若い看護師さんが多く、高齢の患者さんに明るく優しくフレンドリーに接してる姿に感心します。もちろん、それも仕事ではありますが。。。
患者さんが個々の看護師さんから受ける印象はだいたい同じで「ウチの孫にも○○君みたいな人に育って欲しいわ~」「わかります、わかります。優しいですよね(私には息子くらいの年かな)」なんて会話もしばしば。

また、ナースステーションの雰囲気も男女居た方が場が和むことは間違いなし。病棟では力仕事も多いですし、男性の患者さんの中には、同性の看護師さんの存在にホッとしている方も多いのではないかと思います。


私の部屋はだいたい男性看護師3名、女性看護師6名くらいが入れ替わりながら担当してくれているようです。

看護師さんたち、毎日ありがとうございます。
まだしばらくお世話になります。

にわ子

2017年10月22日 (日)

仲良しの患者さんの退院

Img_1522_2こんにちは、にわ子です。

昨日入院してから一番お話しする機会の多かった女性が退院しました。多分私より15歳くらい年上の、明るくて社交的な方です。

最初は私も具合が悪くて人と話すどころではなかったので、おしゃべりするようになったのはこの5日くらい。一か月ほど入院しているという彼女に、ここでの入院生活のいろいろな情報を教えてもらいとても助かっていました。

病院にいる間は痛みのことにばかり意識が集中してしまうけれど、家に帰ればきっと痛いことなど忘れて家事しちゃいますね。もちろん、そうなるために毎日リハビリしていたわけで(笑)。


退院が決まってからは「ここは至れり尽くせりで居心地がよくて、もう一週間くらい入院していてもよかったわ」と話していた彼女。いやいや、退院おめでとうございます。

病棟を去る時に、家族と一緒に迎えに来た小学生のお孫さんから「おばあちゃんがお世話になりました」とかわいい金平糖を頂きました。

ありがとう。大事に食べます。

にわ子

2017年10月21日 (土)

回復期のリハビリ

こんにちは、にわ子です。

Photo入院してからあっという間に10日以上経ちました。

ずっとベッドの上で寝ていると筋肉が落ちてしまったり関節が硬くなってしまうため、ほぼ毎日リハビリがあります。私の場合、入院3日目のまだ「ヒー、痛い~」の状態からリハビリ開始でオドロキ。Σ( ̄ロ ̄lll)

入院する際に「どのような状態で退院したいか」を聞かれ、その目標に沿って体の状態を見ながらプログラムを組んでくれます。
今は1日に1~2回、1回約1時間、マッサージから始まりストレッチと筋力アップ、体幹トレーニングでインナーマッスルを鍛えましょうというもの。
マッサージにはいつも「もっと続けて~」と思い、日ごろ全く運動をしない私にはマットの上でうっすら汗をかく程度体を動かすのはとても気持ち良いものです。

リハビリの先生に腹筋が弱いと指摘されているので、ぜひこの機会に鍛えたいところ。
バランスクッションを使ったトレーニングでは「このツール、『ウエストが引き締まりますよ』って言うと、女性は食いつきが良いんです(笑)。ホームセンターでも売っていますよ」とのこと。そうなの?欲しい。

それにしても当初の苦痛が収まり、ある程度自由に動ける回復期になると、規則正しい生活・計算されたヘルシーな食事・看護師による体調管理・理学療法士によるリハビリなど、まるでステイ型生活習慣改善の保健指導を受けているような気分になってきます。

この先まだちょっと痛そうな治療の続きがありますが、「傷病の完治」と「引き締まった体」の一石二鳥を目指して頑張るゾ。

にわ子

2017年10月15日 (日)

レンタル病衣とパジャマ

こんにちは、にわ子です。

今回の入院準備で迷ったのが寝間着です。

病院のレンタル病衣にするか、自前のパジャマにするか。

当分は着替えの洗濯はツレアイ君に頼りきりになるので、洗濯物はできるだけ減らしたいし、パジャマなら1~2着買い足さなくてはいけない。けれど、病衣のレンタル料(100円未満/日)は保険適用外で入院は結構長期間の予定…

一応パジャマを4着持参して入院しました。

病室に案内され、自分のパジャマに着替えたところ…

「あ、あつい!」

病棟は病衣で過ごす適温に24時間管理されているので、とても冬用のパジャマなど暑くて着ていられません。着るなら春秋物?そんなの持っていないよ~。

Img_1451_9ということで、結局入院当日からレンタル病衣を借りることになりました。

病衣といえば、たいてい甚平型か浴衣型。私はジンベエ、着やす~い。丈夫そうだし、思わず家でも着ようかとネットで検索しましたが、冬家で着るには寒すぎるし、夏はTシャツとハーフパンツで充分なので、やはりこれは病院着ですね。

昨日お見舞いに来てくれたツレ君が冬っぽい服装をしていてビックリ。今日も外は冷たい雨が降っていて、来週半ばには最低気温が10度を切る日もありそう。

でもココは身軽な七分丈のジンベエ一枚で快適です(笑)。

にわ子

«病院での食事