2017年10月15日 (日)

レンタル病衣とパジャマ

こんにちは、にわ子です。

今回の入院準備で迷ったのが寝間着です。

病院のレンタル病衣にするか、自前のパジャマにするか。

当分は着替えの洗濯はツレアイ君に頼りきりになるので、洗濯物はできるだけ減らしたいし、パジャマなら1~2着買い足さなくてはいけない。けれど、病衣のレンタル料(100円未満/日)は保険適用外で入院は結構長期間の予定…

一応パジャマを4着持参して入院しました。

病室に案内され、自分のパジャマに着替えたところ…

「あ、あつい!」

病棟は病衣で過ごす適温に24時間管理されているので、とても冬用のパジャマなど暑くて着ていられません。着るなら春秋物?そんなの持っていないよ~。

Img_1451_9ということで、結局入院当日からレンタル病衣を借りることになりました。

病衣といえば、たいてい甚平型か浴衣型。私はジンベエ、着やす~い。丈夫そうだし、思わず家でも着ようかとネットで検索しましたが、冬家で着るには寒すぎるし、夏はTシャツとハーフパンツで充分なので、やはりこれは病院着ですね。

昨日お見舞いに来てくれたツレ君が冬っぽい服装をしていてビックリ。今日も外は冷たい雨が降っていて、来週半ばには最低気温が10度を切る日もありそう。

でもココは身軽な七分丈のジンベエ一枚で快適です(笑)。

にわ子

2017年10月14日 (土)

病院での食事

こんにちは、にわ子です。Img_1446_2

ベッドの上に寝ているだけで3食運ばれてくる毎日が続いています。

週中に翌週の献立表が配られ、食事毎に和食・洋食から好みの方を選択できるので、じっくり見ながらも、選んだのは全て和食メニューの方。
パン食でスパゲッティやシチュー等の洋風お膳も食べてみたい気がしますが…そのうちにね。

病院での私の食事(普通食)は1日1,800~1,900カロリー台が中心。私は気にならないのですが、患者さんからは「味が薄い」とのクレームも多いと聞きました。確かに「単品で食べる」にはちょうど良いのですが「ご飯のおかず」にするには薄いかもしれません。私もツレアイ君に「ごましお」を持ってきてもらおうかと考えましたが、せっかくの機会なので計算されたヘルシーな食事で過ごしてみようかな。
ただ、私には200gのご飯の量は多いので、ごはんのみ毎回半分以上残してしまいます。

その分、こっそり持ち込んだ粒チョコをちびちび舐めてしまうので、カロリー的には同じくらいになりそう(笑)。どこがヘルシー?

入院中は辛いこともあるので、この程度の楽しみはココロ穏やかに過ごすために必要ってことで。

にわ子

2017年10月12日 (木)

しばらく入院です

Photo
こんにちは、にわ子です。

しばらく入院することになりました。15年振りくらいです。

いろいろ不安はあるものの、主治医の先生がとても陽気で、こちらの緊張をほぐしてくれるので、診てもらうたびに笑ってしまう。(o^-^o) 
脅かされることもありますが(笑)。

病室はベッド脇にTV、冷蔵庫、小机付きキャビネットなどがコンパクトに備えられ、温度も一定でなかなか快適な空間。TV画面からインターネットや売店オーダー、ビデオレンタルなどが操作でき、ずいぶん便利になったものだと感心しています。

先日まで掃除、洗濯、料理の毎日だったのに、今は全てにおいて他の人のお世話になり、体調や食事を管理されるというのも不思議な感じ。また、この10年で倍増したという男性看護師さんの存在に、少々面食らっています。

急に決まった入院に、月末に予定していた斑尾への旅行はキャンセルとなり、お店を決めていた「戸隠そば」は、またまたお預けとなりました。
日光の紅葉も見に行きたかったなあ…残念。

にわ子

2017年10月 7日 (土)

ルマンドアイス 初体験

Img_1131_2
こんにちは、にわ子です。

先日妙高でコンビニに寄った折に、話題の「ルマンドアイス」の幟を発見!
ヨーロッパ風の「ルマンド」をなぜ、もなか/モナカ/最中に?
という疑問はさておき、前から気になっていたのでさっそく買って食べてみました。

袋から取り出して1ブロックをパキッ。

「ない…ない!入ってないよ~。」


てっきり横に1本入っているものだと思い込んでいましたが、各ブロックの縦方向に1本ずつ入っていました
(パッケージの絵もよく見ればその通り)。

さて、食べてみた感想はといいますと、

「騒がれるほど美味しいかなあ…」

Img_1132_2定価225円(税込243円)という強気な価格設定もあり、ちょっと期待が大きすぎました。
中にルマンドが入っている普通のもなかアイスです。

「ルマンドアイス」を食べる3時間前にハーゲンダッツのストロベリーを食べた事も、評価を辛くしているかもしれません。

まあ、遅かれ早かれ食べてみたと思うので、「ブルボン」地元の新潟県で買えて良かった(笑)。

でも、お菓子の「ルマンド」はもちろん好きです。小学生の頃は高級なお菓子のイメージで、友達の家でおやつに出してもらうと嬉しかったのを思い出します。「ブルボン北日本食品」という響きが懐かしい。

かつての高級菓子「ルマンド」も今では100円程度で売られることが多く、クッキーにチョコのレリーフを乗せた「アルフォート」も、美味しいのによく安売りされている商品です。ブルボンのお菓子は「値段以上のクォリティー」だと感じることが多いので…

今回の「ルマンドアイス」、
定価でのリピートはたぶんありません。

にわ子

2017年9月29日 (金)

朝ぶろ100円クーポン/ おふろ café utatane 再び

Img_1356
こんにちは、にわ子です。

例の100円クーポンを使って再び「おふろ café utatane」の朝風呂に行ってきました。今回はばっちり平日です。前回の記事:朝ぶろ100円クーポン/ おふろ café utatane
館内はハロウィーン仕様に飾り付けられ、いかにも女の子達が喜びそう。

前回は夏休み中だったり、チラシが入った直後の日曜日だったので混み合っていましたが、今日はゴロ寝の若者達もスペースに余裕があります。

Photo


朝6時の時点で、女性用のお風呂には15人ほどのお客さん。まだ寝ている人が多いこともあり空き空きレベルです。
シニア層の方も結構見受けられますが、やはり泊まりではなく朝風呂でしょう。
前回いろいろなお風呂に入ってみたので、今日は加温「温泉」の露天風呂のみ。テレビで朝の情報番組を見ながらのんびり浸かりました。

上がってからは館内をあちこち見て回り、ハンモックが空いたのですかさず寝てみることに。
うーん、楽しいけどこれで眠ったら腰が痛くなるんじゃないの?

Photo_2

おばあちゃん達がコーヒーを飲みながら談笑していたり、おしゃれなおじいちゃんが書き物をしていたり、意外とシニアにも人気があるのかもしれません。仕事を引退していれば、空いていそうな日や時間帯を選び放題です。

 ただ、私達が行った早朝の時間帯はソファを占領して寝ている人も多く、混んでいたらくつろぐどころかストレスになりそう。

何にせよ太っ腹な「100円クーポン」で楽しませてもらいました。
クーポン付きチラシ効果で、その後の継続利用者は増えたのかな(^_^)

にわ子

2017年9月28日 (木)

週末は信州へ③ 信州角間温泉「岩屋館」~小布施でお土産

Img_1277_2
こんにちは、にわ子です。

今回泊まったのは信州角間温泉「岩屋館」
建物の脇を道路をはさんで川が流れ、対岸には岩の壁がそそり立っています。
ツレアイ君から「山奥だから部屋では電波が届かないって」と聞いていましたが、確かにあの岩じゃ仕方ないかな~。

建物は古びていますが、案内された部屋は和室+ベッドルーム+ベランダ(3方向)付きの広い角部屋で、電波も窓際では弱いながらもギリギリ入りました。

Photo
Img_1288

温泉は「鉄~っっ」っという感じの茶褐色の炭酸泉。体を浴槽の床や壁に押し当てると色が付いてしまうため、よく洗い流さないと上がれません(笑)。
露天・内湯ともにとなりの浴槽は上がり湯用の湧水のお風呂になっていました。

 朝夕食には里山らしい山菜や川魚料理が並びます。私にはヤマメやイワナのお刺身やから揚げが珍しく、どれも美味しくいただきました。

渓谷沿いの宿なので、昼はともかく寝静まった夜になると土砂降りの雨音かな?と思うくらい川の音が響いていい感じです。(o^-^o)


ツレ君は運転疲れで先に寝てしまい、私が和室でお茶をのんでいると、障子にそってなにやら黒いモノが動いている…

Photo_2「ぎゃーーーーーーーーっ!」

と思ったら、コオロギでした。ちなみに部屋は2階です。

「まったくもう、驚かせて(-゛-メ)」と障子の外に出しても、いつの間にかまた入ってる。
きっと居たのは1匹ではないですね…。
その後も館内のあちこちで4~5匹のコオロギを見ました。ベランダにはいろいろな虫がやってきていたので、虫が嫌いな人は要注意です(笑)。特に軒下に巣作り中の蜂が怖すぎ。

BSしか入らなかったので夜はテレビもつけず、自然の音の中で過ごしました。
何回も温泉に入ったし、同じ部屋だったらまた来てもいいなー。

Photo_3


さて、お土産を買いにいつもの「道の駅オアシスおぶせ」の農産物直売所へ。ブドウ、リンゴ、そして栗の時期だけあって、駐車場はかなり混雑しています。

品物を選んでいる間にも新たなコンテナが運び込まれてくるため、もう迷って迷って(笑)。
「また来るから」と、リンゴ(シナノドルチェ)を2袋、ブドウはシャインマスカットほか4種類を購入。もっと買えば良かった…

「もう街のお店で買うものはないよね」といいつつ、ちょっとだけ小布施の街をぶらぶらして帰ります。


次に長野に行くのは10月末の斑尾高原。
晴れてきれいな山が見られることを期待してます。

にわ子

2017年9月27日 (水)

週末は信州へ② 戸隠神社 奥社

Photo_6
こんにちは、にわ子です。

先週まで腫れていた私の右足の甲の調子がだいぶ良くなったので、戸隠(とがくし)神社の奥社までお参りに行くことにしました。

早朝の駐車場は外気温が9度。寒~っ。

参道はぽつぽつ人が歩いていており、これから登山と見られる装備の人達が多めでした。

冷たい空気の中、樹齢約400年を超えるという杉並木の参道を歩くのは気持ちが良く、木々の間から差し込む光が神秘的。

奥社までは約2キロ。心配した程の距離や石段ではなく(山寺、こんぴらさん、羽黒山はもっとず~っとキツかった)、余裕で到着。願い事があったので、お参りできて本当に良かった。きっとパワーを貰えたと思います。


Img_1230


参道の途中にある御神木の前で、

ツレ:「JRのCMで吉永小百合が出てきた木かな」
私:「穴が小さすぎない?」

しばし足を止め、スマホでCM動画を確認。

…同じに見えます。

Photo_5
Img_1239
それにしても朝日を浴びて明るく輝く葉や苔の緑がきれい。

自然に囲まれた神社仏閣のお参りは早朝に限りますね。

楽しみにしていた「戸隠そば」は、残念ながら時間の都合で「また今度」となりました。

にわ子

 

2017年9月23日 (土)

週末は信州へ① 馬曲温泉「望郷の湯」~新潟/妙高イルミネーション

こんにちは、にわ子です。

今週は土・日・月と連休で長野方面に来ています。

まずは長野県木島平村の馬曲温泉(まぐせおんせん)「望郷の湯」で朝風呂~。

ここは露天(野天)風呂と内湯が離れているため、先に露天風呂へ。

受付から男女に分かれた坂道を下ると着替え用の小屋があり、脱衣所のガラス戸越しに露天風呂が見えます。
浴場に一歩出るとその開放感と眺めに思わず「お~っっ」。

Photo
Img_1119
お湯は無色透明の単純泉(弱アルカリ性低張性温泉) 。
晴れていればもっと遠くまで、山々の鮮やかな景色が見られるはずですが、露天風呂には日を遮るものが無いため、のんびり浸かるには曇り空でむしろ幸いです。

一人きりになる時間も長く、ぼ~っとを山や山裾の町を眺めながらお風呂を楽しむことができました。風が冷たくて気持ちいい。

さて、着替えてから内湯に移動。

露天風呂に比べて小ぶりのヒノキの内湯は、体育座りだとあごの上までお湯が来るほど、なみなみとお湯が張られています。
シャワーがあるのは内湯のみで、こちらでも終始一人でらくらく~。

お風呂上がりに利用できる広い休憩処がありますが、蔵の中のようなツンとする臭いがキツくて退散。

空いている朝の時間帯にまた来たい温泉です。



新潟直江津の海岸で日本海を眺めたあと、夜はアパリゾート上越妙高イルミネーション』を見に行きました。

入場料金1,500円(前売り1,400円)と聞き、「え~っ、そんなにするの?見に行く価値あるの??」と訝る私に、「大人気らしいから行こう行こう」とツレアイ君。

アパリゾート内の無料駐車場に着いたのは16時くらい。続々と車が入ってきます(17時よりイルミ)。
暗くなるのを待って、のんびり会場方面へ歩いていくと、奥のゴルフコースの丘がLEDの青い光で輝いています。光の龍です。

Photo_4
300メートルを超えるレインボーカラーの光のトンネルから始まり、さまざまな趣向を凝らしたイルミネーションを約1.5キロの順路に沿って見て回るのですが、特にレーザー光線やウォータースクリーンに映るプロジェクションマッピングなどを使った「光と音のスーパーオーロラショー」は必見です(30分毎に繰り返し上演)。
イルミネーションのテーマを長野~新潟にまたがる戸隠の九頭竜の伝説にしてあるのも地域性があって良いですね。

これまでホテルなどで夜の庭園を楽しむ程度のイルミネーションしか見たことがなかったので、入場料を払って見る催しがあることに驚きました。会場はもとゴルフコースなので起伏があり、巨大なイルミネーション地上絵にも動きが演出されているため、最後まで飽きずに回ることができます。

Dsc01527
土曜日だったので、帰り際に打ち上げ花火も楽しむことができました(最初はポン…ポン。最後は思ったより派手に上がります)。

プロジェクションマッピングや花火はTDRの完璧モノ(笑)を見慣れている私達ですが、アパのイルミネーションはなかなか頑張っていて、1,500円の入場料はまあ妥当かな。

飲食では会場前に「イルミ屋台村」が併設されており、こちらも賑わっていました。
妙高イルミネーションは老若男女を問わず楽しめそうです。

にわ子

2017年9月21日 (木)

九月場所十二日目、当日券で相撲観戦

Photo


こんにちは、にわ子です。

大相撲九月場所 十二日目、やってきました国技館!!朝から快晴です。

6時40分ころ両国駅に着いて、整理券番号は115番。
ここ数場所は「チケットが取れない」自由席当日券も「始発で行っても無理」という状況が続いていたので、久しぶりの相撲観戦は本当にうれしい。 希望していた出入りしやすい西の通路席を余裕で確保♡

8時半ころから取り組み開始。
審判長が席に向かう途中サッと土俵に塩を撒いて清めるのを初めて見ました。お客さんがまばらな国技館の中は、呼び出しや行事の声がよく響きます。

Photo_2
しばらく序の口や序二段の取り組みを見た後、売店で新商品のお土産やお弁当を見ていると、あっという間に11時半過ぎ。混まないうちに地下大広間のちゃんこを食べに向かいます。高田川部屋のしょうゆちゃんこはちょっとスパイスが効いた感じでなかなかおいしかったです。 ソフトクリーム(今回は岡山白桃とのミックス。美味~。)、クリームソーダ、やきとりと、どうしても食べるものが毎回同じになってしまう(笑)。でもこれが楽しみでね。

Photo_3
1時半頃からは南門から徒歩で場所入りする力士待ちです。姉妹Bにあきれられそうですが、ついつい十両力士の途中から幕内力士がほぼ全員入場するまで見ていました。

取組前の真剣な面持ちで入場する力士の着物は凝ったデザインのものが多く、私達の目を楽しませてくれます。でもここで力士ウォッチングに夢中になったため、欲しかった公式グッズのラバーコースター(3枚セット).を買い損ねることに…くーっっ。

Fm
最後に御嶽海を見て席に戻ると、すでに十両の取り組みが進み、今場所で放送を終了する「どすこいFM」の放送も始まっていました。

十両の解説は5月に引退した錦島親方(元朝赤龍)、幕内解説は武蔵川親方(元武蔵丸)と立田川親方(元豊真将)でした。
もちろんジャンケン大会にも参加しましたが残念ながら負け。最後の「土俵の土」はゲットできませんでした。(ノд・。) 
朝赤龍はジャンケン強すぎです。

「どすこいFM」がなくなってしまうのは本当に残念ですが、ツイッターやライン、様々な催しやプレゼント企画など、お客さんを国技館に呼ぶ新しい試みが次々と実施される中、「どすこいFM」は役目を終えたということなのでしょう。今まで楽しませてくれてありがとう。

取り組みでは貴景勝と嘉風の熱戦と、豪栄道の連勝を止めた松鳳山が会場を大いに沸かせました。
私としては日馬富士が優勝してくれたら嬉しいなあ。
十両も混戦しているし、あと三日、幕内も千秋楽までもつれて楽しませて欲しいです。

弓取り式を見て、跳ね太鼓を聞きながら帰路につきました。
国技館での相撲観戦を満喫した一日。次に来られるのはいつかな~。

にわ子

2017年9月19日 (火)

新しいお弁当箱

こんにちは、にわ子です。

昨日、ツレアイ君が新しいお弁当箱を買ってきました。

事前に「買って良いか」って私に聞いてくれる(笑)。
お弁当を作ったり、お弁当箱を洗ったりする私への気遣いありがとね。

今ツレ君用に使っているお弁当箱はこちらの5個↓ 
考えてみれば私が自分で使おうと買ったものばかりで、メンズっぽいものはありません。

Dsc00966

これにほぼ私しか使わないお弁当箱を足すとこのように ↓ …
(観劇用を足すともっと多い)。

Dsc00967

私も散々買ってきたので、ツレ君が欲しいならもちろんOKです。

で、彼が買ってきたのがコチラのお弁当箱。

Photo

私:「これ、フタしたまま電子レンジで温める用だけど、お弁当を温めるの?」
ツレ:「温めない。」
私:「…」

ま、いっか。

ちょっとパーツが多く(エアーバルブやパッキンなど外して洗える)洗う手間はありますが、通勤バッグにぴったりサイズなので、今後はできるだけこれで詰めるようにしましょう。
何より毎日使うものは『好き』なことが一番大事。

1つ増えたので、どれか1つはサヨナラです。今までありがとね。
(「もっと捨てられるだろーが」っていうツッコミはナシで…)

Dsc00965


『今日の妻弁当:具だくさん玉子焼/ミートボール/インゲンのごま和え/椎茸の煮物/プチトマト/たくあん/ごはん』

にわ子

«残念な「どすこいFM放送終了」