« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

2016年も大晦日を迎えました

こんにちは、にわ子です。

2016年も大晦日を迎えました。

昨夜遅く、およそ半年ぶりに帰省した息子は、大学の友人と会うとのことで出かけてしまいました。 
今晩中には戻ってくるでしょう(笑)。

私にとっての2016年の大きな出来事は、

① 仕事を辞めたこと。
② 息子が一人暮らしを始めたこと。
③ 夏休みに奈良~和歌山~京都旅行に行ったこと。

です。 

いろいろ振り返って書きたかったのですが、いかんせん朝からバタバタしており、落ち着いてパソの前に座ることができません。

さて、大晦日の風習と言えば「年越しそば」。 実家の家族は「そば」が大好きですが、大晦日に「年越しそば」を食べる習慣はありませんでした。 新潟では、年を越して小正月辺りにそばを食べる地域もあるようですが、そういう記憶もないですね。 子どもの頃の大晦日は、毎年親戚が送ってくれる「新巻鮭」を、人数分厚い切り身にして焼き、いつもより早くちょっと豪華な夕食を揃って食べ、祖母の言い方では「うちは『年越し』をした」と、されていました。 

後はのんびりコタツでテレビを見て過ごします。 「レコード大賞」が終わると、「紅白歌合戦」にチャンネルを替え(昔は歌手がレコ大の会場からNHKホールに移動する様子まで中継されていた(笑))、紅白も後半にさしかかった頃、母がアルファベットチョコの大袋を出してくれるのを楽しみにしていました。 
途中うとうとしながらも頑張って起き続け、紅白の「蛍の光」大合唱が終了すると、それまでのお祭りムードが一転して静寂に変わり「ゆく年くる年」が始まります。 除夜の鐘がゴ~~~ンと響き、NHKのアナウンサーが淡々と日本各地の神社やお寺の様子、新年を迎えた人々の姿を伝えるのを聞いていると、子ども心にも何か厳かな改まった気持ちになったものです。 日本っていいなあ。

ツレアイ君は「大晦日には年越しそば」で育っていますから、「そばは絶対に欠かせない。 縁起物だから。」と主張します。 由来は諸説あるようですが、そういう習慣を大事にするのはとても良い事だと私も思います(しかし、スーパーではここぞとばかりに高い~!)。

では、息子も戻ったようですので、我が家でも「年越しそば」を頂いて、今年一年の災厄を断ち切りることにしましょう。

皆さま、どうぞ良いお年をお迎えください。

にわ子

2016年12月30日 (金)

2017年のカレンダーに掛け替えました

こんにちは、にわ子です。

家中のカレンダーを2017年版に掛け替えました。

家で使っているのはもっぱら知人や会社(「ご自由にお持ちください」の物)などで貰った、企業の販促用「名入れカレンダー」です。 バブルの頃は凝った「お金かかってるな~」カレンダーがバンバン配られていましたが、不況になってからは、どこもコストダウンのため配られる数も減りましたね。 私も勤めていた頃、毎年愛用していた取引先の卓上カレンダーがもらえなくて、がっかりしたことがあります。 今は好みのカレンダーを、インテリアとして部屋に飾るために購入する人も多いでしょう。 会社の卓上カレンダーも同様です。

さて、家では壁掛けカレンダーを家のあちこちで7冊ほど使います。

Dsc02591

こちらはリビングのもの。 2カ月毎のカレンダーを並列して、いつも4カ月分見られるようにしています。 写真・イラストの部分は両方とも美しいフィルムで、大きさは約740x50.5㎜と大判です(B/2切サイズ?)。 「美しい日本の風景」と「ピーターラビット」を並列~?と思われたかもしれません。 両方好きなので、気にしない、気にしない。

Dsc02590_2
こちらは日本製紙グループのもの。 

製紙会社だけあって、紙質が素晴らしく、「使用紙:シルバーダイヤDRY 157g/㎡」 +この紙の特性が下に印刷されています。 企業名も小さく、さりげなく書かれているところが、さすが。 大きさは約52.5x38㎜(46/4切サイズ?) 

日本製紙のカレンダーはほぼ毎年印象派の美しい西洋絵画で、絵画展に行ったとき「あれ?この絵みたことある」と思うと、ここのカレンダーに使用されたものだったりします。

これらの他にも、文字だけでメモスペースが広い「文字・月表カレンダー」も、必要に応じて使い分けています。 

子どもの頃は月初めに親が前月のページを切り取るたびに、お絵かき用の紙に貰いました。 ツルツルしていない紙が、描きやすくて良いのです。 懐かしいなぁ。

Dsc02593

最後にこれも。 ツレアイ君が会社で貰ってきてくれたピーターラビットの卓上カレンダー。 かわいいです。 競争率高かったでしょうに、よく貰ってきてくれました。 私がパソの横に置いて使います。

いよいよ年の瀬も押し詰まってきました。
今年も家族全員揃って、無事に2017年を迎えられそうです。

にわ子

2016年12月28日 (水)

藤文の「ふるさと干物セット」 静岡県 西伊豆町

こんにちは、にわ子です。

静岡県 西伊豆町より、ふるさと納税の返礼品 藤文の「ふるさと干物セット」 が届きました。 ありがとうございます!

Dsc02583● 金目鯛開き2枚
● エボ鯛開き5枚
● アジ開き5枚
● アジみりん干し5枚
● サンマみりん干し5枚

と、5種類22尾ものセットです。
箱を開けた時はそのボリュームに大興奮!

 
:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*: ワーイ♪

数日後には食生活が心配な一人暮らしの息子が帰省しますので、ぜひ食べさせたいと思います。

伊豆半島はこれまでに何度も訪れています。 ふるくは、「伊豆シャボテン公園」「熱川バナナワニ園」「洋ランパーク」など。 大河ドラマの「龍馬伝」を観た後には、ツレアイ君と下田の幕末・開国の歴史散策をしました。  ここは見どころ満載で本当に楽しかったです。

西伊豆町の観光地を見てみると、堂ヶ島や洞窟めぐりの写真が…ここは行って遊覧船に乗ったような気がするのですが、うろ覚えです。 すみません。
と、ここでツレアイ君からメールがあり、やはり相当前に訪れたそうです(結婚前かな?)。  西伊豆町とご縁があって良かった。

ところで、ちょっと気になったのが「どこからが伊豆?」
西伊豆町はもちろんバリバリの伊豆ですが、調べてみたところ、旧地区割りによって該当しない地域もあるものの、熱海や三島、函南町、沼津なども伊豆なのですね。 「くびれ」にチョイかかるってところまでかな。

そうすると、私の直近の伊豆旅行は今年の6月に行った熱海温泉です。 ヤシの木が南国ムードを醸し出していました。 

今度は「逃げ恥」のロケ地だった修善寺温泉に行ってみたい。 ツレ君、よろしく~。

-------------------------------------

西伊豆町のふるさと納税なら、合わせてこちらの記事も 「2017年版 西伊豆町カレンダー」 静岡県 西伊豆町

追記:翌2017年2月に西伊豆町に行きました! 週末は伊豆へ ① 伊豆の国市「韮山反射炉」~西伊豆町 (2017年2月20日追記)

Dsc02586
さて、私の2016年の妻弁当も今日が作り納めです。 アラフィフにはちょっと恥ずかしいチョイ「デコ弁」もありましたが、何といっても「断・捨・離」を目標にしておりますので、抜型やのりパンチが処分対象にならないよう、これからもちょこちょこ使おうと思います。

『今日の妻弁当:ちらし寿司/ゆで卵のマヨネーズ和え/サツマイモの甘煮/かまぼこ/みかん・りんご』

にわ子

2016年12月27日 (火)

小さなパーツを無くしてしまう / キッチン用品

こんにちは、にわ子です。

ない、ない、ない… 無くしてしまった。 捨ててしまった。

Photo_2「ウズラカッター」の白身を「V」字型にカットする小さなパーツ。

小さいから要注意って思っていたのに。
使い終わったら一つだけすぐに洗ったのに。

私は小さなキッチン用品を時々無くします。 

例えば、「水筒の細いパッキン・飲み口部分を分解して洗った時のゴムパーツ」、「小さな抜型」、「コーヒースプーン・ティースプーン ※いつの間にか数が減っている…」、「小さな容器のフタ」、「圧力なべのおもり」など。

家のキッチンはディッシュラックを横幅半分くらいまで、シンク上にせり出すように置いてあり(食器から直接シンクの中に水が落ちる)、今回の「V字型カッター」は気付かないうちにワイヤーの間をすり抜け、野菜くずなどに紛れて捨ててしまったのでしょう。

無くしやすいのは分かっているので、小さいパーツはコップなどに入れて、分けて洗おうとするのですが、入れた事をすっかり忘れてコップをシンクにジャ~…で、排水溝の水切りカゴ行きなんてことも。

まぁ、他の物で代用できそうだし、無くて困るほどの物ではありませんが、 「前回の紛失」から時間が経ち油断していました。

やはり「うっかり」で無くしたことは悔やまれます。 これ以上無くさないぞー。 -そしてまた忘れた頃に繰り返す-

Dsc02581


『今日の妻弁当:豚肉とキャベツのみそ炒め/ほうれん草の卵とじ/ゆで卵のトリ/サツマイモの甘煮/えのきだけの甘辛炒め/ごぼう天の煮物/かまぼこ/たくあん/ごはん/りんご』

トリ、怖い。 と言うよりケバい。

にわ子

2016年12月26日 (月)

「切腹最中」 新橋 新正堂

こんにちは、にわ子です。

「忠臣蔵ゆかりの地めぐり」で、写真をたくさん撮ったのにアップできない、とお伝えしましたが、どうしてもアップしたかったのが、新正堂(しんしょうどう)さんの「切腹最中」 です。 義士の墓所や内蔵助等の終焉之地内部の写真でなくてすみません。 それらはまたいずれ載せたいと思います。

Photoさて、この「切腹最中」、私たちは10月の国立劇場 仮名手本忠臣蔵 【第一部】の時に劇場で購入しました。

だって、四段目の「塩谷判官切腹の場」があるのはこの月だから。
判官は死ぬ前に城代家老の大星由良之助に一目会いたいと、到着を待ちわびます。しかしなかなか由良之助は現れず、急き立てられた判官が腹に刀を突き刺したその時、由良之助が駆け付けるという場面。 やはり「切腹最中」を頂くのはこの観劇日でしょう(←こだわり)。

ただし、劇場で購入すると「劇場価格」でちょっとお高くなってしまいます。 透明のフードパックに2個入って500円以上したような…いくらだったか忘れてしまいましたので、次回劇場に行った時に確認して追記します。
※2017年1月3日の初春歌舞伎公演に行った時には、残念ながら2個入りは販売していませんでした(売店で聞きましたが、その売り子さんは担当していないので値段は不明とのこと)。 今回入荷していたのは5個入り\1,400のみでした。
 また見かけたら追記します。 

※2017年2月文楽公演(小劇場)で売られていました♡ 2個入り縁570です。 ご参考までに。(2017年2月6日追記)
Photo_2


今回は「浅野内匠頭終焉之地」と「内蔵助終焉之地」(それぞれ切腹の地)を訪れた記念の「切腹最中」。 新橋のお店では単品を200円(税込)で買えます。

Photo_3

甘さ控えめ、中にぎゅうひが入っていて、最中の皮が持ちやすい形状をしています。
お店の間口はそんなに広くありませんが、義士羊羹などもバラでお好きな義士を買えるので、これから「浅野内匠頭終焉之地」を訪れようという方は、ぜひ寄ってみてください。

お詫びの品として人気(?)の「切腹最中」(本当かなあ。 かえって怒らせてしまいそう。)の他にも、景気上昇最中」や階模様の「芝・愛宕 出世の石段」など、ちょっとクスッと笑ってしまうネーミングのお菓子があります。 きっと話のタネに買って帰りたくなるはず。 ただし、いずれのお菓子も贈った相手が「笑ってくれるかどうか」を慎重に判断しましょう(笑)。
最新の情報は" 新正堂のホームページ"を検索してご確認くださいね。

Dsc02579

『今日の妻弁当:赤魚の粕漬/ほうれん草の卵とじ/ナムル/ミートボール/かまぼこ/ごはん/お漬物/みかん』

今日のかまぼこは切り方も厚さも失敗作です。 忘れてください…

にわ子

 

2016年12月25日 (日)

「忠臣蔵ゆかりの地」めぐり 内匠頭終焉之地/泉岳寺/内蔵助終焉之地

こんにちは、にわ子です。

Photo
JR新橋駅から徒歩7~8分、日比谷通りに面して浅野内匠頭終焉之地の碑が立っています。 4代将軍徳川家綱の時代、この辺りは田村右京太夫の上屋敷があり、内匠頭は松の廊下での刃傷沙汰の咎で、即日この敷地内で切腹させられました。
この碑を見るのは2度目ですが、前回は「国立劇場あぜくら会」主催 のバスツアー(一人で参加)で、説明を聞きながら車窓越しに見ただけで、実際にこの場所に立ったのは初めて。 
「忠臣蔵」の悲劇の赤穂藩主浅野内匠頭… 私は正直、「藩主が何やっているのよっ!」と思ってしまうのです。 だって、藩主という立場にありながら、殿中での殺人未遂だもの。 浅野家は改易、家臣は皆失業、親族だってどうなるかわからないのに。 普通はグッと堪えるところをキレてヤッてしまった。 35にもなって… 時代によって価値観は違うかもしれないけれど、家族に犯罪者がでたらどうなるか、分からないはずがない。

Dsc02545
次に都営浅草線で新橋から泉岳寺へ移動。 ツレ君は今回のゆかりの地は全て初めて。 私は「あぜくら」ツアーで来たため2回目です。 萱野三平を加えた四十七士のお墓には、お線香があげられ、お酒が供えられているお墓もありました。 連休中のためか、訪れる人もそれほど多くなく、ゆっくり見て回ることができます。 私はお芝居の「仮名手本忠臣蔵」を観る機会が多く、どうしてもイメージがダブってしまい、実際の人物とはずいぶん違った印象を持ってしまっているかもしれません。 没年齢を見ると30代の若者が多く、本懐を遂げても、子どもさえ処罰の対象になるかもしれない状況の中で、親や妻はどんな思いで彼らを見送ったのか… 

その後、大石内蔵助等十七名終焉之地(旧熊本藩細川家下屋敷跡)に寄りました。 泉岳寺の裏手、今の都営高輪アパート敷地内の奥に、東京都指定の旧跡としてひっそりと残っています。 

Dsc02569

扉は施錠されており、中に立ち入ることはできませんが、扉が透かしになっているため、隙間から中の様子を伺うことは可能です。 泉岳寺手前の高輪学園の入り口左に細い裏道があり、この場所への近道になっています。

内匠頭終焉之地も内蔵助終焉之地も、実際にそこに行くと、もやもやした感情はあるものの、彼らが本当に生きてここに居たんだと感慨を覚えます。 それにしても原因の真相は不明で、処遇の不運が重なったとしても、個人的遺恨による刃傷沙汰の代償はあまりにも大きい。

異論反論あると思いますが、個人的な感想ってことで許してね。
写真もいっぱい撮ったのですが、容量オーバーになるらしく、アップできませんでした。

さて、今回の「忠臣蔵ゆかりの地めぐり」のお土産に、匠頭終焉之地と同じ旧田村右京太夫上屋敷地内にある新正堂で、「切腹最中」を買いました。 ツレ君は「泉岳寺にこの『二つ巴の陣太鼓柄』紙袋を持っていくのは恥ずかしい。」と、私が持たされました。 泉岳寺にいた人は皆「いいなぁ、あの紙袋。」って思っていたと思うけどね(笑)。

にわ子

東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団 第36回定期演奏会

Dsc02573こんにちは、にわ子です。

クリスマス・イヴは、ツレアイ君と東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団の 第36回定期演奏会に行ってきました。

フォイヤーヴェルクの演奏会は何回目になるのかな(ツレ君曰く、10回くらい)? アマチュアオーケストラですが、初めて聴きに行った際、演奏の上手さはもとより、女性奏者が皆色とりどりの美しいドレス姿で、もうすでに目が楽しい!! そしてオケ全体の若さあふれる華やいだ雰囲気に、一気にファンになってしまいました。 以来、毎回招待状を送って頂き、私が都合が悪く行けなくても、ツレ君だけでも演奏会に足を運んでいます(←ツレ君が一人で行くアマオケは多分ここだけ)。

Dsc02576

今回の会場 :大田区民ホール「アプリコ」大ホール(最寄り駅はJR蒲田。 にわ子にはちと遠く、交通費2,000円弱)
プログラム:ロッシーニ/歌劇「絹のはしご」序曲
        チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
        チャイコフスキー/交響曲第6番 「悲愴」 ロ短調 作品74  他

ヴァイオリン協奏曲の独奏は吉田南さん。 
何といっても女子高生( 桐朋女子高3年特待生、国内外での受賞歴、共演歴を見ても立派 )、年頃的にも丸々してカワイイ。 が、演奏はすごい迫力で圧巻でした。 もう、彼女を聴いただけでも、今回の演奏会に行った甲斐ありです。 ご自身のツイッターでも情報を発信していますので”Minami Yoshida - 吉田南” で検索してみてくださいね。

 「悲愴」も良かったです。 この曲は第三楽章が異様にハイテンションで、もうこれが最終楽章か~って思うくらいなのですが(実際今回もフライング拍手気味だったし)、プログラムの曲目紹介の『躁状態のごとく過剰な熱狂は、いつしか誰にも止められない狂気のように膨れ上がる』を読んで、なるほど…と思いました。 このオケはプログラムの解説を読むのも楽しいの。

今回の演奏会も、期待に違わず良かったです。 フォイヤーヴェルクの演奏会は、これまで「入場無料、できたら終演後にカンパお願い」でした。 機会がありましたら是非お出かけください。 次回の演奏会は2017年6月4日(日)品川の「きゅりあん」です。 アマオケなのに満席に近くなりますので、お出かけはお早めに。 ※入場無料ですが、入場券は必要です。 また今回までの情報のため、次回の演奏会についてはフォイヤーヴェルク様HPでご確認ください(HPはコチラ)。 第37回の曲目は未定とのこと、発表が楽しみです。

ところで前置きしたように、この日はクリスマス・イヴ。
こんな素敵な演奏会を聴いて帰ったのに(夜9:00頃終演。 ホールが遠いため10:45分帰宅)、遅い夕食は「さんま/おでん/モツ煮+チキンレッグ」…う~ん、地味すぎないか。

演奏会のアンコールは「そりすべり」で大いに盛り上げて終了しましたが、クリスマスはやっぱり「カップル」か「子どものため」のイベントってことかな(笑)。

楽しい演奏会でした。 誘ってくれてありがとね、ツレ君。

にわ子

※ 東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団 第37回定期演奏会情報が更新されていました。
2017年6月4日(日)18:30開演予定   品川区立総合区民会館 きゅりあん
    モーツァルト 交響曲第40番 他   

久しぶりに棚からCDを取り出して40番を聴く。 ああ、いいなぁ…そう、この第三楽章のメヌエットを繰り返し聴きたくて買ったCDだったことを思い出しました。 (2017.03.20 追記)

2016年12月23日 (金)

実家から野菜とお餅が届きました 12月23日

こんにちは、にわ子です。

実家から年内最後の野菜が届きました。
お正月用のお餅も一緒です。

Dsc02528
キャベツ、白菜、カリフラワー、焼豚のブロック(お歳暮のおすそ分けかな)、お餅2パックと母の作ったサツマイモのきんとん。 

姉妹Aからは2017年用のスケジュール帳。 毎年送ってくれてありがとう。

連休初日の今日は神奈川の三浦半島にドライブの予定でしたが、ツレアイ君が急きょトーハク(東京国立博物館)に行ってしまったため、お昼は私一人です。

 

届いたばかりの白菜と冷凍しておいたホワイトソースで、鶏と白菜の超カンタン白菜グラタン。  うーん、好きなんだけど、さすがに三日連続の「白菜+ホワイトソース」で食べ飽きました。

Dsc02530母に「姉妹Bは白菜+ポン酢しょうゆが美味しいと言ってた」と聞いたので、試してみます。

にわ子

2016年12月22日 (木)

「Fujiyama」 千葉在住 友人の器

こんにちは、にわ子です。

Dsc02520
私の数少ない友人の一人(女性)が、千葉で陶芸家をしています。

最近は陶器に限らず、布物や素焼きの小物、せっけんなども精力的に作っている様子。 学校を卒業した後は、しばらくOLもしていたかと思うので、陶芸で生計を立てると決めるまでには、さぞ紆余曲折があったことでしょう。 私はめったに知り合いに自分から連絡を取ることはしませんが、彼女から個展の案内状が届くたびに、頑張ってるね、順調にいってるね、と嬉しくなります。 会場が千葉や神奈川と遠いことが多く、なかなか足を運べなくて申し訳ない。

写真は彼女の作った「Fujiyama」のお茶碗とマグカップ。
お茶碗は、ハンドメイド通販サイトで販売しているのを見て、速攻で彼女に連絡し「取り置きして! 買いに行くから」と、千葉まで出向いて手に入れたもの。 やさしい風合いで、かわいくて、画像を見たとたん一目惚れした一品です(写真の撮り方が下手でごめんなさい)。
マグカップはお茶碗を買いに行った折、同じ「Fujiyama シリーズ」のマグの中から私の手に一番しっくりくるものを選びました。 ハンドメイドの陶器は同じようでも皆少しづつ違う…こちらも大好きな器です。 

Dsc02519


お茶碗は残念ながら、使っているうちに縁がちょっと欠けてしまいました。 でも、ちゃんと使っています。

個展で会った時、彼女に「にわ子はブログとか、ツイッターとかFacebookやらないの?」と聞かれ、「やらない、やらない。」と答えてから何年かな~。 まさか私がブログを書くようになるなんて。

このブログは家族と姉妹A・Bにしか伝えていません。
でも、いつか彼女も含め、知り合いが私のブログを見つけたら楽しいな、と思います。
絶対にやりそうにないから驚くはず。 まあ、あまり私と趣味趣向(伝統芸能とか、相撲とか…)の共通する知り合いはいないので、巡り合う可能性は低いでしょう(笑)。

Dsc02515


『今日の妻弁当:チキンカツの玉子とじ/白菜のクリーム煮/かぼちゃの煮物/ほうれん草のゴマ和え/はんぺんの雪だるま/ウィンナーとインゲンのソテー/ごはん/お漬物/みかん』

にわ子

2016年12月21日 (水)

「大隅うなぎ 大判蒲焼」 鹿児島県垂水市

こんにちは、にわ子です。

Dsc02513_2児島県 垂水市より、ふるさと納税の返礼品【大隅うなぎ】大判蒲焼2尾が届きました。 ありがとうございます! 
大好評につき100セットの追加とのことでしたが、ツレ君が申し込んだ翌日にはすでに「現在、品切れです」の表示。 
冷凍便で届き、箱を開けると、おお…立派。 真空パック包材込みで199gと206gでした。

私の実家は新潟ですが、母は鹿児島県出身で、私が小学校二年生の時に一度だけ、母に連れられて姉妹A・Bと一緒に、鹿児島の祖父母のところに行ったことがあります。 
家の後ろがすごい崖で、当時家のすぐそばに防空壕が残っていました。 
お風呂が初めて見る「五右衛門風呂」だったので、茹でられるんじゃないか、フチに触れたら火傷するんじゃないかと、すごく怖かったことを覚えています。 レンゲの花畑、タケノコほり、桜島にも行きました。 おじいちゃん・おばあちゃんは当然のことながら鹿児島弁で、たまに電話に出ても、何をしゃべっているのかさっぱりわからなかった(笑)。 子どもの頃は私も新潟の方言バリバリですから、お互いに???だったのでしょう。 

私達夫婦は旅行が大好きですが、北海道と九州、沖縄にはまだ行ったことがありません(子どもの頃の旅行はカウントしない)。 
すべての都道府県を旅することを目標にしていますので、いつか二人で鹿児島を訪れたいと思っています。

さて、冷凍で届いた大隅うなぎ、年末に息子が帰ってくるのを待って、一緒に頂きます。 じゅるる~。

Dsc02511


『今日の妻弁当:ナスの肉みそ炒め/ほうれん草のゴマ和え/かぼちゃの煮物/ほうれん草とシラスの和え物/ウズラのあざらし/かまぼこ/ごはん/お漬物/みかん』

にわ子

2016年12月20日 (火)

あすは「冬至」

こんにちは、にわ子です。

明日は二十四節気の一つ、冬至です。
そして明日から「やぎ座」。 十二星座では、にわ子はやぎ座、「真面目なやぎ座」です(笑)。

私もついさっき、スーパーで「かぼちゃ」を買ってきました。 もちろん明日のお弁当にはかぼちゃの煮物が入る予定。

Dsc02509冬至と言えば、「ゆず湯」もお決まり。 私は冬至に限らず冬はしばしば「ゆず湯」にします。 
いつもの「農産物直売所」でゆずが安い時期にたくさん買っておき、小分け冷凍したものを、お湯張り時にポチャン。

実の大きさにもよりますが、丸ごと1個でなくとも、カットしたものをキッチン用のストッキングタイプネットに入れてお風呂に入れれば、湯船に果肉が広がることもなく(つい揉んでしまうので…)、ゆずの香りが楽しめます。

丸いゆずが浮いていないと趣がない? うーん、確かに。 でもカットゆずも本当にリラックスする良い香りで、二日目の温めのお風呂でも気持ちよく入れます。 実用重視でよろしければぜひお試しあれ。

冬至を過ぎると日が少しづつ長くなってきます。
寒さはこれからが本番ですが、日が長くなるって思うだけでも嬉しくなりますね。

Dsc02507



『今日の妻弁当:ナスの肉みそ炒め/ほうれん草のゴマ和え/綱こんにゃく/みつばのお浸し/かまぼこ/ウズラのひよこ/赤ウィンナー/ごはん/お漬物/みかん』

にわ子

2016年12月19日 (月)

「和歌山・有田 田村みかん」 和歌山県 湯浅町

こんにちは、にわ子です。

Dsc02482
和歌山県湯浅町からふるさと納税の返礼品「和歌山・有田 田村みかん」5キロ【Sサイズ】赤秀 が届きました。 ありがとうございます!

今年の夏の終わりに、夫婦で二度目の和歌山への旅をし、有田を通った時に、日当たりのよい山の斜面にびっしりとみかんの木が植わっているのを目にして、「有田みかん食べたいね~」と話していました。 

今回頂いた「田村みかん」は、紀州有田みかんの最高級ブランド。 外皮は薄く、しろい筋も簡単に取れ、薄い内皮ごとパクリッの、そこそこ酸味もあるジューシーな「『みかん』らしいみかん」です。70個も入っていました。

同じ温州みかんでも、「甘さ」の点では、先日頂いた愛媛 「日の丸みかん  千両ゴールド」過去の記事:「日の丸みかん 千両ゴールド」 愛媛県八幡浜市 に軍配を揚げます。 好みもありますし、正直な感想ですのでご容赦を。 

Photo『12月21日追記: 田村みかんは到着から数日たって、酸味が和らぎ、より甘く感じるようになってきました。 元が甘くないとこうはならないようです。 みかん美味し~い。』

果物は同じブランドでも(他の食品でももちろん)等級によって味も違い、好みはあるものの、ふるさと納税の返礼品に 「特選」や「数量限定」と付いたり、お得な品には申し込みが殺到し、あっと言う間に「品切れ」状態になります。 
返礼品については、いろいろと問題も取り沙汰されていますが、美味しい物を頂くと、スーパーに行っても、やはりその産地の商品に目が行き、贔屓にしてしまいますので、地域の特産品を知ってもらう点でも、自治体のメリットは大きいと思います。 と、ここで、私の住む自治体の「ふるさと納税」返礼品を見る…んんん…キビしいかなあ。

12月は駆け込み寄付が急増とのこと。 手続きが簡素化され、今後更に「ふるさと納税」の利用者が膨れ上がりそうですね。 2016年分は、ウチもまだ「返礼品待ち」が何カ所かあり、届くのがとても楽しみです。 来年はツレ君に更に早めの情報収集をしてもらって、早期参戦でお得な「ふるさと納税」を楽しみたい。

ツレ君:「選ぶだけでも大変なんだから。 自分で調べて選んでっ!」

とのことです。 そうですね、はい。

Dsc02502


『今日の妻弁当:インゲンの肉巻き/ナムル/スパゲティサラダ/綱こんにゃく/ウズラのひよこ/かまぼこ/わかめごはん/みかん』

ツレ君、肉巻きの肉の脂身が気になったのに、除かなくてゴメン。 

にわ子

2016年12月18日 (日)

国立劇場 通し狂言 仮名手本忠臣蔵 【第三部】

こんにちは、にわ子です。

国立劇場の、通し狂言

仮名手本忠臣蔵
(かなでほんちゅうしんぐら)

本日【第三部】八段目~十一段目を観てきました。

10月の【第一部】と11月の【第二部】は1階花道外での観劇でしたが、今回は物語のクライマックス、討ち入りの場面なので正面席を取って大正解でした。 ただし、舞台からすごーく遠かった(笑)。

Dsc02498私は睡眠時間が足りなかったため、道行と九段目は、ところどころで意識が飛んでしまいました。 「山科」は楽しみにしていたのに、気が付いたらもう幸四郎が出ていて、更にウトウトしている間に由良之介が出発する場面に…ああ、残念。

十段目「天川屋」は、歌六の天川屋義平、高麗蔵のお園がとても良かったです。 討ち入りの武具調達で、由良之介たち赤穂の浪士に味方する義平が、妻子への愛情との板挟みで苦悩する様が切ない。

十一段目は「高家表門討ち入りの場」の冒頭で、浅葱幕が落ち、門の前に四十六人が勢揃いで現れると、会場からは「おお~っっ!」とのどよめきが…こういう演出、シビれますね。 
「奥庭泉水の場」では浪士たちの鮮やかな立廻りと、各所各所で役者の決める型の美しさに目を奪われました。特に亀寿の竹森喜多八と松縁の小林平八郎の大立廻りは、雪合戦のおかしさも加わり見応えがあります。 
ついに本懐を遂げた後の「焼香の場」や「引揚の場」では、寺岡平右衛門や勘平の思いが大事に扱われていて、物語を深くします。 それにしても、あの広い場内にお焼香の香りが行き渡るのは、自然な広がりではなく演出なのかしら? 

梅玉の由良之介は上品で思慮深く、先月の七段目「一力茶屋」での吉右衛門の、茶目っ気もあっていかにも大物っぽい由良之助とはまた違う良さがありました。 最後に浪士を労い、見送ったのが若狭之助なのも良かった。 ちょっと残念なのは、炭小屋から出てきた高師直が何だか丸々して、憎々しさに欠けていたことかな(笑)。

三カ月連続通し上演の忠臣蔵が終わって、ちょっと寂しい… 次のツレアイ君との観劇は3月の「伊賀越道中双六(いがごえどうちゅうすごろく)の予定です。




Dsc02484_2『今日の観劇弁当:鶏の炊き込みご飯/ナムル/綱こんにゃく/ミートボール/ウズラのひよこ/かまぼこ/みかん』 もちろん二人分。

早くから起きて、お弁当を作ったから、睡眠不足だったんじゃないかと…

にわ子

2016年12月16日 (金)

取りました 「大相撲初場所 13日目」

こんにちは、にわ子です。

12月3日の発売初日に惨敗した、大相撲初場所のチケットを取りました。

毎日ちょこちょことチケット大相撲の販売状況をチェックしていましたが、これ以上待っても楽前・千秋楽の戻りチケットは望めないと思い、13日目(金)のイス席をゲット(13日目も戻り席はなかなか出ません)。
席の方角や位置としては少々不満もありますが、前通路、横通路と席を立ち易さ抜群だったので、今回の席で妥協しました。

秋場所は行かず仕舞いだったため、五月の夏場所以来の国技館での観戦です。
姉妹Bと一緒でないのがとても残念ですが、相撲観戦はもちろん、久し振りの名物「やきとり」、「地下食堂のちゃんこ」そして人気の「ソフトクリーム(今回は何味~?)」も楽しみ。 

1月は仕事が忙しく、土日も出勤の可能性ありのツレ君、初春歌舞伎に続き、私一人で楽しむことになってごめんね。
夕飯はちゃんと作れる時間に帰るから。 もちろん「やきとり」もお土産に買って帰ります。

Dsc02477
『今日の妻弁当:小松菜と筍のオイスターソース炒め/シューマイ/切り干し大根の煮物/ちくわロール/ごはん/たらこ/お漬物/りんご』

うちのお弁当箱はほとんどがレディースサイズなので、ツレ君用に詰めるといつもギュウギュウです。
持ち歩いても偏らないから、いっか。

にわ子

2016年12月15日 (木)

「ピアノの調律」と「一晩寝かせたパウンドケーキ」

こんにちは、にわ子です。

Dsc02473昨夜 姉妹Bから「12月14日、吉良邸討ち入りの日だね」とのメールあり。 
えっ?私はすっかり忘れていたのに…むむむ、それで私は眠れず、夜中にケーキを焼くことに w( ̄Д ̄;)wオオッ!! 
寅の上刻はもちろん、朝まで起きていたし。

なんてね。 ところで14日はピアノの調律の日でした。
高校2年までピアノを習っていた息子も、レッスンをやめてからは殆ど弾くことが無く、毎年調律だけしているのは何だかもったいないです。

弾かれないピアノがかわいそうなのと、私自身ペンで「書く」ことが極端に減り、指の力が弱くなっているのをひしひしと感じるため、少しずつ弾く練習してみようかと思います(昔習いましたがブルグミュラー途中で終了、もう全然弾けません)。

さて、夜中に作ったパウンドケーキですが、まる一日たって美味しくなってきましたヾ(〃^∇^)ノ♪ ラム酒の香りがふんわり。 
生地の残りで作ったカップケーキ型の方を、昨日のうちに一人で三個も食べたのは失敗です。

Dsc02474_2

あ~、やっぱり家で作ったお菓子はいいなぁ。 お茶を入れるのが楽しくなる。

ツレアイ君に「フルーツ入りのが良かった」と言われ、「ウメハラ」のミックスフルーツ買いたくなる…ヤバいです。 
今日買い物に行ったら他の製菓材料にも手が出そうで怖い。

Dsc02467


『今日の妻弁当:ピーマンの肉詰め/ゆで卵のマヨピザソース焼き/しいたけの焼き浸し/きゅうりの浅漬け/かまぼこ/ごはん/たらこ/お漬物/みかん』

にわ子

2016年12月14日 (水)

眠れなくて…夜中にお菓子作り

こんにちは、にわ子です。

昨夜は11時過ぎまでテレビを見ていたせいか寝そびれてしまい、どうにも寝付けず、ついいあきらめて夜中に起きだしました。

Dsc02461
キッチンでお茶を飲んでいると、最近食品の処分が続いていたため、「そのうちに作ろう」と買っておいたお菓子の材料が気になり始めます(最低限の材料のみですが、賞『味』期限はすでにチョイ過ぎの物もあり)。

「夜中だけど、お菓子焼こうかな…ある材料で出来そうなものといったら、パウンドケーキくらい?」、と考え作業開始。
でも、恐らく5~6年はお菓子作りから遠ざかっていたため、準備に手間取り、生地の状態を判断する感覚も鈍く(他にもいくつもの不手際)、焼きあがったケーキは見た目も味もイマイチ。 うーん、今回は仕方がない。 

取りあえず、気になっていた製菓材料を使い切って一安心。 それにしても、この分だけでも、バター150g、お砂糖140g、粉200g使っています。 お菓子作りは楽しいけれど、まわりに食べてくれる人が大勢いる時でないとキビしいです。 味見だけでも太るのがよくわかっているので。

姉妹Aもお菓子作りが好きなため、ウチには共有で使っていた製菓道具がけっこうあり、それらの棚も早めに一回整理したいと思っています。 ※断りなく処分したりはしないので安心してね、姉妹A。 

Dsc02462


『今日の妻弁当:椎茸の肉詰め/ほうれん草の白和え/ポテトサラダ/焼きスナップエンドウ/かまぼこ/ブロッコリー/ごはん/お漬物/みかん』

シンク横で撮ったら、天板が白マーブルのせいか画が更に寒々しい。
( ̄ロ ̄lll)

にわ子

2016年12月13日 (火)

久しぶりの読書は「宮部みゆき」のミステリーから

こんにちは、にわ子です。

昨日は午前中に買い物やお惣菜作りを済ませ、午後から行ってきましたよ~、久しぶりの図書館。 
この間まで平日は仕事だし、土日はまとめて家事をしたり、出かけることも多かったので、全く本を読まない日々が続いていました。 スマホを持つと、電車内ではもっぱらメールやニュースのチェックになってしまって…

Dsc02460近くの市立図書館は少し前にきれいにリニューアルされ、「飲み物持ち込み可」の個別ブースが多数設けられたり、館内閲覧での電子書籍も利用できるなど、とても便利になっていました。

空調ばっちり、静かでゆったりした心地よいスペース… 先日住民税をまとめて納付したばかり、この施設を使わない手はありません。 
おまけにこの図書館は商業施設の中にあるため、カフェもファストフードもスーパーも、何でも揃っています。

さて、何を読もうかな…四国へ旅行した時の事を思い出し、「宮尾登美子にしよう!」 と、ハードカバーの書架を探したのですが、うーん、貸出可能な彼女の本が少ない。 そこで、「ミ」つながりで近くにあった宮部みゆきから読み始めることにしました。

易しいというより、面白くてどんどん読み進められそうな本。ミステリー、いいですねぇ。
あれ、私もしかしたら彼女の本を、一冊もまともに読んだことがないかもしれない(忘れているだけかな)。 
ということで、ぱっと手に取った一冊「名もなき毒」から読み始めます(いきなり2回目の事件って感じ。 そういえばドラマでやっていた…観ていないけど)。 まぁ、いいや。
もちろん借りてきたのですが、家にいると時間的にも水道光熱費も無駄が多いので、しばらく図書館通いをしてみます。 

Dsc02459


『今日の妻弁当:ミートボール(ヾ(^-^;) レトルト)/青椒肉絲/ナムル/たけのこの土佐煮/きのこのソテー/かまぼこ/ごはん/お漬物/りんご』

レトルトのミートボール…ちょっと懐かしい味。

にわ子

2016年12月12日 (月)

冷蔵庫内の期限切れ調味料を処分

Dsc02452こんにちは、にわ子です。

週末に冷蔵庫内の期限切れ調味料の処分をしました。 開封してから時間が経ちすぎている物です。

からし酢みそは夏の「さしみこんにゃく」の時期が過ぎると、毎年処分することになります。 思い付きで買ったっぽい中華スープは数回使ったあと、存在を忘れていました。 甘酢漬けは「素」を買わなくても作れるだろー!!ですよね。 反省しています。

本当はこまこましたものが、もっとあります。9月までココロに余裕のない毎日を過ごしていたので、今回は大目にみてもらうことに… 

本当にもったいない。 お金を捨てていますね。

できるだけ瓶やチューブに「開封日」を書くようにしていますが、書いたところで使わなければ同じこと。 一番小さいサイズを、と思ってもサイズが大きい方が特売品で安かったりします。 〇〇の素などの合わせ調味料は、もっとアレンジして使えるようにしなくては。 とはいえ、適当に混ぜると、一体何味の料理なのかわからなくなったりして(笑)。

今冷蔵庫にあるソースもポン酢も、1~2カ月ではとても使い切らない…というより、もう経っているかも。

皆さんどう上手くやりくりし、使いこなしているのかな。

さて、退職して以来、平日はずっと家にこもっていたので、今日は久しぶりに図書館に行こうと思います。 2年以上本を読んでいないし、本って読む習慣がなくなると、どんどん「読めなく」なってしまうので、易しそうな本からリハビリしよう。 

今日は天気が良く風も穏やか、始動するのに最適です。

Dsc02456


『今日の妻弁当:青椒肉絲/ソーセージ玉子/さといもの煮物/たけのこの土佐煮/ちくわロール/ブロッコリー/プチトマト/ごはん/お漬物/りんご』

にわ子

映画 「君の名は。」

こんにちは、にわ子です。

先日ツレアイ君と夕飯時のニュースを見ていると、映画「君の名は。」が中国で公開され大人気、またアジアのみならず、
英国やアメリカでも評価が高いとのこと。

にわ子:「へぇ、でも高校生の恋愛ものでしょ。」
ツレ君:「年配の人も結構見に行っているらしい。」

じゃあ、見に行ってみようか、ということで、日曜の夕方からの回を観てきました。

Photo
私としては、景色とか背景はとてもキレイだったけど、一度サラッと観ただけでは、それほど称賛される理由がわかりませんでした。

 
話の展開が早いため、各出来事での時間の経過もイマイチわからない。 3年の時間がズレた男女の体が入れ替わったというのに、それほどの混乱もなく互いの生活に順応してしまっているし、いつの間にか互いに恋愛感情? なぜ「瀧(タキ)くん」と「三葉(ミツハ)」が運命の組み紐のようなもので結ばれているのかも…うーん。

二度三度観れば、セリフの中の伏線もとらえられ、もっと理解できるのだと思うけれど、日頃この手のファンタジーの世界に馴染みがなく、もう一度劇場で観たいってほどではないです。

3.11の震災を思い起こさせるような、彗星の破片の落下により500人以上の住人が亡くなるはずが、最後にはほとんどが助かる方に過去が変えられ、「瀧くん」と生き延びた「三葉」は5年後に東京で再び巡り合うハッピーエンド。

外国ではどの辺が高評価のポイントなのかしら。

きっと「良さが分からないヤツは放っておけ」ですね(笑)。
私には「アナ雪」くらいが丁度良いようです。 

にわ子 

2016年12月 9日 (金)

朝ドラ「べっぴんさん」とファミリアの子ども服

こんにちは、にわ子です。

朝ドラの「べっぴんさん」見ていますか。

私は過去の朝ドラでは、「カーネーション」や「あさが来た」などの、周りを振り回しながらも、タフで自分の夢に向かって邁進するタイプのヒロインが好きで、真面目で優等生タイプでのヒロインにはあまり魅力を感じません。 

今回の「べっぴんさん」もおっとりしたお嬢様ヒロインで、正直…私にはドラマとしてはつまらない。 

でも、子ども服の「ファミリア」の創業者がモデルということで、ちょっと懐かしく思いながら見ています。 

Dsc02445

すでに社会人の息子の服は、幼稚園から小学校低学年くらいまでは、下着から服、履物、ランドセルなど、ほとんどをファミリアで揃えていました。 その頃「英国風」にはまっていた私が、銀座のローラ・アシュレイのスタンディングショップに行く途中にあったのがファミリアのビル。 子ども用品の百貨店みたいなビルでしたね。

随分縫製のしっかりした服だと感心し、またかわいい刺繍やファミリアチエックの色合いも素敵だと思いました。 ファミちゃんのプリントされた下着に、プラス自分で息子の似顔絵をワンポイントで刺繍したりもしていたんですよ。 今思えば随分暇だったのですね。 

その頃でもズボンが一着一万円くらいはしたと思います。
買ってから一週間そこそこで膝に穴をあけられた時はガッカリしましたが、半ズボンに直してはかせていました。

何点かは当時の服を残しているかと思ったのですが、子ども服は着られなくなったらすぐに譲るようにしていたので、残念ながらファミリアのものは見つかりませんでした。
処分せずに残っていたランドセルをパチリ。  6年間使ってボロボロです。

「べっぴんさん」で百貨店に進出した「キアリス」、これからどんな展開になるのか、ちょっと楽しみです。(←つまらないと言ったくせに)

それにしても、子ども服といい自分の服といい、今思えばなぜ預金に回さずにそこにお金をかけちゃったんだろう… ヽ(TдT)ノ 
その後うんと学費にかかるのに。 まぁ、そういう時期もあったってことで。

Dsc02444



『今日の妻弁当:/巾着たまご/ほうれん草の白和え/みつばのお浸し/綱こんにゃく/赤ウィンナー/ごはん/たらこ/お漬物』

にわ子

2016年12月 8日 (木)

ストック食材を処分

こんにちは、にわ子です。

さて、半年ぶりに調味料や乾物などをストックしている棚の整理をしました。Photo

ウチの場合、「断・捨・離」で一番先に始めなければならないかったのは、ここだったかもしれません。

これまでほぼ半年毎に、粉類・調味料・乾物の消費期限のチェックをしていても、毎回出るわ出るわ、賞味・消費期限切れの商品。 ああ~

特に今年は春から息子が一人暮らしを始め、ツレアイ君と二人になったこともあり、カレールーなど一回で使用するのが箱半分どころか2~3ブロックになりました。

合わせ調味料の処分品も多かった… 
中華料理は必要なスパイスが多そうで、つい丸美屋やクックドゥなどに頼ってしまい、特売日にまとめ買いしては使い切れずに処分。
また、まだ期限内であっても、一度開封したラザニアパスタなどの乾麺、干し椎茸などの乾物も処分(いつ開封したのか不明だし)。

中華料理といえば、オイスターソース、豆板醤、甜麵醬程度は冷蔵庫にあっても、こちらも最後まで使い切ったためしがありません。

未開封のバルサミコ酢、何のために買ったんだっけ? ハンバーグかな?
そしてバルサミコ酢を「使うため」のレシピをクックパッドで検索。 
本末転倒です。

ストック食品と冷蔵庫の中身の話はキリがないので、また追々書きたいと思います(笑)。

さて、夕飯の支度をしようっと。

Dsc02439_2


『今日の妻弁当:/鶏ももグリルおろしソース/ナムル/みつばのお浸し/綱こんにゃく/赤ウィンナー/ちくわロール/ごはん/たらこ/みかん(千両みかん最後の一個)』

にわ子

2016年12月 7日 (水)

実家から野菜が届きました 12月7日

こんにちは、にわ子です。

実家から両親が丹精して育てた野菜が届きました。
大根、白菜、カリフラワー、ブロッコリー、さといも、ネギ、数日前についてもらったというお餅…
自家製野菜の他にもインスタントコーヒーやリンゴ、魚介の燻製おつまみなど。 いつもいつもありがとう。 

姉妹AとBそして私の三人は兼業農家の娘でしたが(今もムスメではあります(笑) 共働きだった両親も、
今は年金暮らしなので)、ちゃんとした働き手として農作業をを手伝った記憶がありません。 
子どもの頃親について田んぼや畑に行っても、手伝うというよりそこで遊んでいただけかと…
私など実家の田んぼの場所すら正確にはわからない。

両親も齢八十を超えました。 親の作ったお米や野菜をいつまで食べられるのかしら。

実家に帰るのは、ほぼ一年に二回。 あと何回両親の元気な姿に会えるのかと、帰省するたびに思います。

Dsc02438
『今日の妻弁当:/焼きさんまのみぞれ和え/具だくさん玉子焼き/ほうれん草の卵とじ/ホタテのバター焼き/かまぼこ/キュウリの浅漬け/プチトマト/ごはん/たらこ/みかん』

にわ子

2016年12月 6日 (火)

取れました!「初春歌舞伎公演 しらぬい譚」初日 国立劇場

こんにちは、にわ子です。

取れました!国立劇場の「初春歌舞伎公演 しらぬい譚(ものがたり)」 一月三日の初日!!

:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*: ワーイ♪   席種も希望通り、位置も通路席でバッチリです!

今日は一昨日惨敗した初春歌舞伎公演チケットの再チャレンジの日、一般販売開始日です。
開始5分前にはパソ、スマホの両方をログインして、10時を待ちます。
いつものことながら、チケット取りはものすごく緊張しますよね。 ちょっと間違えて戻ったりしたら、
100人に(甘いかな)追い抜かれてしまいますから(笑)。 
取れても取れなくてもあとはぐったり…やれやれ良かった。 

ひとつ残念なことに、今回はツレ君は一緒でなく、私一人での観劇です。
初日に観劇される皆様、どうぞよろしくお願いします。

ついでに今日の『妻弁当』もアップ。
作り終える時間がツレ君が家を出るギリギリになってしまい、撮れない日も多いのです。

Dsc02437
『今日の妻弁当:チキンライス/ホタテの照り焼き/具だくさん玉子焼き/えのきだけのきんぴら/にんじんしりしり/デザート』

あとは、大相撲初場所チケットの販売状況(土日限定)をこまめにチエック。 
「取れたら行く」派なので、オークション等では買いません。

難しいのは承知の上、まだ望みは捨てないぞー。

にわ子

2016年12月 5日 (月)

週末は千葉 館山へ ② 「チケット取り」惨敗 と 道の駅めぐり プラス 「逃げ恥 にんじんしりしり」

こんにちは、にわ子です。

ひき続き館山からです。

が、すでに日が変わり、月曜日になってしまいました(笑)。 昨夜からの雨が上がり、晴れてぽかぽかと暖かい朝です。

旅行とは関係ないのですが(なくも無いか…)、一昨日(3日)は「大相撲初場所」のチケット販売開始日。 朝10時にいた場所が、残念ながら電波の受信状態が今一つで、希望日、希望席種のチケットは取れませんでした~( ノД`)シクシク…。

そして、昨日(4日)の国立劇場「初春歌舞伎公演」初日のチケットも、スマホとパソ + ツレ君も動員したのに、なかなか画面が進まず、やっとブロック選択画面になったかと思いきや、すでに「お席をご用意できません」のメッセージ… 家からの接続なら取れたのかなぁ。 
ああ残念。 大相撲は戻りチケット狙いで、歌舞伎は明日の一般発売で再チャレンジします、はい。

Dsc02416

さて、日曜日の朝ごはん。

宿泊先での朝食はバイキング形式も多いのですが、やはり定食は落ち着いて食べられていいですね。

魚は前夜に4種類から選択でき、ツレ君はシャケ、私はサバをお願いしました。

今回は宿でのんびり過ごす事が目的だったので、帰りは途中の「道の駅」に寄りながら海岸線をドライブです。 

昨年に続き、南房総市の「道の駅富楽里(ふらり)とみやま」に寄りました。 2Fの軽食コーナーでは、懐かしい「クジラの竜田揚げ」が食べられます。 一串に3切れついて350円と、決して安くはありませんが、手軽に学校給食の懐かしい味に再会。 ちなみにリピートです。
Photo_4

Photo_3もう一つ、初めて立ち寄った道の駅に鋸山(のこぎりやま)の鋸南(きょなん)町「道の駅保田小学校」があります。 
廃校になった小学校の体育館を、お土産物や野菜の直売所に、また教室を宿泊施設にするなど、なかなか人気があるようです。 私は一回見れば十分かな。

でも、これまで何度も房総半島に行っているのに、鋸山の「石大仏」や「地獄のぞき」を見たことが無く、これらは機会があればぜひ見てみたい。 

さて、夕方高速に乗って家路につきました。 左手にシンデレラ城の青白い明かりや、ディズニーホテルのライトアップ、右手にはスカイツリー。 
更に大手町から池袋へと夜の高層ビル群の中を車で走るのはいつもワクワクします
(↑もちろん助手席に乗っているだけですが、しっかり起きています)。 
それほど渋滞もなく、夜7時前に帰宅。 ツレ君ありがとう、お疲れ様でした。

Photo
「逃げ恥」つながりで、今日の妻(さい)弁当は「にんじんしりしり」
入りです。

料理名も初耳&初めて作りました。 
「にんじんしりしり」、もう気になって気になって(笑)…
きっと仲間多しですね。 わかるかなぁ~? (ヒント:みくりのメモ)

『今日の妻弁当:つくねの照り焼き/インゲンのゴマ和え/ゆで玉子のマヨネーズ焼き/にんじんしりしり/えのきだけのきんぴら/プチトマト/ごはんとお漬物/デザート』

今日も「食べ物」話題ばっかりでごめんなさい。

にわ子

 

2016年12月 3日 (土)

今週末は千葉 館山へ ① 「海ほたる」 と 「逃げ恥」ロケ地

こんにちは、にわ子です。

師走に入りました。 退職してもうまる2カ月… ( ゚д゚) 間違いじゃないの?
年々時の経つ早さが加速してゆくのをひしひしと感じます。

Dsc02364
さて、ツレアイ君とにわ子の週末は、千葉県館山へ一泊二日の小旅行です。
金曜の夜出発し、東京湾アクアライン「海ほたる」で仮眠を取ることにしました。 前回立ち寄った時は、夜のぐるりと360度横に細くきらめく湾岸の明かりと、翌朝の日の出、そして朝日に染まる富士山がとてもキレイでした。
昼間、トイレ休憩やレストランでの食事、おみやげ物屋さんを見るだけではもったいない場所です。 ここで年越ししようというカップルで、大晦日は激混みでしょう。

Photo
と、はりきって来たものの、今朝の「富士山は残念ながら上部の白い輪郭が薄っすら見える程度。 せっかくなので、スカイツリーをパチリ。

のんびり朝日を見てから海ほたるを出発し、千葉県木更津へ渡ります。 
朝食はツレにわの定番、すき家の「玉子かけごはん朝食」を…あり? メニューが変わっている。 「ひじきの煮物」→「ポテトサラダ」に替わって+30円の値上げ。 もともと安いので値上げは仕方ないとして、「ひじきの煮物」のほうがずっと良かったです。(ノ_-。)
「牛小鉢x1」を追加オーダーして、二人分で560円なり。

そこからは「濃溝の滝」を見たりしながら房総半島を西から東に横断し、鴨川へ。
せっかくの海辺のドライブなので、お昼は軽くお寿司、そして館山といえば、今大人気の「逃げるは恥だが役に立つ」のロケ地です。 アラフィフのツレにわもすっかりはまり、録画して何度も見返しています!! 

Photo
宿までの経路に近かったこともあり、立ち寄ったのは、みくりが両親が移住した館山の家に身を寄せ、散歩していた布良(めら)漁港と、市議会議員野口まゆさんと会った漁業協同組合事務所(平匡が「すぐ近くにいます! 会って…火曜の分のハグを!」と叫び、駆け出した場所)です。 ドラマでは上手く自販機が隠されていましたね。

Dsc02400_2




そして、今日の宿はここ。 オーシャンビューでないのがちょっと残念。

Photo_2


夕食は豊富な野菜のヘルシーなコース献立です。 とても美味しかったのですが、量が多くて私は食べきれませんでした。 ツレ君ありがとね。 来週からココロを入れ替えて頑張るよ(←毎回言っているので、ツレ君は無視)。

明日の予定は聞いていないのですが、お昼ころまで宿でゆっくり過ごして帰ることになりそうです。

にわ子

2016年12月 1日 (木)

レジでの「サイフ忘れ」と「見切り品」

こんにちは、にわ子です。

私には恥ずかしい失敗談は数えきれないほどありますが、昨日は本当に情けないやら恥ずかしいやら。

ウチの最寄りのスーパーは、消費期限の近い商品を、早めに値下げするので気に入っています。 
中規模ですが、常に鮮度の良い商品しか置かない印象で、安心して買えるお店です。

ふだん食品を買うときは、あまり良くない行為とは思いつつ、一度で使い切れない肉や加工食品・
卵などは、消費期限ができるだけ先の物を選んで買います。 でも、結局は「まだまだ大丈夫だから」と、
冷蔵庫内に眠らせてしまい、いざ使うのは消費期限ギリギリだったりするんですよね。 

「できるだけ出費を抑えたい」 + 「どうせ使うのはギリになること多し」で、当日に調理したり、翌日に
使う肉や魚は、夕方の値引きセールの時間帯を狙って買行くこともしょっちゅうです。

50

この日は夕方6時過ぎにスーパーに行くと、ヤッター、思ったとおり値引きの時間!

30%~50%オフの鶏肉やお刺身、加工品を含む複数をゲットし、満足しながら
セルフレジへ。  (値引き品が多いと恥ずかしいので、できるだけ店員さんの打つレジは避けたい小心者のにわ子)

ピッピッピッでいざ清算…あ、サイフがない。 Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

にわ子 :「すみません…サイフを忘れました。 取ってきていいですか?」
店員さん:「レジを止める訳にはいきませんので、いったん全部返品処理します。」
にわ子 :「(セルフレジなので)はい、やります。」
店員さん:「こちらでやりますので大丈夫です。 どのくらいお時間がかかりますか?」
にわ子 :「…10分以内に戻ります…」

その後、自転車立ちこぎの猛ダッシュで家に戻り、サイフを引っ掴んで引き返したことは言うまでもありません。

にわ子 :「(;゚∀゚) ハァハァ、戻りました。」
店員さん:「(先ほどのカゴを渡しながら)では、返品しましたので、再度レジでお会計をお願いします(笑)。」

合計12点のうち、値引き品でないのはすべて『広告の品』」のキュウリ1本、じゃかいもx3個、めんつゆだけ。
あとの7点はバリバリの見切り品でした~(見切り品オンリーでなかったのがせめてもの救い)。

ああ、恥ずかしい。 人目など気にしていては節約なんかできない! コスパ重視で行くのよ!!と思いつつも、
サイフ忘れの返品処理で迷惑かけちゃったし…今後一週間はこのスーパーに行けない。

特に夕方は行けない(涙)。

Dsc02353
『今日の妻弁当:鶏の炊き込みご飯/ほうれん草の卵とじ/いんげんのゴマ和え/たけのこの土佐煮/かぼちゃの煮物/かまぼこ/プチトマト/たくあん/みかん』

にわ子

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »