« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

週末は茨城県大洗へ② アクアワールド茨城県大洗水族館

こんにちは、にわ子です。

茨城県大洗に行く…のつづきです。

私達夫婦は水族館も大好きで、昨年は「八景島シーパラダイス」と「鴨川シーワールド」に行きました。 
今回は「アクアワールド茨城県大洗水族館(HPはコチラ)、ここを訪れるのは初めてです。

結構大規模な施設で、入場してすぐ、ひたすらグルグル泳ぎ続ける「イワシ」の水槽があり、多くの人がそこで足を止めています。 気持ちはわかる、展覧会でも同じですね。 こういう場合は飛ばして先へ進みます(後で観る)。 休日ということもありますが、人気があるらしく、なかなかの混み具合。 

1

大水槽正面はアクリル板が厚すぎて魚がクリアに見えません。 正面まで行く順路途中に、大水槽を斜め後ろから見ることが出来る場所があり、魚自体はこちらの方が見易いです。 幻想的なクラゲの水槽は皆が見入ってしまうため、ここも渋滞。 サメの水槽は迫力があり、マンボウも数多くいました。

初めて見たのが左下写真の海鳥「エトピリカ」。 頭の中で葉加瀬太郎の音楽が… 今は冬羽で、くちばし以外は真っ黒。 動きがユーモラスでかわいいです。

2_2

そして、水族館といえばショーです。 「イルカ・アシカのオーシャンライブ」は満席で、イルカの迫力のある大ジャンプや、アシカのお兄さんの客いじりトークで大盛り上がり。 開始前に前方のお客さんにレジャーシートを販売していましたが、かなり水しぶきをかけられますので必需品ですね。 トレーナーがプールに入ってイルカ達と一緒に泳ぐショーではありませんが、昨年楽しく観ていたNHKドラマ「水族館ガール」を思い出しました。

残念なのは、鳥インフルエンザ対策のため、今回は屋外展示施設や展望ホールから外に出て景色を眺めることができなかった事。 またいつか訪れたい水族館です。

アクアワールドを後にして帰宅途中、地震ニュース(NHK水戸放送局)でよく映る納豆タワー(正しくは「水戸芸術館」のアートタワー)を発見。  良いおまけになりました。

次の温泉はどこかな~♪

Dsc04416


『今日の妻弁当:野菜と豚肉の噌炒め/ソーセージ玉子/たけのこの土佐煮/ウズラのひよこ/キュウリの浅漬け/プチトマト/たくあん/おかかごはん』

にわ子

2017年1月30日 (月)

週末は茨城県大洗へ① 大洗海鮮市場~那珂湊おさかな市場~大洗温泉

こんにちは、にわ子です。

週末は茨城県大洗(おおあらい)に行って来ました。 

大洗漁港に着いたのは朝8時過ぎ。 港が視界に入ると、私:「『さんふらわあ』みたいな模様の大きい建物がある…」、ぐんぐん近づくにつれ、「建物じゃない… あれ、フェリーよ!」 

大きい船ですね~。 「商船三井」って響きがすでに格好いい(そこ?)。 行き先は北海道苫小牧で、夕方出向、翌日のお昼過ぎに着く便のようで、フェリーターミナルの駐車場には大型トラックが沢山駐まっていました。 マイカーで北海道に行ってみたいけど、現地での目的地への移動時間がハンパなさそうです。

1

近くの「大洗海鮮市場」でちょっと休憩。 店頭で焼いているはまぐり・ホタテ・牡蠣などの美味しそうな浜焼きを見ると我慢できず、今回朝から「イカ焼き」。 ここの良いところは、トレーに自分で選んだ海鮮食材を乗せてお兄さんに渡し、それを焼いて貰えること。 じっくり選んだ(笑)大きなイカでも600円。 トッピングされたショウガも美味しく大満足です。 他で「イカ焼き」食べるとどうしても大洗と比べてしまう。

海を眺めながら車で「那珂湊(なかみなと)おさかな市場」へ移動。 こちらでは多くの店舗に干物などの試食品が並んでおり、味見をしてから買えるのが良いです。 また地元水揚げ活魚の他に、日本各地の港からの海産物が沢山並んでいました。 目立つのは「あんこう汁」や「あんこう鍋」の看板。 あんこう料理は茨城の冬の味覚の代表なのですね。 

2

お土産用の干物を買った後は、大洗に戻り温泉へ。 今回は「大洗鷗松亭(おうしょうてい)」です。 鷗松亭様HPはコチラ

お風呂のお湯は無色透明でにおいも感じませんが、お湯に長く浸かっていると、乾燥する時期で肌が荒れているせいか、皮膚がぴりぴりしました。 浴室内が綺麗でゆったりと広く、ブースに分かれた洗い場(私はコレがとても嬉しい)と、おすすめです。 欲を言えば、露天風呂からもっとよく海が見えると良いかな~、でもアクリル板は目隠しのため必要なので仕方ないですね(笑)。

海と温泉… 良いわ~

つづく

Dsc04415


『今日の妻弁当:野菜と豚肉の噌炒め/ミニハンバーグ/たけのこの土佐煮/カボチャの煮物/キュウリの浅漬け/かまぼこ/プチトマト/たくあん/ごはん』

にわ子

2017年1月27日 (金)

「物産展」に立ち寄り青森 龍飛崎に思いをはせる

こんにちは、にわ子です。

冬至から1ヶ月ちょっとで、驚くほど日が長くなりましたね。
寒さはこれからが本番ですが、昨年12月の冬至より30分以上日没の時刻が遅くなり、勤めている時も仕事帰りに外が明るいと、それだけで春に向かっているのを感じ、気持ちまで明るく嬉しくなります。

さて、今日は先日先延ばしにしていた用件を一つクリア。 過去の記事:嫌なことはズルズルと先延ばし

「今日は出かけるの。」と今朝ツレアイ君に伝えたあと、慌てて「あ、明治神宮に行くんじゃないから。」と付け足しました。 稀勢の里の明治神宮での奉納土俵入りに行くのかと疑われそうだったから(笑)。 行きたいのはやまやまですが、今日は別件です。

駅の構内では「東北物産展」が催されていました。 こういうのは各県の「観光協会」のようなところが運営しているのでしょうか。 普段は素通りですが、今日はなんとはなしに足を止め、「東北…行きたいなぁ。」

私が過去に訪れた日本の最北端は東北青森県の津軽半島龍飛崎です。 2013年の夏休み旅行途中で早朝に龍飛崎を訪れ、「龍飛灯台」から北海道に向かって「津軽海峡冬景色」の2番を大声で歌いました。 歌うというより叫ぶ? 「ごらんあれが飛岬北のはずれとぉぉぉ~♪」 (近くの歌碑に書いてあったのでつい…みんな歌っちゃいますよね)。 

Photo_7

早朝+超強風(たしかに風の岬龍飛)+私達夫婦以外誰もいない なので人様に迷惑はかかりません。 初めて見た、津軽海峡の向こうの北海道の陸地…思っていたより遙かに近く大きく見える姿に感動です。 いつか行けるかな… 訪れてみたいのが知床半島と宗谷岬って限定しているからどうでしょう。 「岬」は人を惹きつけます。

特産・名産品を見ながら「ちゃんこ」スープに引き続き、青森県八戸地方の郷土料理「せんべい汁」を作ろうかなと、並んでいた「せんべい汁用南部せんべい」に手を伸ばしたのですが、「お味見どうですか~♡」と売り子さんに声を掛けられたり、他の商品に気を取られているうちに買いそびれてしまいました。 また本場八戸現地』に食べに行きたいと思います。 津軽半島とは反対の、まだ行っていない下北半島もね。 ツレ君、よろしくお願いします。

※ ウィキによりますと、「たっぴざき」には、竜/龍 及び 崎/埼 など表記に揺らぎがあるようです。 外ヶ浜町のHPでは龍飛崎です。

Dsc04344

『今日の妻弁当:ピーマンとツナの炒め物/ソーセージ玉子/ゴボウとにんじんのきんぴら/ジャガイモとカリフラワーのサラダ/赤ウィンナー/プチトマト/たくあん/ごはん』

話題の「無限ピーマン」です。 なぜ苦みが消えるのでしょうね。 ツナ缶恐るべし。 また、せっかく「たくあん」を☆型にしたのだから、写真のごはんには海苔を乗せて背景を暗くするべきでした。 残念…

にわ子

2017年1月26日 (木)

夕飯は「ちゃんこ」スープ

こんにちは、にわ子です。

今日は久しぶりに一人での夕食。 ツレアイ君は「飲み会」だそうです。
彼は「家で晩酌」派なので、外で飲んで帰るのは、忘年会・新年会・歓送迎会・たまに友人等となど年に数回しかありません。 

「夕飯はいらない」だと、私もらくらく~(笑)です。 なのに先ほどのメールで「家の鍵を忘れた」って、わざとか~っ!!

ところで、先日の初場所国技館で食べた「出羽海部屋 塩ちゃんこ」は薄味でなかなか美味でした。 以前食べた「塩ちゃんこ」は中華っぽい味で、どうも私には今ひとつ。 好みは人それぞれですが、今回の塩ちゃんこの方が私好み(私は煮た白菜が苦手なので、キャベツなのが良かったのかもしれません)。 前半の 味噌ちゃんこも食べてみたかった。 国技館地下食堂の「相撲部屋特製ちゃんこ」は現地観戦時の楽しみの一つです。

Photo

と、いうことで、今日は私流「ちゃんこ」スープが夕飯。 「ちゃんこ」をググると「主に相撲力士が食べる鍋料理または力士の食事の総称」だそうですが、まぁ鶏だんご入りなので、「ちゃんこ」風スープって事で良しとしましょう。 

Dsc04341_3

当然明日の朝食は「温めちゃんこ」。 野菜たっぷりでヘルシーです。

Dsc04339


『今日の妻弁当:つくねの照り焼き/ほうれん草のごま和え/ゴボウとにんじんのきんぴら/かまぼこ/プチトマト/たくあん/ごはん』

にわ子

2017年1月25日 (水)

第72代横綱 稀勢の里 誕生!

こんにちは、にわ子です。

今朝9時過ぎのニュースで、稀勢の里の第72代横綱昇進と伝達式の様子が報じられました。 横綱昇進おめでとう。 伝達式後の記念撮影で、記者からの「笑って」のリクエストに上手く笑顔を作れなかった横綱が、鯛を持ち上げたらニッコリ。 ホラ、だから意識を分散させた方が良いんだってば(笑)。過去の記事:稀勢の里 白鵬も下しての初優勝、おめでとう!!  後ろに立っていた同部屋の高安も、きっと「いつかは自分も」と思っていたはず。 4人大関が続いていましたが、稀勢の里の横綱昇進と琴奨菊の大関陥落は、いっそう上を目指す力士達を奮い立たせそうです。

Dsc04338

稀勢の里の横綱昇進について、私は2横綱1大関との対戦無し優勝での昇進はどうかな、と決定前は思っていました。 日本出身力士贔屓と取られては彼が気の毒だし、夏場所から(かな?)しばらく続いた取組み前の「微笑み」は、微笑を作る事で厳しい稽古だけでは超えられない、プレッシャーへの弱さを変えようと何かにすがっているようにも見えたので…

4横綱になり、怪我の多い日馬富士と鶴竜、ややピークを過ぎたと思われる白鵬、そして皆に心配される(かける?)ちょっと不器用で真面目な愛されキャラの稀勢の里、追ってくる力士達はどの横綱にも「勝てるかも、勝ちたい、勝つぞ~!!」と今まで以上に必死に食らいついてくるでしょう。 

三月大阪場所の初日は当然チケット争奪戦ですね。 興行としては大成功です。('~`;) 
私も五月の夏場所では初日に行って、例のちょっと恥ずかしいような演出の(笑)優勝額の序幕式と稀勢の里の横綱土俵入りが見たい! こちらもチケット争奪戦は必至。 「横綱 稀勢の里」、勝っても負けても注目の的です。 応援するから、頑張って!

Dsc04334


『今日の妻弁当:鶏もも肉の照り焼き/青梗菜と厚揚げのオイスターソース炒め/にんじんしりしり/カボチャの煮物/かまぼこ/白菜の浅漬け/たくあん/プチトマト/ごはん』

にわ子

ウチではカレーは朝ごはん

こんにちは、にわ子です。

朝から重そう…と思われそうですが、ウチではカレーは朝ごはん用に作ります。 市販のカレールーを使うので、お弁当作りと平行しながら圧力鍋で短時間で出来るからです。 結構長い間そうしているので、ツレアイ君も息子もいきなり夕食にカレーが出たら驚くでしょう。  夫婦二人の生活になってからは、夜は野菜中心の薄味の料理で済ませることも多く、夕食にごはん物・麺類を出す回数が減りました。 

息子が同居していた頃、カレーの時 私がごはんをハート型で出すため(これしか持っていないので)、息子がスプーンでガン!ガン!と、いかにも「余計な事をして」という様子でごはんを崩すのが可笑しかった。 もちろんツレ君はそんな事はしません。 

Dsc04336

使う市販のルーもその時々の特売品を買うことが多く、「なぜ毎回味が違うの?」と聞かれることもしばしば。 安く買えるなら、選ぶのは「S&B ゴールデンカレー(辛口)」が多いかな。 味を知りたくて、もっと高いフレーク状のものや具を加えるだけ(レトルトカレーと変わらない?)を買ったこともあります。 だから「いつも味が違う」と言われるのですね(笑)。

今日の具は「白菜(の白い茎部分のスライス。 ウチではよく使います)、タマネギ、鶏もも肉、しめじ、にんじん、じゃがいも」。 煮崩れしそうな具材は別茹でして加えます。 息子曰く「食品メーカーのプロのレシピなんだから、商品の箱に書いてある『作り方』通りの材料・分量・手順と時間で作るのが一番だよ」。 その通りですよね~。 とはいえ、やはり今日も「冷蔵庫にある物」+「おおよその分量」で作ってしまう。

朝食兼昼食のカレーを食べながら、ふと息子は「今朝は何を食べて出勤したのかな・・・」と想いました。

Dsc04332


昨日の妻弁当今日:ピーマンの肉詰め/青梗菜と厚揚げのオイスターソース炒め/にんじんしりしり/カボチャの煮物/赤ウィンナーの金魚/プチトマト/ごはん』

にわ子

2017年1月23日 (月)

嫌なことはズルズルと先延ばし

こんにちは、にわ子です。

初場所が終わってしまって「大相撲ロス」状態になっています。

今日は所用があって、隣の市まで自転車で二駅分こいで行こうと思ったのですが(20分くらいかかるかな)、天気は良いものの風か強く「たどり着かない or  帰って来れない」状態になりそうだったので諦めました。 新潟から出てきて30年以上になりますが、関東平野は遮る物がないため本当に風が強い。 

実は他にも、「行かねば、今日こそ行かねば」と思いながら、ズルズルと先延ばしにしている事があります。 気が進まず「行きたくない」気持ちがそうさせるのですけど。

この2週間、必死で頑張っている力士達からパワーを貰ったので、私も行動しなくてはなりません。

「来週」からね。  

あー!コレがいけないんだ~!!!!! (T△T)

Dsc04281_2


『今日の妻弁当:ハンバーグ/だし巻き玉子/ほうれん草ともやしのカラシ和え/カボチャの煮物/ミックスきのこのハーブソテー/厚切りハム/プチトマト/ごはん』

にわ子

2017年1月22日 (日)

稀勢の里 白鵬も下しての初優勝、おめでとう!!

こんにちは、にわ子です。

改めて、稀勢の里初優勝おめでとう!

Dsc04278_li千秋楽の取組みでは白鵬も横綱の意地を見せ、思い切って踏み込み、全体重をあずけ押し込んで必死でがぶっていました。 攻め立てられた稀勢の里が土俵際で踏み留まり、白鵬を土俵下に引き落としたした時には、私もTVの前で「やったー!!」。 決まり手はすくい投げ。 白鵬も大好きだけど、今日ばかりは稀勢の里に勝たせてやりたかった。 見応えのある一番でした。 白鵬は他の二人の横綱が休場するなか、本当にお疲れ様。

当日は稀勢の里のご両親が会場で見守っている様子が映像で流れていました。 先に、ネットのニュースでお父さんの貞彦さん(優しそうで、顔立ちが稀勢の里そっくり)がスポニチに寄せた、これから稀勢の里が立たされる境遇を思いやる手記を読んでいたため、取組みを見守るご両親の姿に胸を打たれます。 兄弟の話は聞かないので、稀勢の里は一人っ子なのでしょう。

報道では、稀勢の里の横綱昇進はほぼ確定のようで、正式発表は25日になるとのこと。
外国出身の横綱が続くなか、19年ぶりの「日本出身の横綱」への期待と注目は更に高まり、自分のため、家族のため、ファンのためを超えて、日本の神事・伝統武道を伝承する力士の最高位として、誰もが認める品格を備え、勝ち続けなればならない責務と重圧は、これまでにも増して大変なものでしょう。 興行であっても相撲はやはり特別です。

中学卒業とともに入門し、「純粋培養 相撲一筋」で歩んできたという稀勢の里。 次は「嫁さんはまだか?」の重圧にも悩まされそうですね(笑)。 女性嫌いや独身主義でなければ、家庭を持ち、相撲以外の喜びや関心事に意識を分散させた方が、気持ちがラクになるかもしれません。 (^_^)

にわ子

「茨城町発フレッシュ便(いちご)」 茨城県 茨城町

こんにちは、にわ子です。

茨城県 東茨城郡 茨城町(いばらきまち)より、ふるさと納税の返礼品の「茨城町発フレッシュ便(いちご)とちおとめ 4パック」が届きました。 ありがとうございます。 最近フルーツ不足になっていたので旬のいちごがとても嬉しいです。


Dsc04277
茨城県は昨日の「『稀勢の里』の悲願の初優勝」で大盛り上がりでしょう。 本当におめでとう! 14日目、ちょうど彼の優勝のニュースと取り組みを見直していたところにいちごが届きました。 タイミングが良く、まるで内祝いのようです(笑)。

一昨年、ツレアイ君と一緒に茨城町隣の水戸市や大洗町を訪れました(茨城町は通るだけになってしまい恐縮です)。 水戸を訪れたのが梅の季節から外れた11月だったため、今度はぜひ花の見頃の2月~3月に行きたいと思います。 また、偕楽園 弘道館に行った後、納豆タワー(水戸芸術館のシンボルタワー)を探したのですが、その時は残念ながら見つけられませんでした。 ドライブしながら上だけ見て探そうっていうのに無理がありますね。



大洗町に行った後は息子に「聖地に行ってきたの?」と聞かれて苦笑。 親は「ガルパン」には興味ないから。 知らずに行って、町中がアニメの看板やポスターだらけでびっくりしました。
(゚Д゚)  

大洗海鮮市場では自分で貝やイカをを選んで焼いてもらう浜焼きに大満足。 先日もツレ君に「大洗に行かない?」と誘われたばかり。  春の茨城、今度は「袋田の滝」にも行きたいなあ~。

にわ子

 

2017年1月21日 (土)

大相撲初場所13日目 国技館で久しぶりの「入り待ち」

こんにちは、にわ子です。

昨日13日目の豪栄道の休場は国技館に着いてから知りました。
残念ですが仕方ありません。 横綱二人の休場と、同じ大関陣の不調で「自分が応えねば」という気持ちもあったかと思いますが、今はしっかり治して次の大阪場所に備えて欲しい。

時折雪のチラつく寒い中、久しぶりに力士の入り待ち。 本当は十両力士を見たかったのですが、到着が遅かったため主に幕内力士になりました。 名前がわかる関取には「○○頑張って~!!」と声援を送りました。 けれども、顔はわかるのに名前が出てこない力士も…あ~、わかるのに。 わかっているのに!!! まわし姿だったら名前が出てくるのに~(笑)。

雪や雨がパラつく時もあったため、傘をさして入場する力士もチラホラ。 もちろん和傘です。 いや~和傘格好良いですねぇ。 

Dsc04249_2

特に印象に残ったのが写真←の輝(かがやき)関。 赤い和傘をさした姿が美しく、前に入り待ちで見かけた時も思ったのですが、全体のバランスが良いのか、役者さんのようです。

13日目の取組み結果は皆さんご存じの通り。

妙義龍が千代皇につり出されてしまい、聴いていた「どすこいFM」でも「妙義龍はどうしたのか。 大関候補とも言われていたのに」と心配されていました。 今回の入り待ちで彼の姿をみることが出来なかったのが残念です。

ところで、「どすこいFM」」(十両取り組みより83,4MHzで国技館館内限定生放送)といえば、中入り時の「土俵の土」をかけたジャンケン大会。 解説の親方とジャンケンをし、勝者は、先着順で(通常10名)本物の「土俵の土」が貰えます。 ただし、放送中で伝えられる「合い言葉」をジャンケン前に伝える必要があり、皆さん結構早めに放送席前でしゃがんで待っています。 じゃーん、にわ子は久しぶりに「土俵の土」をGETしました! ゲストは小野川(元大道)親方と山分(元武雄山)親方。 合い言葉は三段目優勝の阿武松部屋「武政(たけまさ)」でした。  あり? 前より大入り袋(ポチ袋)のサイズが小さい…

Dsc04274_2

さて、今日明日はどうなるでしょうか。 国技館に行きたいのはやまやまですが、始発電車に乗っても当日券の確保は難しい(まず、無理)と思われますので、TVで観戦確定です。 稀勢の里には、今場所、そして来場所の2場所連続優勝で横綱になって欲しい。 昨年の年間最多勝ではあるけれど、周囲を納得させる高いレベルでの優勝には、今場所はどうかな…と思うので。

まずは、白鵬を倒して優勝しなくては。 キセ、頑張って!

Dsc04225


『昨日の妻弁当:にんじんしりしり/スナップエンドウのソテー/縮みほうれん草の卵とじ/ミックスきのこのハーブソテー/ウズラのカッパ/プチトマト/鶏そぼろごはん』

やはりウズラの卵は「ひよこ」が断トツでカワイイです。 10個使い終わってヤレヤレ。

にわ子

2017年1月20日 (金)

日馬富士も鶴竜も不在…力士の怪我と休場

こんにちは、にわ子です。

昨夜は中日8日目に観戦した姉妹Bと今場所について長電話してしまいました。

12日目はまだ録画していた幕内の取り組みの一部しか観ていないのですが、11日目からの鶴竜の休場は本当に残念です。 
今日13日目の「白鵬-稀勢の里の直接対決~♡」も吹き飛んでしまいました。

まぁ、相撲ファンとしては、千秋楽までもつれ込むのが一番楽しいですけど、鶴竜…休場するほどの怪我をしてたの? 

琴奨菊は大関陥落。 これまでもそうですが、膝のテーピングが痛々しく、来場所の10勝はどうでしょう。 また、照ノ富士もなかなかもとのような豪快な相撲が取れません。 好きな力士の一人、妙義龍がこのところ不調で「どうしたの?」と思っていたのですが、昨日の中継で夏場所後に足首の手術をしていたと知りました。 力士は皆満身創痍です。

今場所は若手の台頭がめざましく、今日は御嶽海と蒼国来の取り組みが楽しみです(御嶽海応援団について、気持ちはわかりますが「御嶽海コール」ってどうなんしょう。 御嶽海は私も応援しています。 「豪栄道コール」も同じく… (-_-;ウーン)。

稀勢の里が優勝しても、横綱が二人不在、同じ大関が不調では「だから優勝できた」な印象になってしまいそう(それも一時ですけどね。 優勝は優勝なので。)。 

地方巡業も大事だけれど、力士が体を休め、怪我をしっかり治せる休養期間を取らせてあげて欲しい。 観ているのが辛くなるようなボロボロの力士…でもその過酷さを知っているから、皆「力士」に「大相撲」に魅了されるのかもしれない。

ボヤいてしまってごめんなさい。 そろそろ国技館へ向かいます。

Dsc04219
昨日の妻弁当:焼き鮭/ゴボウとにんじんのきんぴら/スナップエンドウのソテー/縮みほうれん草の卵とじ/練り物/ウズラのぶた/プチトマト/ごはん』

にわ子

2017年1月18日 (水)

「2017年版 西伊豆町カレンダー」 静岡県 西伊豆町

こんにちは、にわ子です。

静岡県 西伊豆町からふるさと納税のお礼に「プラス」して、「2017年版 西伊豆町カレンダー」も送って頂きました。 
ありがとうございます。

Dsc04211

これは昨年末に頂いた返礼品の、藤文の「ふるさと干物セット」(過去の記事)とは別便での郵送です。 寄付申込書の中で、カレンダーの希望を聞かれ、欲しい方は無料で頂けます(一部税込み300円のお品。 町役場価格ですね (^_^) )。

Photo西伊豆町主催のふるさとフォトコンの入賞作品を掲載した、B4サイズ冊子の中綴じカレンダーで、1頁に1ヶ月分を配してあり、最後の方には西伊豆町の夕日スポットの地図、日没時刻表、ポストカードなども付いていて、なかなかしっかりした作りです。

町長さんからのお礼のメッセージと、町の見所パンフレット、「漁網ボディタオル」も付けてくれて、もう「西伊豆町に来てね♡」感いっぱいです(笑)。 担当している方達の、町へ観光客を呼ぼうという気勢と努力が、ひしひしと伝わってきます。 受け取った方はきっと西伊豆町へ行きたくなるでしょう。  私も行きたい!(o^-^o)

ツレアイ君は風景写真を撮るのが趣味の一つで、時折「朝日」や「夕日」も撮っています。 西伊豆町を訪れた際にはぜひ「アナタの傑作」を撮ってね。
フォトコン入賞までは望まないから(笑)。

追記:翌2017年2月に西伊豆町に行きました! 週末は伊豆へ ① 伊豆の国市「韮山反射炉」~西伊豆町 残念ながら雨で夕日は見られずじまい。 寄らせて頂いた「せせらぎの湯」にもしっかり「2017年版 西伊豆町カレンダー」が貼ってありました。 もちろんウチのリビングにも貼ってあります。

Dsc04207


『今日の妻弁当:/サンマの蒲焼き/もやしと小松菜のナムル/ミートボール/里芋の煮っころがし/ゴボウとにんじんのきんぴら/かまぼこ/ウズラのひよこ/にんじんのグラッセ/青菜ごはん』

昨日見つかった「ウズラカッターのV字カットパーツ」をさっそく使いました。 ちょっと手間がかかりますが、地味なおかずのお弁当作も可愛くなります。

にわ子

2017年1月17日 (火)

同僚からのメール、「異動」や「退職」そして「活躍」

こんにちは、にわ子です。

今日は私が退職した会社の同僚からメールを貰いました。 ほんの数ヶ月前まで一緒に働いていた人達の異動や退職の知らせ… 寂しい気持ちもあるけれど、きっと、もっと自分を活かせる所へ行くのだと信じています。 またどこかで会えるかもしれない。 これからも体に気をつけて頑張って! 

同時に私の仕事を引き継いだ後輩が、今では部内で「頼もしい存在」になっているとの嬉しい知らせも! 引き継ぎ期間が短く、不安げな様子に申し訳ない気持ちでいっぱいだったので、彼女が元気で活躍しているとの知らせに安堵しました。 メールをくれた同僚に感謝です。

さて、別件でご報告。 ない、ない、と、先月の 小さなパーツを無くしてしまう/キッチン用品 で探していた「ウズラカッター」の「V」字カットパーツが見つかりました! ※ ↓写真オレンジが「V字カットパーツ」

キッチンの作業テーブル上の他の小物の陰に隠れていたのです。 テーブルがカラシ色で同化して見えづらかったとはいえ、お騒がせしました…近眼+老眼で。 

Img_0070

また、カメラの不具合も解決です。 破損していたのはSDカードの方と判明。 このカメラは使い始めて3年強くらいなので、本体の故障でなくて良かった… 

寂しさと安堵との、気持ちが揺れる一日でした。

Dsc04205


『今日の妻弁当:インゲンのベーコン巻き/具だくさん玉子焼/里芋の煮っころがし/かまぼこ/キュウリの山椒和え/プチトマト/にんじんのグラッセ/わさび昆布/ごはん』

にわ子

2017年1月16日 (月)

白鵬-稀勢の里 対戦は13日目?♡

こんにちは、にわ子です。

Img_0068_2昨日中日の大相撲は、白鵬と稀勢の里がどこまで星を落とさずに行くか…というところでしたが、稀勢の里は隠岐の海に辛くも勝って単独トップでの中日勝ち越し、白鵬はまさかの初顔合わせ平幕の荒鷲に敗れ、7勝1敗の結果となりました。 荒鷲の大金星に座布団が舞っていましたね。 会場の興奮とどよめきがTV画面からも伝わってきました。

初場所の中日は、天覧相撲を期待してチケットを取った方も多いのではないでしょうか。 昨年に続き今年も初日でのご観覧でしたが、白鵬は両陛下をお迎えした日には、特別な思いを胸に土俵に上がる、と初日後のニュース記事で読んでいたので、今日でなくて良かったね (ノ_-。)、とつい余計なことを思ったりして…いや待て、そういう日には絶対負けないのか、白鵬は。

さて、番付上、そのまま当たると十三日目に対戦が組まれるとのこと。 やったー!チケット取っている日!! ぜひ白鵬・稀勢の里ともに、この後白星を重ねて直接対決の日を迎えて欲しいです。 

Dsc04204

『今日の妻弁当:具だくさん玉子焼/サンマの蒲焼き/もやしと小松菜のナムル/サツマイモの甘辛炒め/かまぼこ/プチトマト/にんじんのグラッセ/わさび昆布/ごはん』

にわ子

2017年1月15日 (日)

大相撲初場所 七日目 ゲストの「さだまさし」

こんにちは、にわ子です。

14日、初場所七日目のゲストは「さだまさし」さんでした。

Img_0058_2私は正直「ゲスト」が出る回の中継はあまり好きではありません。 もちろん相撲好きな人を選んでいるのでしょうが、会話中にアナウンサーがフォローに回っているのを見ると「ゲストって要るの?」と思うこともしばしば。 でも、今日の「さだ」さんはとても良かったです。 
当たり前ですが、話し上手だし聞き上手。 さださんのような歌とトークのプロと他の方達とを比較してはいけませんね(笑)。

昭和35年春の栃-若戦で、行事が「さがり」を拾ってパッと投げるのが格好良かったと、さださん、わかるわかる~その感覚。 ※もちろん私は生まれていません。

相撲を神事として「神聖な物」、「尊いもの」と語る様子に、相撲を愛する気持ちが伝わってきます。

平成21年大晦日から22年の元日にかけてのカウントダウンライブを国技館で行い、現幕内行司の木村元基にファンクラブの人が投票して決まった番付表を書いて貰ったエピソードを披露していました。 東の横綱は「主人公」、西の横綱は「風に立つライオン」だそうです。 すみません、私両方とも知りません(曲を聴けばわかるかも)。

Photo_3

木村元基の好きな曲は「案山子(かかし)」で、この曲を好きだと言う力士が多いらしく、「相撲界ではみんな「案山子」の気持ちがわかるんじゃないでしょうか」「ある人が言っていました、相撲界に子どもを送り出した母親の気持ちがわかる」と刈谷アナ。 確かに「歌」って、その時のいろいろな事、気持ちがリンクするものですね。

この後も遠藤-妙義龍戦で遠藤が勝った取り組みについて さだ:「お互いに上手くいかず(この後続く)」 刈谷アナ:「その通りですね」のようなやり取りがあり、稀勢の里戦ではさださんがサラッと「親方どうですか」と春日野親方(元栃乃和歌)に解説を求めるなど、本当に上手い(重ねて、当たり前ですけど)。

大きくても小さくても同じ土俵で戦う。 勝ったときのガッツポーズは、気持ちはわかるが自分を誇る行為は好きではない。 「日本人力士(日本出身力士)」を煽るやり方は好きではないが(素晴らしい力士みんなに敬意を表している(^-^)ニコ)、稀勢の里はそろそろ決着をつけて貰ってもいい、などなど共感するコメントをハッキリ言ってくれて気持ちよかったです。

途中「視聴者から『大相撲中継をみていると、仕切りの時間が長い』との声が聞かれる」という話がありましたが、今日はさださんのおかげで、仕切りの時間が短く感じました。

今日、中日八日目は姉妹Bが国技館に観戦に行きます。
彼女から感想を聞くのが楽しみです。

にわ子

追記:勢(いきおい)関の「道化師のソネット」、私も聴いてみたいです。

2017年1月13日 (金)

週末、新潟は記録的な大雪との予報

こんにちは、にわ子です。

週末は大学入試センター試験ですね。 関東もかなり冷え込むようです。
受験生の皆さん頑張って! と、5年前の息子の受験を思い出しながら(笑)。

私の実家がある新潟も、週末は強烈な寒波の影響で記録的な大雪との予報です。 心配になり、実家のある地域の数カ所に設置されているライブカメラを見たときも、降雪の様子が映し出されていました。 週末は雪に加え風も強そうです。

母に電話しようかと思いましたが、電話の置いてある寒い玄関に呼び出すのがためらわれ、掛けるのを止めました。 うーん、なぜ電話を居間に置かないのか…コタツに入ったまま話せるのに。 (-_-;ウーン

大雪の後は雪下ろしなどの除雪作業が待っています。 
昔に比べ降雪量は減っているというものの、やはり雪国の暮らしは大変です。 

Img_0047


『今日の妻弁当:ソーセージ玉子/ほうれん草ともやしのカラシ和え/三つ葉のお浸し/ミートボール/プチトマト/にんじんの千鳥/ごはん/キュウリの浅漬け』

にわ子

2017年1月12日 (木)

大相撲初場所 寂しい相撲解説者「北の富士」の不在

こんにちは、にわ子です。

大相撲初場所、観ていますか?
私が家にいて、どれだけテレビの前でじっくり相撲観戦を…と思われるでしょうが、相変わらずの「ながら観(み)」のため、取り組みの様子は、夜中に録画しておいた「幕内の全取組」を翌日確認する方が多いのです(それすら「ながら観(み)」)。

昨日4日目の十両戦では、「豊響」対「宇良」がおもしろかったですね~(これは何度もビデオで紹介されていました)。 勝った宇良が土俵際でびよーんと反り、柔らかいし粘り強いし、残して回り込んで決まり手は「渡し込み」。 国技館で生で観た方達がうらやましい。

さて、今場所は大相撲中継の名物解説者「北の富士勝昭」さんが、年末に心臓の手術を受け、現在も自宅療養中のため不在とのことで、とても寂しいです。 辛口なコメントもあるけど、茶目っ気のある(都合が悪くなるとトボけたりね)、和装でもスーツでもオシャレに着こなすおじさまで、この人がいるだけで大相撲中継が華やぐのに…

3月の大阪場所では「正面解説『北の富士 勝昭』、向こう正面『舞の海 秀平』コンビ」が復活することを願います。 北の富士さん、お大事に

Img_0038


『今日の妻弁当:椎茸の肉詰め/ゆで卵のマヨネーズ焼き/ほうれん草のお浸し/プチトマト/ごはん/お漬物』

にわ子

2017年1月11日 (水)

最近見かけなくなった野良猫

こんにちは、にわ子です。

何年も家の前の路地を縄張りにしていたオスの野良猫を、ここ最近見かけません。

白黒のブチ模様の老猫で、よく前の路地の真ん中で香箱座りしており、自転車で横をすり抜けても、チラリとこちらを見るだけで平然としていました(なめられています、私)。 暗くなっても座っているので、気づかずに自転車で轢いてしまいそうになりヒヤリとしたことも…

Neko_2_2寒い晴れた朝には、南向きで陽が当たる我が家の塀やメールボックスの上で日向ぼっこしてる姿を見かけました。 メールボックスを泥だらけにするので「シッ!」と追っ払っても、危害を加えられる心配は無いと知っているようで、面倒くさそうに退きます。

同じ路地のご近所さんに、この猫をかわいがり餌を与える家があるので、よそへ行くとも思えず、また今のところ他の猫が前の路地をウロツク様子もありません。

どうしちゃったんだろう。 事故にでも遭ったんだろうか? 猫の年はわからないけれど、かなりの老猫に見えたし、どこかでひっそり死んでしまったのかもしれない。

最後に姿を見たのはいつだったのか…ご近所さんは今日も庭先に餌を置いていました。 

「シッ!」って追い払っていたけれど、路地に出る度にこの猫の姿を探してしまいます。

Img_0036_2


『今日の妻弁当:青椒肉絲/ギョウザ/ほうれん草の白和え/かまぼこ/プチトマト/のり・おかかごはん/お漬物』

にわ子

2017年1月10日 (火)

リサイクルショップで見つけた「ワイルドストロベリー」15cmプレート

こんにちは、にわ子です。

ちょっとずつ「断・捨・離」して行こうと決めてから、リサイクルショップには極力行かないようにしていましたが、先日リサイクルショップで買ってしまったものがあります。 

「ウェッジウッド ワイルドストロベリー 15㎝プレート x 2枚」

15_2

※2ヶ月前にもありましたね(笑)…過去の記事:  「○○は減税、補助金も!」の子ども店長グラス

先週近所のホームセンターで修理作業を依頼し、終了までの待ち時間が1時間ほどあったため、お店からすぐ近くのリサイクルショップで時間を潰すことにしました。 食器のコーナーを見ていると、「ワイスト」の15㎝プレートが5~6枚並んでいます。

15㎝はかなり小さく(パン皿サイズ?)、リサイクルショップではあまり見かけないような気がします。 値段を見ると1枚980円(税抜き)。 「リサイクル」との表示があるものの、とても綺麗な状態で使用感は全くありません。

Photo
家にはこの15㎝プレートが1枚だけあります。 おそらく息子が生まれる前に買い揃えた同シリーズの一つで、3.11の震災の時、食器棚の手前ギリギリに置いていた数枚が落ちて割れてしまい、一枚だけが残りました。 
一枚になると、本当に出番が無くなります。 小さな焼き菓子を乗せるのに丁度良いサイズですが、やはり人数分ないと使いにくい…

ツレ君に相談し、翌日買いに行きました。 ワイストの15㎝プレート x 2枚、わが家へようこそ。

この時は他にもワイストの何種類かのプレート、ティーカップや食卓小物も「リサイクル品」として一緒に売りに出されていました。 何点かのバックスタンプを見ると、どれも今回買ったプレートと同時期に作られたと思われる物で、状態も良かったことから元の持ち主は大事に保管していたのでしょう。

家のワイストは普段使いのため、金の縁取りがかすれて消えかかっていたり、表面に細かい傷が付いたりしていますが、この後も二人で一生使い続ける大切な食器です(ボーンチャイナは丈夫ですし)。 今回の購入は特別。 もう増やしません。 はい。

Img_0033


『今日の妻弁当:ピーマンの肉詰め/ほうれん草の白和え/ナムル/カボチャの煮物/赤ウィンナー/ごはん/お漬物』

にわ子

2017年1月 9日 (月)

スマホを「iPhone 7」に機種変更しました

こんにちは、にわ子です。

スマホを 「GALAXY J」 から「iPhone 7」 に機種変更しました。
色はピンクゴールドです。 ツレ君、いつも速やかに対応してくれてありがとう。 変更しないと、チケット発売日に「あなたの iPhone 置いて(会社に)行って。」になりかねないものね(笑)。

今までの GALAXY も気に入っていたし、久しぶりの iPhone に慣れるまでには時間がかかりそうですが、今度は夫婦で同機種のため何でも聞けそうで、その点は便利です。 画面も美しい~。

さて、昨日から愛用の Sony のデジカメからの画像が、上手く取り込めない不具合が続いています。 カメラ本体が故障してしまったのかなぁ。  「スマホがあるじゃない?」と言われそうですが…はい、それはそうなんですけどね。 

仕方なく、今日はスマホで試しに取った一枚です。

Img_0025_2

「成人の日」の今日はめずらしく休日出勤になりました。 お疲れ様です。

『今日の妻弁当:チキンカツの卵とじ/カボチャの煮物/ナムル/スパゲッティサラダ/昆布巻き/プチトマト/ごはん/お漬物/みかん』

にわ子

2017年1月 7日 (土)

チケット確保 2月文楽公演「曾根崎心中」「冥途の飛脚」

こんにちは、にわ子です。

昨日の「あぜくら会」の先行発売で、「希望する日程・席位置」が取れなかった文楽2月公演のチケットを、今日の一般発売で無事取ることができました。 会員用とは別に、一般発売用に各席種を確保してあるのが国立の良いところ。 あぜくら会員はチャンスが2回です。

2月文楽公演は
【第二部】曾根崎心中
【第三部】冥途の飛脚    を、週末に二部・三部と続けて観劇予定です。

第二部の「曾根崎心中」が人気で(まあ、そうですよね)、国立劇場チケットセンターの販売状況では土日はすでに残席無しの表示ですが、私が先に押さえたのは「冥途の飛脚」のほうです。 2008年の2月公演でのこの演目が私の初文楽でした。 その後も文楽はもとより歌舞伎で観ても、やはり引き込まれる演目です。 最初に観たのが人間関係が複雑な「時代物」だったら、その後文楽を見続けることは無かったかもしれません(笑)。 

今日はツレアイ君のスマホ(2016年の型)を借りて取ったのですが、全く問題なく繋がり、2件ともスムーズに購入完了。 最近チケット取りで苦戦していた私のスマホ(たぶん3年くらい前の型)は、ツレ君と同機種に換えてもらうことにしました。 それも数年で「遅い!」になるのでしょうけど。

明日からは大相撲初場所が始まります。 こちらも楽しみです。

にわ子

2017年1月 6日 (金)

「埼玉 名湯めぐり 2017」 埼玉新聞社

こんにちは、にわ子です。

購読している新聞の販売店から「埼玉 名湯めぐり 2017 / 埼玉新聞社」を貰いました。
ありがとうございます。

Dsc02688

この冊子は埼玉県内の日帰り温泉&スーパー銭湯 64スポットのクーポン付きで、定価210円(税込み)。 100円引きクーポン利用であれば、二人で2カ所回れば元が取れ、各温泉施設の最新の情報も載っている、利用次第ではお得な一冊だと思います。 

おもに「新聞販売店」や駅の「キオスク」 「NewDays」などに置いてあり、販売期間も2月の中旬くらいまでと短いそうなので、ご興味のある方はチェックしてみてください。 新聞を定期購読している販売店で扱っていれば、サービスで貰えそうな気もしますが…

クーポンの多くは有効期限が2017年8月31日(一部 3月31日、6月30日、7月15日等もあり)で、サービスの内容は、料金の割引やレンタルタオル無料、ドリンクサービスなどいろいろ。 また、利用可能人数も温泉施設によって違います(クーポンは最後のページにまとめて見開きで付いています)。

残念ながら、私達がよく利用する温泉施設はどこも「レンタルタオルセット無料サービス」でした。 この冊子を購入するような温泉好きな人達は、いつも「マイお風呂セット」持参だと思うので、正直不要なサービスです。 う~ん、料金割引クーポンが一番ありがたい。

ツレアイ君と私は、温泉というと、ドライブを兼ねて他県に行くことが多いのですが、今年は埼玉の新たな「お気に入り温泉」も探してみたいと思います。 

Dsc02681『今日の妻弁当:ナスの肉味噌炒め/ポテトとカリフラワーのサラダ/ミックスきのこのハーブ炒め/プチがんも/カニのウィンナー/ごはん/みかん』

やはりお弁当は「」「」「」が入らないと地味ですねぇ。

にわ子

追記:今日は「あぜくら会」の2月文楽公演のチケット発売開始日でした。 もちろんスタンバって10:00ジャストに「申し込む」をクリックしたのですが、希望日、席位置とも超限定していたため取れませんでした。(ノД`)
実は「取れた?!」と思うところまで進んだのですが、その後フリーズ…で、そのまま15分以上経過。 こういう時は仕方ありません。 
また明日一般発売日に再トライです。

「ボイルずわい4Lサイズ 1.3㎏」 静岡県焼津市

こんにちは、にわ子です。
 
静岡県焼津市より、ふるさと納税の返礼品として、「ボイルずわい4Lサイズ 1.3㎏」 が届きました。 
ありがとうございます!
Dsc02680_2
Dsc02686
カエルコールしてきたツレアイ君に届いたことを伝えると、「今晩食べたい。 解凍しておいて。」と言うので、届いた当日に半身分1個をすでに頂いちゃってます。 美味しい~。 
我が家ではなかなか出番のないカニスプーンが使えて良かった。
実は家には買ってから、一度も使ったことのない「貝スプーン」もあるのです。 小さいカニスプーンかと思っていたら、よく見たら真ん中のレリーフが「ばい貝」でした(笑)。 
「断・捨・離」実行中のはずなのに、貝スプーンはまだカトラリーの引き出しの中で眠っています。 「ばい貝」…まず近所のスーパーで見たことないし。(-_-;ウーン 
Dsc02678_2
『昨日の妻弁当:シュウマイ/ほうれん草のお浸し/ゆで卵のマヨネーズ焼き/厚切りハム/のり・おかかごはん/みかん』
にわ子

2017年1月 4日 (水)

久しぶりの「上野動物園」 と 寂しい「フラゴーラ」の閉店

こんにちは、にわ子です。

1月2日の「箱根駅伝往路応援」と皇居での「新年一般参賀」の間に、上野動物園に寄りました。 過去の記事:93回箱根駅伝「往路応援」と皇居「新年一般参賀」

交通アクセスも良く、「いつでも行ける」と思うと、なかなか行動に移さないものですね。 
「小学生以下」および「都内在住・在学の中学生」は5月5日にかぎらず無料、大人は一人600円と、とってもリーズナブルなレジャー施設です。
開園時刻の9:30頃は、チケット売り場はかなり混雑していましたが、園内は広いため、入園後はちょうど良い混み具合といったところ。 またこの日は来場者にミニカイロが配られました。

まずは表門を入ってすぐ右手の「ジャイアントパンダ」エリアへ。 実は前回来た時に初めてパンダを見たのですが、ほとんど動かず元気が無い様子で、しばらく後に死亡のニュースを知り、「あの時も具合が悪かったんだ…」と心に引っかかっていました。
歴代のパンダを見ると名前はリンリン。 死亡したのは2008年の4月30日。 えー、最後に行ってから9年近く経っているの?

Dsc02617現役パンダのリーリー(オス)とシンシン(メス)は元気そうです。 ムシャムシャ笹を食べていました。 また、今は色んな方向から見られるので、この日はよく見るための順番待ちもありませんでした。

改めて園内MAPを見ると、2時間半強の間に、かなりのエリアを回ってはいますが、ここで飼育されている動物はおよそ400種類とあまりにも数が多く、ちゃんと見たのはごくごく一部。 動物って、一度興味を引かれオリの前に立ち止まると、ず~っと動きを見続けてしまうため、数多くは見られません。 サル・カワウソ・プレーリードッグ…人気のハシビロコウ(確かに愛嬌のある姿です)。 みんなかわいい。

もっと暖かくなったら、「上野動物園散策アプリ」をダウンロードして、一人でも行ってみようかな。 

さて、動物園を後にして、上野駅に向かうと、「あ、無い!」
表門の斜向いにあった昭和レトロな「上野こども遊園地」の遊具が全て撤去され、廻りに黄色いテープが張り巡らされています。 「と、言うことは…『フラゴーラ』も無い!!!!」
「フラゴーラ」は同遊園地に併設されていたクレープ屋さんで、ソフトクリームの他、夏期はかき氷、冬期はクレープを販売していました。 安くてすごくボリュームのあるクレープで、定番の「チョコバナナ生クリーム \360」を食べるのを楽しみにしていたのに(一人で食べるには大きすぎるため、いつもツレアイ君と分け合って食べました。)…本当に残念です。(ノД`) 

上野公園の大規模な改修のために地主である東京都に立ち退きを求められ、8月末で営業を終了したとのこと。  知っていたら最後にもう一度食べに行きたかった。 そういえば、「パンダ焼き」の桜木亭も消えていました。 

遊園地周辺は、今年度中にオープンカフェのある広場へ整備される予定だそうです。 2020年の東京オリンピックは、いろいろな所で再開発を一気に押し進める良い口実なのでしょう。 世の流れですから仕方ありません。 知らない間にいろいろな物がひっそりと消えて行きます。

Dsc02677


さて、今日は仕事始めです。

『今日の妻弁当:シュウマイ/ほうれん草とウィンナーのソテー/具だくさん厚揚げと大根の煮物/ちくわロール/青菜ごはん/お漬物/みかん』

にわ子 

「初春歌舞伎公演 しらぬい譚」初日 国立劇場

こんにちは、にわ子です。

国立劇場の「初春歌舞伎公演 しらぬい譚(しらぬいものがたり)」初日を観てきました。
今回は花道外での観劇です。

Dsc02662_2
家を出るのが予定より30分ほど遅れ、半蔵門駅に着いたのが10時頃、鏡開きは二階正面の最前列で見ることができました。 中央は報道関係者で占められているため、そこそこ良い位置です。(^-^)

あらすじはチラシやネットで皆さんご存じかと、印象に残ったところだけ書きたいと思います。 公演プログラムを買っていないので、記憶違いや勘違いがあったらごめんなさい。

国立劇場恒例の音羽屋の初春歌舞伎公演、菊之助のちょっと近寄りがたいような美しい女形が好きで、楽しみにしていた演目です。 

発端の「若菜姫術譲りの場」は海中を泳ぎ回る魚群の光景から始まります。 物語が進むに連れ、菊之助は「(土蜘蛛の精に自分の生い立ちや仇敵菊地のことを知らされ、妖術を教わる)海女すずしろ」→「(菊地家に入り込む男装した若菜姫)七草四郎」→「(蜘蛛の妖術で菊地家への復習を謀る)若菜姫」へと姿を変えます。 

Dsc02672
今回の公演の目玉になっている、舞台下手から客席の上を斜めに飛ぶ「筋交い(すじかい)」の宙乗りは、意外に早く、二幕目奥庭の場の最後、定式幕が下手に引かれ暗くなったところで始まります。 尺八の音色にのって 一階花道近くのお客さんが思わず手を伸ばすほど低い位置で飛び始め、ゆっくりゆっくり、怪しげに「蜘蛛の糸」を放ちながら、斜め上に飛んで行きます。 壁にも蜘蛛の巣模様が映し出され、今まで観た宙乗りの中でも、印象に残る演出の一つでした。 二階席の方がよく見えそうです。

三幕目は、自らの命と引き換えに秋作(松縁)を救う乳母秋篠(時蔵)の忠義のひと幕…のはずなのですが、乳母秋篠が病気の秋作にまさかの愛の告白(笑)。 だって、自分のお乳を飲ませて育てた「わ子様」ですよ。 これにはびっくり。 秋作と乳兄弟の息子の制止も聞かず、秋作の許嫁輝葉(梅枝)を押しのけ、秋作に道ならぬ恋を語り迫る秋篠。 時蔵パパと息子梅枝が大いに笑わせてくれました。 結局は自分の生き血を秋作に飲ませることで蜘蛛の毒を解き、母の血を秋作に飲ませた事を息子の手柄にするための行為だったのですけどね。 時蔵・梅枝 親子がこの幕の美味しいところをみんな持って行きました。 ここで寝てはもったいないです。

四幕目の「錦天満宮鳥居前の場」では、本物?と思うような亀蔵さんのピコ太郎が観られます(芸能系の記事でも報じられていますね)。 裏切り者の大友刑部とノリノリのピコ太郎のギャップがすごい。 そういえば、何年か前に「戦場カメラマン」が登場したのも、音羽屋の初春歌舞伎公演でした(笑)。

菊之助の宙乗りは大詰でもありますが(今度は3階から舞台下手へ向かう)、特別な演出は無いようで、妖術で舞台の海を荒らし、波がうねります。 菊之助の妖術を破る菊五郎の「花形の鏡」がピカーっと光ると(←ライトだから)、客席からクスクスと笑い声。 

大詰では、少々大道具の転換に手間取っていた感がありますが、初日ですから今後もっともっと良くなるでしょう。 

最後は恒例の手ぬぐいまき。 花道から2階にも投げ入れてくれると、更に客席が沸きそうです。

先月の「忠臣蔵」と打って変わって、笑い所のたくさんあるお正月らしい歌舞伎公演でした。

にわ子

帰宅途中で駅伝復路の結果を見ました。
○大の選手たち、また来年頑張って。 ずっと応援します!

2017年1月 3日 (火)

第93回箱根駅伝「往路応援」と皇居「新年一般参賀」

こんにちは、にわ子です。

1月2日といえば、そう、お正月の風物詩「箱根駅伝」と皇居での「新年一般参賀」です。

Dsc02656
以前は何とな~く見ていた箱根駅伝(田舎の父が駅伝好きでいつもTV観戦していた)ですが、7年前に初めてツレアイ君と沿道で応援して以来、行く気力がある年は、沿道で旗を振って応援しています。 今はビニール製の読売新聞の小旗も、7年前は旗部分が布製でした。

私達の応援場所は品川駅周辺で、だいたいスタートして待つこと15~20分で選手達が走って来ます。 先導車に続いて選手の姿が見えると 「がんばれ~!!!」、旗を振る振る振る振る。 まだそんなに差が開く地点ではないので、彼らが目の前を通り過ぎるのはほんの数秒。 その数秒のために朝6時半に家を出て応援に向かうのですから、やはりあの旗振りには何かの魔力があるのです(笑)。 今回の往路は応援している大学はちょっと厳しい結果となりました。 復路での巻き返しに期待します。

その後、皇居に・・・と行きたいところですが、新年一般参賀は遅い時間の方が空いているため、今回は久しぶりに上野動物園に行きました(例年ですと、同じ上野の東京国立博物館に寄ります)。 動物園の話はまた後日。

お昼を過ぎ、朝から歩き回って疲れもあったため、一般参賀に行こうかどうしようか迷いましたが、昨今の生前退位問題で今上天皇のお姿を拝見できるのもそう何度もないかもしれないと思い、行くことにしました。 東京駅から皇居前広場まで行く途中、ここでも「旗」、「日の丸の旗」が配られます。 配布しているのは「一般社団法人国旗協会」の方々。 ウィキによりますと「国を象徴する国旗の正しい理解と普及を目的に掲げられている法人。 元内閣府所管」とのこと。 なるほど。 皆思い思いにデカい旗を持参されても困るものね。 旗の配布だけでなく、 参賀の後ポイ捨てされることが無いよう、不要な旗の回収もしています。

Dsc02650ギリギリ13:30分の回に滑り込めるかも、との予想は外れ、宮殿東庭入り口の皇居正門前で止められて、結局14:20分からの最終回になりました。

参賀会場に入って待つこと40分、長和殿ベランダに天皇陛下を始め皇族方のお出ましです。 わーわーわー。 皆が旗を振る振る振る振る。 もう今となっては陛下が何をおっしゃったのかも覚えていません。 お言葉が終わると、また皆が旗を振る振る振る振る。 で・・・終わりなのですが、周りの皆さんも「来てよかったね~」と満足そうでした。

かなりクタクタでしたが、最後に、東京駅に向かう途中、日本郵政「kitte」に寄り、偶然披露されていた獅子舞の獅子にアタマを噛んでもらう幸運に恵まれました! 2017年は充実した良い年になるかしら~?

にわ子

2017年1月 2日 (月)

3世帯でおせちを囲む元旦

新年あけましておめでとうございます。 にわ子です。
本年も、どうぞよろしくお願い致します。

ぽかぽかした晴天の、気持ちのよい元旦を迎えました。

我が家では元日の朝は義父母のところへ新年の挨拶に行き、そのまま同じく挨拶に訪れたツレアイ君の弟家族と一緒に、義父母宅でおせち料理をご馳走になるのが恒例となっています。 

Dsc02601_2

嫁のにわ子はほんの気持ちだけのお手伝いで、毎年「から揚げ」と、食後の「デザート」を用意します。 <(_ _)>スミマセン 

お昼頃まで、皆でゆっくり食事をしながら、お義父さんの趣味の写真の話を聞いたり、義弟夫婦から子ども達のこの一年の様子を聞いたり、私たちは2016年の旅の写真をTV画面に映したりして、互いの近況を報告し合います。 

小一時間もすると、息子はそろそろ飽きてきた小中学生のいとこ達を誘い、別室でカードゲームで盛り上がっていました。

私たちの世代は、おじいちゃん、おばあちゃんが生活に余裕がある家庭も多く、以前勤めていた職場の同僚と話していても、孫を預かってくれることはもちろん、一緒の旅行では費用を負担してくれたり、孫の習い事や学費の面でも補助をしてくれるなど、助けられる事が結構あるようで、私達も双方の両親には、これまでいろいろな面で助けてもらっています。

いつか息子が家庭を持ったとして、自分たちが同じように出来るかというと・・・難しいかな。 まずは自分たちが子どもの世話にならずに生活出来るよう備えねばなりません。

それはさておき、毎年の祖父母宅での大勢でおせちを囲む元旦は、20年30年経ったのちも、孫達にとって楽しい幸せな思い出になるでしょう。 そして一年ぶりに会う甥っ子姪っ子の成長ぶりに驚きました! いやー、若いってすごいなあ。

2017年も、皆変わりなく穏やかなお正月を迎えられたことに感謝します。

にわ子

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »