« 伊万里のいちご「さがほのか」 4パック 佐賀県伊万里市 ( いまりし) | トップページ | 週末は伊豆へ ② 南伊豆町「みなみの桜と菜の花まつり」~稲取温泉 »

2017年2月20日 (月)

週末は伊豆へ ① 伊豆の国市「韮山反射炉」~西伊豆町

こんにちは、にわ子です。

先週金曜日~日曜にかけて、夫婦で伊豆に行ってきました。 昨年も2月に行っています。 そう、河津桜の季節だからです。

1日目の金曜日は残念ながら曇り時々雨の空模様でした。

Img_0092

最初に訪れたのは静岡県の国市の「韮山反射炉(にらやまはんしゃろ)」。 実際に大砲を鋳造した反射炉として現存する国内唯一の施設(国指定史跡)で、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。 

新しく立派なガイダンスセンターが併設されていて、年表や韮山反射炉の時代を追った写真、大きなスクリーンで操業当時の鋳造の様子を迫力のある映像で見ることができます。 こちらを通って反射炉へ。

揃いの蛍光グリーンのジャンパーを着たガイドさん達が、無料で反射炉の案内・説明をしてくれます。 私達を案内してくれたガイドさんは、製鉄技術で産業を支えた「韮山反射炉」と、幕末期に反射炉建設に尽力した藩の官僚「江川英龍(ひでたつ)」を誇りに思う気持ちにあふれていました。 見学料金は現在大人300円ですが、4月からは500円に値上げされます(一気に200円アップとは…)。 重要な「明治日本の産業革命遺産」23資産の一つとして、見る価値アリだと思います。 熱い反射炉にどんな防備で近づいたかなど、楽しく分かり易く説明してくれますので、ぜひガイドさん付きでどうぞ。

その後、一路西伊豆町へ向かいます。

西伊豆町はふるさと納税で藤文の「ふるさと干物セット」(過去の記事) を頂きました。 別便で送ってくださった2017年版 西伊豆町カレンダー(過去の記事)で知った名物の夕日が見たかったのですが、この日は残念ながら雨。 堂ヶ島の遊覧船も欠航で、それどころか傘もさせないほど風が強くなってきました。 でも、せっかくなので、町営の温泉「せせらぎの湯」に入りに行くことに… 町外の人は大人600円。 こぢんまりした温泉で、行ったときには貸し切り状態だったので、誰もいない浴室をパチリ。 露天風呂は4人くらいまでなら丁度良い広さです。 洗い場は6カ所。 最近「男はつらいよ」を見続けているので、ちょっとした「寅さん」気分を楽しめました(笑)。 鳥がさえずり、のんびりしています。

Photo_3

伊豆1日目についてはこんなところで。

Dsc04504


『木曜日の妻弁当:豚肉の生姜焼き/ほうれん草のソテー/にんじんしりしり/かまぼこ/赤ウィンナーのチューリップ/たくあん/ごはん』

にわ子

« 伊万里のいちご「さがほのか」 4パック 佐賀県伊万里市 ( いまりし) | トップページ | 週末は伊豆へ ② 南伊豆町「みなみの桜と菜の花まつり」~稲取温泉 »

旅行・温泉・お出かけ」カテゴリの記事