« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月30日 (日)

温泉用メガネを作りました (ーo_oー)

こんにちは、にわ子です。

ツレアイ君に勧められて、「温泉用メガネ」を作りました。
「プラスチックのフレーム」プラス「度付きレンズ」で5,400円(税込み)です。

O_o
今普段使いにしているメガネは2本ともフレームが細目のワイヤーで、価格も20,000円前後だったと思うので5,400円で作れるなんて感激!

何度も書いているように、私は露天風呂が大好きで、特にお風呂からの眺望が良い温泉に行ったときは、裸眼では景色がぼやけてよく見えず、残念な思いをすることがしばしば。
メガネを掛けて入ったこともあるのですが、普段掛けて入らないものだから、洗髪した後うっかり洗い場におき忘れ、着替え終えてから浴室に取りに戻ったこともあります。
また、温泉成分によるレンズのコーティングへの影響も心配です。

今回は「温泉用」なので、最初からプラスチックフレームを選び(色はグレー、もちろん温泉でも極力お湯にはつけません)、「遠くが見えればいい」くらいの気持ちで作ったメガネなのに、予想以上に掛け心地が快適で、目の最新の状態に合わせてあるため、数年前に作った他の2本に比べ視力矯正もバッチリです。
最初抵抗があった「プラスチックフレーム」も、シンプルなオーバル形といい、カジュアルな感じといい「堅そう」に見える私をカバーしてくれそうです。

とても気に入ったので、当分普段使いとしても愛用したいと思います。
ただし、手元は見えないレンズです。(他の2本はゆるい遠近両用)(笑)。

この値段なら、何本でも欲しくなっちゃいますね。(^-^*)

にわ子

2017年7月29日 (土)

「1つのボウルでできるお菓子」/ヴィクトリアンケーキ

こんにちは、にわ子です。

冷蔵庫に賞味期限が近い無塩バターがあったので、久しぶりにお菓子を焼くことにしました。

クッキー?パウンドケーキ?ナッツや生クリーム、チョコレートなどの買い置きも無いので、私のお気に入りの「1つのボウルでできるお菓子/大原照子(おおはらしょうこ)」からトラディショナルなバターケーキの「ヴィクトリアンケーキ」をチョイス。
とりあえず、今手元にある材料でいきましょう。
テフロン加工のエンゼル型で、敷紙不要なのもうれしい(ウチの型はどれも古いため、ほとんどに敷紙が必用)。

Photo
Dsc00145ちょうど先日「道の駅田園プラザかわば」で買ってきたブルーベリーでジャムも作ってあります。

焼き上がりまでもうちょっと。あり?真ん中がやけに凹んで縮んじゃっている感じ。 (ノ_・。) お菓子も作るのに期間が空くと、どんどんカンが鈍り生地がうまく作れなくなっちゃって…ケーキは昨年の12月以来です。 

そして焼き上がり~。型ごとひっくり返して網に乗せ、あら熱を取り型を持ち上げるとスルリと抜けました。

それにしても、お菓子を焼いているとキッチンに甘い香りが満ちて、それだけで幸せな気持ちになります。冷えてからカットしたりジャムを挟んだりするので完成は午後です。不格好になりそうですが、後で画像を載せますね。

Dsc00146


------------------------------------------

さて、外出から戻って仕上げです。
ブルーベリージャムは砂糖控えめに作ったので、たっぷり塗っても大丈夫。

しばらく落ち着かせて、ツレアイ君とひときれずつ味見を。







Dsc00148
うん、ブルーベリーの酸味が夏っぽい。バターケーキ生地にボソボソそ感はありますが、出来たてはこんなもの(笑)。
そしてやはり底が凹んでいる…うっかり飛ばしちゃった工程もあるし、次回は気をつけよう。

明日にはもっとバターが馴染んでしっとり美味しくなるはずです。
暑い時期なのと、砂糖少なめのジャムを使っているため、冷蔵保存で早めに食べなくちゃ。

あ~何だかもっと作りたくなってしまいました。
イカン、イカン!砂糖とバターと小麦粉であっという間にプラス3キロになってしまう( ̄□ ̄;)!!

ときどきね。ときどき作る程度にしておかないとね。

にわ子

2017年7月26日 (水)

快復しました(o^-^o) / 体調不良 夏風邪?4日目

こんにちは、にわ子です。

今朝まで37度代の熱が続いたものの、もう大丈夫そうです。

まだ少し頭痛はありますが、薬は朝の8時に飲んだきりで、今(21:33)の熱は36度9分。

「医者には行かない!」と言い張りましたが、脳が腫れて痛いのかな…と不安な気持ちもありました。今日も熱が続くようなら受診したと思います。

原因は何だったんだろう。「疲れ?」ナイナイ。扇風機を体に向けて付けっぱなしで寝てるからかな?いずれにせよ3日間夜も昼も寝たり起きたりを繰り返したせいで曜日の感覚が狂って、もう金曜日の気分です。あまり食べていないので、階段を上るのがツラ~イ。分りますよね。脚の異様な疲労感(笑)。

にわ子

2017年7月25日 (火)

体調不良(-_- ) 夏風邪?3日目

Photo
こんにちは、にわ子です。

ふだん熱が出てもたいてい1日で下がるのですが、今回の熱はなかなかしぶとい!

水まくらや保冷剤であちこち冷やしているんですけどね。

昨日の夕方には40度になり(ここまで上がるのは何年ぶりだろう)、また薬で抑えて「もう大丈夫かな~」の期待もむなしく、今日の午後3時頃にはまた39度3分に上がってしまいました。
でも頭痛も腰痛も昨日よりはマシ…

おもしろいもので、同じ室温でも、体温が異常に高い時は寒気がして毛布を引っ張り出し、薬で平熱まで下がると暑くて汗がダラダラでます。

治りが遅いのも老化?

にわ子

2017年7月24日 (月)

体調不良(-_- ) 夏風邪?

こんにちは、にわ子です。

昨日から頭痛・腰痛が続いていたため、昨晩は「ロキソニン」を飲んでやすみました。

薬のおかげで痛みは楽になったものの、夜中に寒気を感じてあまり眠れず、朝になって頭痛・腰痛がぶり返してきたので熱を測ると39.1度。もうダルダルです。

Photo_2

再度ロキソニンを飲んで、痛みと熱を押さえていますが、34度の室内にいても全然熱くないし(これを書いている間に写真より室温が更に上昇)、むしろ鳥肌がたっている。

さっき洗濯をしたのですが、洗濯物を干す時、両腕を肩より上に上げる動作をすると、まるで腕が筋肉痛でもあるかのように感じ、辛くて辛くて仕方がありません。

いや~、久しぶりの発熱と怠さです。
夏風邪かもしれませんね。今日は一日休養です。←「ずっと休養だろうが!!」というツッコミはなしね。

にわ子

2017年7月22日 (土)

群馬県沼田市 沼田城址~田園プラザかわば~望郷の湯

こんにちは、にわ子です。

昨日は所用で外出していたのですが、初めてのビルでエレベーターを降り外に出ようとしたとたんガラスに激突。額と右膝を強打し、痛いやら恥ずかしいやらで散々でした。(T-T) ガラス…見えなかったわよっ、もうっっ!!

さて、今日はかねてから行こう行こうと話していた、群馬県沼田市白沢の「望郷の湯」に行くことにしました。

朝5時7分に出発です。

----------------------------------

7時5分過ぎ、沼田城址公園に到着~。ちょっと朝の散歩をしてきます。

PhotoPhoto_2

沼田は日光からの帰り道なのでよく寄りますが、沼田城址公園」に来たのは3度目です。
河岸段丘の台地から利根川と薄根川両岸の低い土地を見下ろし、遠くの山々を眺めていると、真田信幸(のちに信之)と小松姫もこの場所に立ち、同じ景色を眺めていたのだと感慨深い気持ちになり、ここで生活していた彼らの存在を近くに感じます。

公園内のあちこちにゲームのキャラクターらしきパネルが設置されていました。若者受けするのでしょうが、オバサンにはちょっとね~(笑)。


公園から「道の駅田園プラザかわば」に移動します。
いつもは「ファーマーズマーケット」で野菜を買ってすぐに帰るのですが、今日はツレアイ君が「ブルーベリーが無料で摘み取りOKで食べ放題だから寄っていこう」と誘います。「え~?無料はないでしょう…」 が、本当に無料でした!

Photo_3

「田園プラザかわば」内の「ブルーベリー公園」でブルーベリー摘み取り無料体験ができるのです(案内はコチラ)。新鮮なブルーベリーの実がその場で味わえる体験イベント。うーん、なんて太っ腹。手続きなどは全く不要で、園内裏手斜面のブルーベリー畑に誰でも歩いて行って、摘んで食べられます。※持ち出しは禁止
私はかなりの量食べたと思います。朝イチで行けたのもラッキーでした。再来週も寄る予定ですが、ブルーベリーはぞくぞくと育ち色づく様子なので、その時もきっと味わえるでしょう。
「ファーマーズマーケット」でも自宅用、お土産用、ジャム用にと大粒のブルーベリーを沢山買いました。

----------------------------------

Photo_4

今日の一番の目的「望郷の湯」(HPはコチラ)に到着したのは10時40分くらい。
滞在時間によって料金が違うので、私達は2時間コースにしました(560円)。口コミによると特にスキーシーズンなどは激混みとのことですが、今日は空いていたらしく、内湯・露天合わせて私一人しかいない時間がありました(今日は女性は「洋(なみ)の湯」 )。11:30を過ぎると少し混み始め、それでも最高で10人程度。
泉質はアルカリ性単純温泉で無色無臭ですがぬるぬる・ツルツルするお湯です。お湯加減が丁度良く、露天風呂・ジャグジー・内風呂・サウナ・水風呂と全部入って満足。また、露天風呂に洗い場があるのが珍しく、日向に長くいたせいで鼻の頭が日焼けしてしまいました。(ToT)

建物全体が綺麗で、休憩所も広くて静か。混む時期・時間帯を避けて、ぜひまた利用したいと思います。

にわ子

2017年7月21日 (金)

岡山白桃【約1kg】 岡山県岡山市

Photo

こんにちは、にわ子です。

岡山県岡山市よりふるさと納税の返礼品、『岡山白桃【約1kg】』 が届きました
ありがとうございます。桃を頂いたのは昨年に続いて二度目です。

岡山白桃は本当に香りが良く、食べ頃を確認しようと軽く手のひらに載せただけで、特有の甘く芳醇な香りが手に残ります。

色白の桃を見ると「岡山県産かな」って思ってしまいますよね。

Photo_4

岡山市といえば私達は3年前、2014年の9月に訪れました。 岡山城を案内してくれたボランティアガイドさんが、その日の午前中に訪れた備中高松城跡や、備中松山城のガイドも兼任されていて、とても話がはずんだのが懐かしく思い出されます。

後楽園を散策していると、いい感じに岡山城の頭が覗きます。

Photo_3
岡山では宿泊せず、県内でも温泉に入らなかったのが心残り…(すべての都道府県をまわる&その地の温泉に入るが目標!)。また岡山市を訪れる機会がありましたら、今度はぜひ吉備津神社へ参拝に行きたい思います。

Photo_5


さてさて、数日たってちょうど「食べ頃」。皮をゆっくり手で剥がして櫛形にカット。

甘くてみずみずしい!贅沢なデザートです。

にわ子

2017年7月20日 (木)

MOS Access 2010 に合格しました

Dsc00071
こんにちは、にわ子です。

私にとってMicrosoft Office で勉強した最後のソフト、Access 2010 のMOS試験に合格しました。いや~、終わった~。

先々週、ツレアイ君が私のパソにOffice の Professional 2010を入れてくれたのでAccessの操作が可能になり、当日FOM出版の「よくわかるマスター Access 2010 対策テキスト&問題集」を買って、翌々日には9日後(7/20)に受験できるよう試験を申し込みました。期限をきらないと、いつまでもダラダラ勉強を続けることになり返って辛いので…

私は「対策テキスト&問題集」の問題を見るまで、試験で「構築」や「設計」、「VBA」などが問われるのかとビビっていましたが、Accessの試験で問われるのは操作です。取得したいと思われている方達でも、ホーム用のパソコンにはなかなかソフトが入っていないため諦めてしまうケースが多いのでしょう。

今回私はFOMの「Access 2010 基礎」テキストを勉強し、「応用」には手をつけず、足りない知識は「対策テキスト&問題集」で補いました。
CD-ROMを使った模擬試験は、第1回~第4回まではうっかりが無ければほぼ全問正解。第5回に一通り目を通したところで受験になりました。合格はしたものの、点数は目標よりグーンと低く自分自身にガッカリ。
確かに解けない問題もありましたが(苦し紛れの回答をしました)、問われていることに正解を返せなかったということで、理解不足を反省。今後Accessを実務で操作する機会があったら「応用」編もちゃんと勉強し直したいと思います。

MOS 2010 の「Word」「Excel Expert」「PowerPoint」「Access」の4試験の中で、私が一番難しく感じたのは「Excel Expert」でした。

「合格おめでとう & MOS試験終了お疲れ様」会をしてくれるそうなので、今日の夕飯は私のリクエストで「回転ずし」です。
安上がりでいいでしょう(笑)。

にわ子

MOS PowerPoint 2010 に合格しました

MOS Excel 2010 エキスパートレベルに合格しました

MOS Word 2010 に合格しました

2017年7月17日 (月)

連休は鬼怒川温泉へ② 日光江戸村~鬼怒川温泉

こんにちは、にわ子です。

やって来ました、前から行きたい行きたいと思っていた『EDO WONDER LAND 日光江戸村』 。

9:00丁度に「開門、かいも~ん!」と短い「開門の義」があります。皆ゆるゆる進むのかな~と思っていたら、結構ダッシュする人たちがいる。何事?どうらや子どもの「江戸職業体験」申込のようでした。他にも「変身処」で江戸村での一日を「武家娘」「侍」「女剣士」などに変身して楽しみたい人たちは、好みのスタイルを選んだり、着替えにも時間がかかるのでそりゃあ急ぎますよね。

Photo_2

2
街道を進み「両国橋」を渡るとそこは「商屋街」。商人たちがお店を開ける準備をしています。ちょっと引き返して左手に進むとそこは「忍者の里」、ときおり「きゃぁ~~~っっ!!」と悲鳴が聞こえるのは、忍者が通りかかった人を驚かせているのでしょう(笑)。

ここでは劇場でお芝居やショーがたくさん催されています。おー、私たちはこっちね。

まずは「大忍者劇場(約25分)」から。暗い中、忍者たちの死闘が繰り広げられます。素早い動きと殺陣に「リアルでもこんなに早いんだ」と圧倒されました。

「両国座(約30分)」
でのお笑い人情芝居、中村獅童似のお坊さんが良かったです。

「若松屋の花魁ショー(約30分)」
お客さんを「お大尽さま」に仕立て、お芝居に加わってもらうショーで、「カンペ」棒読みの「お大尽さま」の反応にみな大うけです。

「南町奉行所(約30分)」
お白州での大岡(大岡越前)裁きのお芝居で、役者の芝居の後こちらもお客さんにお奉行様になってもらい同じ芝居をするのですが、同じく大うけ。北町奉行「遠山の金さん」バージョンもあるそうです。もしかして月替わりの当番制(笑)?

最後に観たのが「水芸座の水芸(約20分)」よく伝統芸能でありますよね。湯のみや扇子の先から水がピューっと出る芸。 「進行役兼笑わせ役」の頭巾の前から噴き出した水が、前方のお客さんに降りかかり、お客さんはきゃーきゃーと大喜び。最後のいっせいに水が吹き上がる舞台はとても華やかでした。

そして、江戸時代の芝居につきものの「おひねり」。どこの小屋でも10センチ四方の薄紙が配られ、「出し物がよかったら、最後に投げてくださいね~」とのこと、私も「忍者」と「人情芝居」は席が前だったので投げましたよー♡ それぞれ100円ですが。「おひねり」が舞うと、舞台が盛り上がって楽しさが増します。

Photo他にも見て回ったものはたくさんあるのですが、中でも強烈だったのが「忍者怪怪亭」。トリッキーな忍者屋敷で、なぜか体が後方の壁に吸い寄せられ、平衡感覚がおかしくなります。タネを明かせば、部屋が斜めに傾いていて、部屋の様子は床と平行に作られているため、見えない力に惑わされる…大のおとなが皆「あ~っっ!なんだこの部屋はぁぁ!!と情けない声を上げる。
階段を2階に上がり、もうすぐ出口という通路の正面に大きな鏡がおいてあり、「さあ、修行の成果を見せるのじゃ」…そこまで走って来いって?もう平衡感覚おかしくて、おまけに笑いがこみ上げてとても走れません。いやー、このアトラクションは必見です。


江戸村の町や建物は本当によくできています。すぐ後ろが山なので、立派な武家屋敷、怪しげな忍者屋敷ほか町並みが風景に良く溶け込み、本当に江戸時代のよう。
通りでは例の「職業体験忍者修行中」の子どもたちが走り回り、「ミニ岡っ引き」たちが盗人を取り囲んでまさにお縄に掛けるところ。皆すごく楽しそう(ちゃんと忍者や岡っ引きの格好をしています)。
江戸時代の衣装で楽しんでいるお客さん達も、江戸村の演出に一役買っていますね。

入場料大人4,700円とお高めですが、かなり人件費がかかる施設ですのでしかたないでしょう(いろいろクーポンもでていますし)。
一度は行ってみて損は無いと思います。楽しいですよ~。

Photo_3さて、今回私たちが泊ったのは「鬼怒川公園駅」近くの健保の保養施設です。源泉かけ流し温泉ではありませんが、露天風呂が気持ちよく、くつろいで過ごすことができました。

帰路の途中、鬼怒川の写真を撮ろうと「くろがね橋(吊り橋」)から、「鬼怒川温泉駅」方面へカメラを向けると、川の左手にボロボロになったホテル群が目に飛び込んできます。

私:「あれって…」 ツレアイ君「ああ、廃墟になったホテルだよ。取り壊しもされない」

会社の慰安旅行のような団体旅行も減り、もっと遠くへ安価でいけるようになった今、当然と言えば当然ですが、取り壊しもされず放置されたホテル群は、衰退の象徴のように感じました。川を挟んで立つきらびやかな「あさやホテル」(産業再生機構などによるリニューアル)とのギャップがすさまじい…

さて、最後に「観光ホテルのお料理」っぽい今回の保養所の夕食です。土鍋の中はウナギ、卵とじにして頂きます。このあとも、天ぷら、椀物、デザートなどが運ばれてきました。食べきれないほど並ぶのが、昔からの観光ホテルの食事ですね(笑)。このスタイル、久し振りだったのでパチリです。

Dsc00045_li

次のお出かけは来月。またまた那須になりそうです。

にわ子

2017年7月15日 (土)

連休は鬼怒川温泉へ① 幸乃湯温泉(お・も・て・那須手形)

こんにちは、にわ子です。

連休は栃木県日光市の鬼怒川で過ごします。
日光市というといつも奥日光に行ってしまうので、鬼怒川に泊まるのは初めて。

Img_0539


まずはお・も・て・那須手形 2016」を使って3つめの温泉施設「大正村 幸乃湯温泉」に来ました。 (幸乃湯HPの温泉案内はコチラ

受付で「手形」にチェックを入れてもらい、露天風呂へ向かうのですが、あちこちに大きな彫刻や天狗の面などのオブジェがあり(コンセプトが不明…)、伊勢ヶ浜部屋の力士達や芸能人・有名人が訪れた時の記念写真が飾ってあります。

通路の仕切りから覗く食堂は畳敷きにテーブル・椅子。T字ワイヤースタンドの座席番号がなんとも…

Photo

土曜日なので、私は 「綱の湯(立ち湯)」 「茅葺屋根の湯」   「十和田石の内湯」を利用しました。
「綱の湯(立ち湯)」 は深くてぬるめでプールみたいなお風呂です。源泉掛け流しのとても良い泉質で、肌はつるつる。ツレアイ君も「温泉は良かったよ~」と満足そうでした。

Dsc00012
その後、那珂川の支流「木の俣渓谷と木の俣園地」で、川遊びができる遊歩道を散策し、清流に手を入れたり、「巨岩吊橋」を渡りに行ったりと、けっこうな距離をあるき、夕方には日光市の景勝地「龍王峡」にも寄ったのですが、龍王峡駅前の駐車場からジグザクの石段を降り、五龍王神社に着いたところで私は両脚がつって(T△T)、痛みで歩けなくなってしまいました。
木の俣川沿い散策後で、脚の疲労がピークです。

暫くしてようやく歩けるようになったので車に戻り、「晴れた日の昼間にまた来よう」ということで、今日の活動はおしまい。

明日に備えて早めに休みます。明日は「日光江戸村」!わーい!

にわ子

2017年7月 9日 (日)

さくらんぼ「紅秀峰」1.0kgバラ詰(500g×2パック) 山形県河北町

こんにちは、にわ子です。

山形県西村山郡河北町よりふるさと納税の返礼品として、
平成29年産さくらんぼ(紅秀峰)1.0kgバラ詰(500g×2パック)』を頂きました。
ありがとうございます。m(_ _)m

河北町は町村ではさくらんぼの生産量日本一だそうです。

Photo
申し込みのページを確認したかったのですが、ツレアイ君は今年2月に申し込んでいたようで、「ふるさとチョイス」の件のページにはたどり着けませんでした。こちらも【先行予約】品ですね(笑)。

2

前から食べてみたいと思っていた『紅秀峰(べにしゅうほう)』、今回頂いたお品は、大きいものは横幅(楕円形の実の長い方)が3センチ以上ありました。ツヤツヤピカピカで、実が大きく肉厚なため食べ応えがあり、酸味が少なくと~~~っても甘いです。


来年も「紅秀峰」はリピート確定です。

姉妹B、来年は「紅秀峰」よ。本当におすすめだから。

にわ子

2017年7月 8日 (土)

夏の贈り物の定番、ゼリーがいっぱいです!

こんにちは、にわ子です。

なんと私に「お中元」が届きました。 ツレアイ君からです。

じゃーん、ゼリーと焼き菓子の詰め合わせ」。カードのポイントの使い道に迷ってのようですが、何はともあれ「熨斗(のし)付き(笑)でもらうなんて初めてでとても嬉しい!ありがとう。

Photo
そして夕方お義母から「食べてね」とこちらもお中元のお裾分け、じゃーん、またまたゼリーです。

Dsc00026_2

Photo_2

おまけにツレ君から「会社で貰ったからたべていいよ」ともう一つ。

ゼリーがいっぱいです♡ 子どもの頃なら姉妹ABと奪い合ったでしょう(笑)。そして必ず私が一番多く取り「にわ子の欲張りっ!!」と二人から責められる。

「平等に」「他の人のことも考えて」と言いますが、子どもの頃の「われ先に」は生き抜くための本能がさせているのだと思います(←ここで姉妹ABからの非難がごうごう)。

息子は一人っ子なので、「すべて自分のもの」で育ちました。

兄弟間の奪い合いの厳しさと楽しさを知らないのが、ちょっと可愛そうね。

にわ子

2017年7月 7日 (金)

庄内砂丘メロンセット(3種類 5玉) 山形県鶴岡市

こんにちは、にわ子です。

ふるさと納税記事ばっかりで恐縮なのですが、一昨日また届きました~!

山形県鶴岡市より、『庄内砂丘メロンセット(3種類 5玉)』を頂きました。

Photo_3
ありがとうございます。 ツレアイ君から「メロンが届くよ」とは聞いていたのですが、まさか5玉も入っているとは…というより先に箱重っ!! 開封前に重さを量ると8.8キロあります。ダンボールと中の保護用の紙を合わせても800gにはならないでしょう。8キロ越えのメロン…

ブログに書こうと思って、ふるさとチョイスのページを見ると(すみません、すべてツレアイ君手配のため、私は届いてからやっと返礼品の紹介ページを見ることが多くて…)、

アンデスメロン(青肉) 2玉(サイズ3L)
鶴姫メロン(青肉) 1玉(サイズ3L)
鶴姫レッドメロン(赤肉) 2玉(サイズ3L)  計5玉

3Lは約1.2キロとなります。   
とのこと。

え?もっと重いよね?と思い計って見ました。すでに2玉義父母にあげたので、残った3個をキッチンスケールに乗せると、下記の結果に。

Photo_2
そういえば、ツレ君が「今年は大きいって」って話してたわね。

返礼品でメロンを頂いたのは初めてです。いいものをチョイスしてくれました。
食べころは明後日くらいからです。待ち遠しい!じゅるる~。



さて、鶴岡市には2015年、6月13日~14日にかけて訪れています。

_li_2
加茂水族館 クラゲドリーム館:13日は土曜日だったので親子連れでいっぱい。優雅に漂うクラゲの説明板には「毒」「猛毒」の文字が… 「猛毒」クラゲをもっと調べてからまた行きたい。ゆっくりじっくり見たいので、今度は平日に行きます。

あつみ温泉:「たちばなや」は露天風呂のまわりに可愛い赤い金魚が泳いでいました。静かで、くつろげて良かった~。

国宝 羽黒山五重塔: 森の中にポツンと立つ五重塔が室町時代から雷による焼失や取り壊しに合わず残っていることに感動しました。ちょうどライトアップ点灯式の日で、夕方山伏さん達と一緒に五重塔まで歩き、祈祷と点灯式の後はヴァイオリンと尺八の奉納演奏も聴かせて頂いてとても良い記念になりました。

羽黒山『三神合祭殿』:翌朝は随神門からの参道を歩いて「三神合祭殿」を参拝。香川の「こんぴらさん」や「山寺」立石寺の石段もハードでしたが、こちらは何と言っても森の中を小鳥のさえずりを聞きながら歩くのが気持ちよく、「帰りはバスで」を予定していたのに結局往復歩きました。随神門に戻るまでの最後の登りは脚に堪えます(笑)。

と、鶴岡市は海あり山あり、歴史と神秘の地でした。

にわ子

2017年7月 6日 (木)

鹿児島県大隅産特大うなぎの蒲焼き×2尾  垂水市 (たるみずし)

こんにちは、にわ子です。

2日(日曜日)に、鹿児島県 垂水市 (たるみずし) より、ふるさと納税の返礼品
『鹿児島県大隅産特大うなぎの蒲焼き×2尾 』が届きました。

ありがとうございます。昨年12月に引き続き、半年でリピートでの申込です。

Photo

今回のうなぎは更に肉厚でボリュームたっぷり。大きいので山椒付きタレも4個つき。
次に息子が帰ってきたときに一緒に頂きます。

温めるだけなのにすごいご馳走~!主婦には嬉しい一品です。

にわ子

2017年7月 4日 (火)

山形産さくらんぼ佐藤錦500g×2バラ詰 山形市

こんにちは、にわ子です。

アップするのが遅れましたが、6月22日に山形県山形市より、
ふるさと納税の返礼品 『山形産さくらんぼ佐藤錦500g×2バラ詰』 が届きました。
”初夏の味覚”をありがとうございます!好きなだけ食べられる幸せ。

Dsc00008

Img_7113

昨年2016年は同じ山形県の天童市から佐藤錦を頂きました。山形市のさくらんぼは、2016年の最後のふるさと納税分で、予約をしたのは12月の半ばころ。「もう予約が出ているの?ずいぶん早いのね」と笑いながら話していましたが、いかんせん山形県はさくらんぼ激戦地ですからね(笑)。
今年はこの後、別の種類のさくらんぼも届く予定です。

山形市には2013年の8月28日に東北旅行の最終日に訪れました。ヘトヘトになりながらお参りした「山寺」、蔵王温泉♨「湯の花茶屋 新左衛門の湯」そして8月なのにものすごく寒かった蔵王のお釜(宮城県ですね)。「山寺」はあの時に行っておいて良かった。プラス4歳の今はもう上れる自信がありません。

来月の夏休み旅行で、また山形に寄る機会Dsc01398がありそう。
楽しみにしています。

にわ子

2017年7月 3日 (月)

映画「忍びの国」 大野智(嵐)/鈴木亮平/伊勢谷友介

Img_0526こんにちは、にわ子です。

7/2日曜日に前日公開されたばかりの映画「忍びの国」を観てきました。
原作は 和田竜の小説「忍びの国」で、主演の伊賀忍者「無門(むもん)」 に大野智(嵐)くん。
私はジャニーズには全く興味が無く、彼が嵐のメンバーだということも知りませんでした(←嵐という名前は知っています)。「あー、怪物くんの人ね」…

映画そのものは、ジャニーズファンでない私が観ても、アクションあり、笑いあり、シリアスなシーンもありで、かなり面白かったです。中盤の伊賀方と織田軍の戦闘シーンは特殊効果の使い過ぎでシラけた感もありましたが(スローはつまらないし)、最後の下山平兵衛 ( 鈴木亮平)と無門との格闘の激しさを際立たせるためなのかもしれません。

私には何と言っても織田方の「日置大膳 (だいぜん)」を演じた伊勢谷友介が良くて良くてもう~。伊勢谷友介、鈴木亮平、國村隼らが要所要所をビシッ締めていました。いかにも狡そうな伊賀の十二家評定衆達も好演です。

銭金のためなら仲間の無門にも「毒の吹き矢」を一斉に放ったり、無門と平兵衛との死闘を前に「川じゃ、川じゃ!!」と興奮する伊賀忍者達は、「どうしようもないヤツら」なんだけれど、なんとも愛嬌があります。
飽きさせることなくテンポ良く話が進み、上映時間125分の長さを全く感じさせません。

見落としているところがいっぱいあると思うので、DVDになったら見直したいです。

Img_0527
久しぶりに、『今日の妻弁当:マグロのわさび醤油焼き/イカのマヨネーズ焼き/椎茸の甘辛煮/ほうれん草の卵とじ/ミートボール/にんじんしりしり/ウズラのひよこ/にんじんのグラッセ/ごはん/桜井甘精堂の栗ようかん』

ずいぶんご無沙汰しておりましたが、昨年10月以来、私がお弁当をツレアイ君に持たせなかったのはたった1日なのですよ~。

手抜きはもちろんありますが(笑)。

にわ子

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »