« 夏休みは東北へ⑦ 岩手「小袖漁港」「龍泉洞」「浄土ヶ浜」「カッパ淵」 | トップページ | 夏休みは東北へ⑨ 最終日 宮城「多賀城」「松島/瑞巌寺」「仙台城」 »

2017年8月29日 (火)

夏休みは東北へ⑧ 奥州「えさし藤原の郷」~宮城「鳴子温泉郷」

こんにちは、にわ子です。

夏休みの旅行も終わりに近づいています。

Dsc00678
25日金曜日、厚い雨雲が速い速度で流れ、もう半分くらいは青空が広がってきました。今年の夏はこんな空ばかり見ていたような気がします。

今日は奥州市江刺にある歴史公園「えさし藤原の郷」からです。

ここは平安時代のテーマパークで、もともとはNHKの大河ドラマ「炎立つ(ほむらたつ)」のオープンセットだったものを撮影終了後に公園に整備し、その後も歴史的建造物を増築、数々の歴史ドラマや映画のロケ地になっています(特にNHKの大河ドラマのロケ多し)。 HPはコチラ

「炎立つ」、見ましたよ~。リアルタイムではなくDVDを借りて見ました。経清(渡辺謙)の敵、源頼義役の佐藤慶が憎らしいのなんの(笑)。

行動予定はすべてツレアイ君まかせで自分では調べていなかったため、こんなに規模の大きいテーマパークだとは知りませんでした。入場ゲートをくぐり、朱塗りの政庁の建物を見たとたん、おー!!立派!平日の朝ということもあり、殆どのエリアで展示室内に自分達しかいないような空き具合。ロケで人気俳優が来たとき以外、あまり混むとも思えませんが… 義経と静御前など歴史上の人物の結構リアルな人形も置かれ、彼らの衣装やお膳などの小物も当時の様子を知るのに役立ちます。

Photo
また、敷地が広く(20ヘクタール…東京ドーム何個分?)アップダウンもあるので、エリアからエリアへ歩くだけでも結構な運動。後半は歩き疲れてしまい、散策マップを確認せず「寄り道スポット5」の「安宅関(勧進帳のあの場面)」に寄らず仕舞いだったことが、とても心残りです。(ノд・。)

2時間半ほどかけてほぼ全体を回り、江差の自然と平安時代の雰囲気を楽しみました。 来る前にもっと奥州藤原氏について勉強してくれば良かった… 近ければもう一度行きたい。今回のように空いている時にね。

Dsc00702


午後は宮城県鳴子温泉郷へ。 道路沿いに特産品のこけしの看板や工房を多く見かけます。きっと実家のガラス飾り棚の中にも、親がむかしお土産に買った鳴子のこけしが並んでいるに違いありません(笑)。

鳴子峡レストハウスの見晴台から大深沢橋を入れた景色をパチリ。やはり紅葉シーズンでないと、「ただの橋の写真」ですね。ハイ。

前から「行きたいね」と話していた鳴子温泉。今回は昨年から大江戸温泉物語がプロデュースしている「幸雲閣」です。送迎バスが着いたらしく、フロントのスタッフが次から次へテキパキと宿泊手続きをしいました。今はどこに行っても大江戸温泉物語系列のホテルがあります(笑)。
私達が利用した6階大浴場の女湯は、薄茶色で少し濁りのあるお湯でした。源泉が高温のため加水しているとのこと。「幸雲閣」の温泉には複数の源泉があり、他にもいろいろな泉質の温泉が楽しめます。
タイミング良く大浴場が空いていたため、併設されている小さめの露天風呂を貸し切り状態で利用できました。(^-^*)

Dsc00802


『今日の妻弁当:タンドリーチキン/きんぴらごぼう/もやしと小松菜のお浸し/ウズラのカッパ/にんじんのグラッセ/大根のお花/ビビンバ風炊き込みごはん』

赤が入らないとお弁当が寂しい…

にわ子

« 夏休みは東北へ⑦ 岩手「小袖漁港」「龍泉洞」「浄土ヶ浜」「カッパ淵」 | トップページ | 夏休みは東北へ⑨ 最終日 宮城「多賀城」「松島/瑞巌寺」「仙台城」 »

旅行・温泉・お出かけ」カテゴリの記事