« 国立劇場 2月文楽公演 『摂州合邦辻』 | トップページ | 2018 かつうらビッグひな祭り »

2018年2月17日 (土)

大人気「こんにゃくパーク(群馬県甘楽町)」

Photo
こんにちは、にわ子です。

お天気の良い週末に、前から気になっていた「こんにゃくパーク(群馬県甘楽町)」を初体験。
入場料 無料、駐車場 無料、こんにゃく 試食バイキング 無料 の大人気施設です。

建物はカラフルで可愛くつくられており、地味な煮物のイメージはありません(笑)。敷地内には工場やお土産売店の他に、産直野菜のフーズマーケットや足湯も併設されています。

エントランスで受付を済ませ、ワクワクしながら中へ進むと

「先に2Fの工場見学へどうぞ」

の案内板。

見たい気もしましたが、この日は後の予定が詰まっていたため、空いているうちに奥のバイキングコーナーへGo

Photo_2
Photo_3

試食スペースは予想以上に座席数が多く、カウンターには定番の味噌おでんや煮物類のほかに、ラーメン、焼きそば、きつねうどんなどの麺類、フルーツゼリーやくずきりなどのスイーツまで、約20種類の多彩なこんにゃく料理が並んでいます。

まだ9時半過ぎで、テーブルに着いているお客さんも30人ほどだったため楽々選べ、焼きそばやくずきりなど美味しかったいく品かはおかわりしました。
でも低カロリーとは言え、結構濃いめに味が付いているので、食べ過ぎると喉が渇いて大変。ふふ。

試食バイキングで使われている食材のこんにゃくは、お土産コーナーで買うことができます。こちらも広い。

あちこちに「SALE」の魅力的な札が立っているため、目移りしてついつい余計に買ってしまいそう。

ここなら賞味期限の近い商品は試食バイキングに回せるでしょうし、上手いなー。

Photo_4
私達もバッチリ試食した「こんにゃく麺」や地元の特産品をお土産に買いました。
7品で税込み900円くらい。ずっしり。

でもなぜか家で料理すると、試食バイキングで食べたほどには美味しく感じられないのが不思議です。
あの「ちょっとずつ食べる」感がいいのかしら?


見て食べて楽しめる「こんにゃくパーク」、私達も満足です。
また行く機会があったら、今度は「こんにゃくの詰め放題」に挑戦するわよ~。

にわ子

« 国立劇場 2月文楽公演 『摂州合邦辻』 | トップページ | 2018 かつうらビッグひな祭り »

旅行・温泉・お出かけ」カテゴリの記事