« 入院前日にシンフォニーでランチクルーズ | トップページ | 4月いっぱいダラダラします »

2018年4月18日 (水)

「小魚カルシウム」と「体重は減るけれど…」

Simg_2677
こんにちは、にわ子です。

病食のお昼に毎日付いてくるカルシウムアップ乳飲料やヨーグルトドリンク。
実は私、ふだんの生活ではどちらも殆ど飲みません。
特に牛乳はお料理にしか使わないため、今回もツレアイ君に数日分ずつ持ち帰ってもらっています。

そんな私が前回の入院に続きカルシウム不足を補うために食べているのが写真の「食べる小魚」と「おしゃぶり昆布」。
いわし・あじ・エビ・きびなご等の小魚が、甘塩っぱく味付けされているので、ポリポリとつい食べ過ぎてしまいます。もうまるっきりおやつですね。
小魚も昆布も乾物で、お茶と一緒に取るために胃の中で膨れてごはんが食べられなくなることも…
私、何となく骨も弱そうなので、「食べる小魚」は退院後も続けようかなと思っています。

Simg_2515


入院中は「食っちゃ寝」の毎日ですが、他人に囲まれた生活でのストレスと、使わない筋肉が落ちるため体重が減ります。前回も今回もやはり2~3キロ落ちました。「やせる」というより「やつれる」なので、鏡の中に自分の老けた感じの姿を見て気落ちします。
それに退院後2ヶ月もすればもとの体重に戻り、その戻る分は筋肉ではないのがコワイですね。

筋肉と言えば、高齢の患者さんは日中車いすで談話室に集められていることが多く、「昼間起きていないと夜眠れなくなるからなのね」と思い込んでいたところ、ベッドに寝た状態にしておくと、どんどん筋肉がおちてしまうため、出来るだけ体を起こしておくのだと看護師さんに聞きました。そうなんだ~。

さて、私は主治医より退院許可がおり、退院日も決まりました。
約7週間の入院生活も、もうじき終わりです。

にわ子

« 入院前日にシンフォニーでランチクルーズ | トップページ | 4月いっぱいダラダラします »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事