« 九州一周ドライブ旅行 6 鹿児島(佐多岬)~宮崎(青島神社) | トップページ | 九州一周ドライブ旅行 8 (最終日) 大分(湯布院) »

2018年7月24日 (火)

九州一周ドライブ旅行 7 宮崎(高千穂峡)~大分(別府温泉) 

こんにちは、にわ子です。

私たちの九州旅行も終わりが近づいてきました。

今日7月14日土曜日は、九州の真ん中、阿蘇・高千穂を巡ります。

1「青雲橋(せいうんばし)」(宮崎県西臼杵郡日之影町)

日之影川を跨ぐ美しいアーチ橋で、写真に収めようと思わず寄り道しました。
橋面から水面までの高さは137メートル。
下から見上げたらさぞ迫力があるでしょう。
それにしても、どうして橋を見ると写真を撮りたくなるのかしら。謎です。

Photo

2


21


「高千穂神社」(宮崎県西臼杵郡高千穂町)


朱塗りや手の込んだ装飾のある神社も綺麗だけれど、シンプルで林に溶け込んでいるような神社もいいですよね~。
「高千穂神社」は縁結び・夫婦円満・所願成就に御利益があるとのこと。
境内には大きく立派な杉がそびえています。そのうちのひとつが「夫婦杉(めおとすぎ)」。この夫婦杉の周りを好きな人と手をつないで3回廻ると幸せになるそうです。さすがにやりませんでした(笑)。
家族一人一人を思い浮かべてお参り。

Photo

3


「高千穂峡」(宮崎県西臼杵郡高千穂町)

手こぎボートで断崖の絶景や「真名井の滝」を見ようと予定していましたが、残念ながら河川増水のため、ボートの貸出は休止中。約1キロの遊歩道を散策することにします。

真ん中あたりから岩肌の形状が違うのは、阿蘇山から噴出した火砕流の時期の違いでしょうか。








4Photo

さて、ここから宮崎を離れて、再度熊本に入ります。




「阿蘇山(阿蘇五岳と外輪山)」(熊本県阿蘇市)


5火の国熊本のシンボルですね。それぞれの山、外輪山、雄大な景色と明るい緑の大地の広がりに圧倒されます。
中岳の火口見学をするには有料道路を通る必用があり、ためらわずに料金を払って通行。「すごいね~。火山ガスの臭いがするね~」とはしゃぎながら駐車場に着くと、「退避してください!退避してください!ガスの濃度が高くなって危険です!すぐに退避してください!」と至急下山の指示。唖然としながら、慌ててロープウェイ乗り場のある「山の駅」地点まで降りました。
規制が解除されればまた通行できると説明されましたが、ずっと待つこともできず、料金の払い戻しを求めると、「それは不可、見学料ではなく道路の通行料だから」とのこと。
ええ~っっ!車から降りる間もなく下山させられたのに???
「通行料」との説明に、理解はできるけど、気持ち的には800円損したようで不満が残ります。なので、阿蘇でのお土産は買わなかったゾ。プン。
13
15






とはいうものの、阿蘇の景色は本当に素晴らしく、冬の空気がクリアな時期にまた来たいなあと強く思いました。もちろん火口見学付きで(笑)。

それにしても、外輪山の内側に住むって、とても美しい場所ではあるけれど怖くないのかしら?
阿蘇山、元気いっぱいっぽいのに。
14

9「黒川温泉 こうの湯」(熊本県阿蘇郡南小国町 )

熊本観光と言えば黒川温泉は外せません。
こうの湯の露天風呂「森の湯」。広い露天風呂と深い立ち湯があり、洗い場は戸の閉まる小部屋になっています。
浴槽の床石の色のせいか、お湯が青みがかっているように見えました。

「いいお湯~」とまったりしていたところ、アブならぬ蚊がプーンと寄ってきて「ひ~っっ」。熱くないので、蚊を警戒しながらあごまでお湯に浸かり続ける、という入浴スタイルになりました(笑)。
先客2人が帰り、1人になったところでパチリ。
Photo

熊本とはここでお別れ、今回の旅最後の県、大分に入ります。

8国指定史跡 「日本100名城 №95 岡城」(大分県竹田市

現在残っているのは石垣のみの岡城、入場料を払って受け取った案内図はなんと巻物!いい演出です。山を利用して築かれており、入った時から見上げる石垣の高さに感嘆します。

西の丸、家老屋敷などの跡を通り、三の丸、本丸と、高台から周辺の景色を眺めながら城跡を巡りました。二の丸には「滝廉太郎」の像が建っています。竹田市に住んだことのある滝は、この城をイメージしながら「荒城の月」を作曲したと言われているそうで、哀愁を帯びたメロディーはこの城跡の感じにピッタリです。
6Photo
10
大分県指定史跡「日本100名城 №94 大分府内城」(大分県大分市)


日本100名城の九州地方最後のお城、大分府内城。
「九州地方13城めぐり+100名城スタンプゲット」を目標にしていたツレアイ君、ここで13個目のスタンプを押印!!やったね。スタンプ帳を手にして満面の笑みです。

 旅行中の限られた時間の中で、このスタンプをゲットするのは、なかなか大変でした
まずスタンプの置いてある場所を探さなくてはなりません。お城(城跡)は自由見学で、お城とスタンプの設置場所が一致していないケースもあります。
設置施設の営業時間、休業日なども考慮し、時には渋滞にはまって施設の終了時間に「間に合わないかも!」とハラハラした場面もありました。
よく頑張ったね。本当におめでとう。※九州以外のお城めぐりとスタンプ集めはまだ続きます。

11
さて、大分府内城、現在残っているのは石垣とお濠です。お濠の亀がかわいい。
復元された渡り廊下や人柱となったお宮のほこらを見て回り、天守台の石垣に上ると、なぜか柵が緑…もうちょっと石垣に合う色にできなかったのかしら?
そして天守台前の広場には、イベント用らしき天守閣が金属パイプで組み立てられていました。

何はともあれ、良かった良かった。
Photo

12「別府温泉 湯屋えびす」(大分県別府市 )

日本一の温泉県大分。別府温泉に入るのをとても楽しみにしていました。
温泉街が近づくと、あちこちで高く湯気が上がっています。
「湯屋えびす」では、この日は2階が女性風呂。無色透明でツルツルする弱アルカリ性の温泉と、白く濁った硫黄泉の両方が楽しめます。あ、プラス「ゲルマニウム湯」もです。

浴室はとても広々として、お湯も最高。関東住まいだと「草津が最高だよね~」と思いがちですが、別府温泉恐るべし。。。

湯上がりはヒーリングスペースでリラックス。
窓から別府湾の夜景を眺めて、とても満ち足りた気分です。

さて、明日は九州最終日。

引き続き大分の湯布院です。

にわ子

« 九州一周ドライブ旅行 6 鹿児島(佐多岬)~宮崎(青島神社) | トップページ | 九州一周ドライブ旅行 8 (最終日) 大分(湯布院) »

旅行・温泉・お出かけ」カテゴリの記事