« 九州一周ドライブ旅行 7 宮崎(高千穂峡)~大分(別府温泉)  | トップページ | ゆり博2018 と「お・も・て・那須手形」2軒目「赤沢温泉」 »

2018年7月25日 (水)

九州一周ドライブ旅行 8 (最終日) 大分(湯布院)

こんにちは、にわ子です。

7月15日日曜日、あ~もう今日で最後です。

旅行のラストはやっぱり温泉。
ということで、別府温泉と並ぶ人気温泉地「湯布院」でお風呂にはいってから、帰路につきます。

にわ子:「ゆふいんって、どんなとこ?」
ツレアイ君:「うーん、軽井沢とか清里みたいな感じじゃない?」

なんとなく「ちょっと高級でお洒落な温泉地」をイメージしていた湯布院。
朝の湯布院をドライブしてみます。

2_2
3


由布岳のふもとに田んぼが広がり、温泉の湯気があちこちからのぼる、のどかな風景。




由布院駅を出ると正面に由布岳。
まだお店は閉まっています…もっとも私たちは小洒落たショップやスイーツには縁がないわね(笑)。

湯布院インターがあって車でも来やすい。

あまり高い建物や大型ホテルがなく、湯布院のシンボル由布岳が見える景観を大事にしている感じです。

 

4
湯布院で選んだのは、

「名苑と名水の宿 梅園(ばいえん)」 (大分県由布市湯布院町)


由布院駅からは車で5分くらいのところにある温泉旅館です。

入浴可能な午前11時に到着したのは私たちだけ。

露天風呂は、岩風呂、ヒノキ風呂、ガラス戸で囲われた半露天風呂があり、私は由布岳がよく見えるヒノキ風呂にのんびり浸かります。

源泉掛け流し、無色透明の柔らかいお湯で、虫に邪魔されることもなく、九州最後の温泉を存分に楽しむことができました。

  • 「道の駅ゆふいん」で会社や家族へのお土産を買って、湯布院インターから高速に乗ります。
    関門海峡九州側の「めかりPA」を出発したのが14:50分。

    関門橋を渡りながら、「さよなら九州」

5
豪雨被害で通行止めが続いていた山陽自動車道は全線通行可能になっていました。
広島・岡山間では、トンネルに土砂が流れ込んだ跡があったり、のり面が崩落していたりで、それらの土砂を除去し、規制解除するまで大変な急ピッチ作業だったと思われます。

速やかな復旧作業のおかげで、とても順調に帰ることができ、家に到着したのは翌16日(月)の午前11:50分。仮眠したり、寄り道した時間も含め、21時間で帰ってこれました(いや、それでも十分長いけど、行きの40時間に比べれば…)。

今回の7/6夜出発~7/16昼帰宅までの230時間のあいだ、
ツレ君の運転時間は延べ118時間30分、走行距離は4,572.7キロでした。

本当にお疲れ様。

 

で、次はどこに行きましょうか?

なんてね(笑)。


さて、今回の九州旅行のあいだ、毎日私が楽しみにしていたものがあります。

九州名物「かき氷」、小袋詰めのかき氷です!
関東で見かけるカップ入りのものとは全然違う、まさにサクサク サラサラ食感のかき氷。
シロップがムラ無くかかっています。

カップ1杯分でこの安さ(コンビニだと70円くらい)。
こんないい物が、なぜ関東にこないの~???

1
九州旅行で印象に残っている食べ物がコレだなんて(笑)。

九州一周ドライブ旅行、ハプニングあり、感動あり、ハラハラありの楽しい10日間でした。


旅行ロスになっている

にわ子 

« 九州一周ドライブ旅行 7 宮崎(高千穂峡)~大分(別府温泉)  | トップページ | ゆり博2018 と「お・も・て・那須手形」2軒目「赤沢温泉」 »

旅行・温泉・お出かけ」カテゴリの記事