書籍・雑誌

2016年12月13日 (火)

久しぶりの読書は「宮部みゆき」のミステリーから

こんにちは、にわ子です。

昨日は午前中に買い物やお惣菜作りを済ませ、午後から行ってきましたよ~、久しぶりの図書館。 
この間まで平日は仕事だし、土日はまとめて家事をしたり、出かけることも多かったので、全く本を読まない日々が続いていました。 スマホを持つと、電車内ではもっぱらメールやニュースのチェックになってしまって…

Dsc02460近くの市立図書館は少し前にきれいにリニューアルされ、「飲み物持ち込み可」の個別ブースが多数設けられたり、館内閲覧での電子書籍も利用できるなど、とても便利になっていました。

空調ばっちり、静かでゆったりした心地よいスペース… 先日住民税をまとめて納付したばかり、この施設を使わない手はありません。 
おまけにこの図書館は商業施設の中にあるため、カフェもファストフードもスーパーも、何でも揃っています。

さて、何を読もうかな…四国へ旅行した時の事を思い出し、「宮尾登美子にしよう!」 と、ハードカバーの書架を探したのですが、うーん、貸出可能な彼女の本が少ない。 そこで、「ミ」つながりで近くにあった宮部みゆきから読み始めることにしました。

易しいというより、面白くてどんどん読み進められそうな本。ミステリー、いいですねぇ。
あれ、私もしかしたら彼女の本を、一冊もまともに読んだことがないかもしれない(忘れているだけかな)。 
ということで、ぱっと手に取った一冊「名もなき毒」から読み始めます(いきなり2回目の事件って感じ。 そういえばドラマでやっていた…観ていないけど)。 まぁ、いいや。
もちろん借りてきたのですが、家にいると時間的にも水道光熱費も無駄が多いので、しばらく図書館通いをしてみます。 

Dsc02459


『今日の妻弁当:ミートボール(ヾ(^-^;) レトルト)/青椒肉絲/ナムル/たけのこの土佐煮/きのこのソテー/かまぼこ/ごはん/お漬物/りんご』

レトルトのミートボール…ちょっと懐かしい味。

にわ子