音楽

2016年12月25日 (日)

東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団 第36回定期演奏会

Dsc02573こんにちは、にわ子です。

クリスマス・イヴは、ツレアイ君と東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団の 第36回定期演奏会に行ってきました。

フォイヤーヴェルクの演奏会は何回目になるのかな(ツレ君曰く、10回くらい)? アマチュアオーケストラですが、初めて聴きに行った際、演奏の上手さはもとより、女性奏者が皆色とりどりの美しいドレス姿で、もうすでに目が楽しい!! そしてオケ全体の若さあふれる華やいだ雰囲気に、一気にファンになってしまいました。 以来、毎回招待状を送って頂き、私が都合が悪く行けなくても、ツレ君だけでも演奏会に足を運んでいます(←ツレ君が一人で行くアマオケは多分ここだけ)。

Dsc02576

今回の会場 :大田区民ホール「アプリコ」大ホール(最寄り駅はJR蒲田。 にわ子にはちと遠く、交通費2,000円弱)
プログラム:ロッシーニ/歌劇「絹のはしご」序曲
        チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
        チャイコフスキー/交響曲第6番 「悲愴」 ロ短調 作品74  他

ヴァイオリン協奏曲の独奏は吉田南さん。 
何といっても女子高生( 桐朋女子高3年特待生、国内外での受賞歴、共演歴を見ても立派 )、年頃的にも丸々してカワイイ。 が、演奏はすごい迫力で圧巻でした。 もう、彼女を聴いただけでも、今回の演奏会に行った甲斐ありです。 ご自身のツイッターでも情報を発信していますので”Minami Yoshida - 吉田南” で検索してみてくださいね。

 「悲愴」も良かったです。 この曲は第三楽章が異様にハイテンションで、もうこれが最終楽章か~って思うくらいなのですが(実際今回もフライング拍手気味だったし)、プログラムの曲目紹介の『躁状態のごとく過剰な熱狂は、いつしか誰にも止められない狂気のように膨れ上がる』を読んで、なるほど…と思いました。 このオケはプログラムの解説を読むのも楽しいの。

今回の演奏会も、期待に違わず良かったです。 フォイヤーヴェルクの演奏会は、これまで「入場無料、できたら終演後にカンパお願い」でした。 機会がありましたら是非お出かけください。 次回の演奏会は2017年6月4日(日)品川の「きゅりあん」です。 アマオケなのに満席に近くなりますので、お出かけはお早めに。 ※入場無料ですが、入場券は必要です。 また今回までの情報のため、次回の演奏会についてはフォイヤーヴェルク様HPでご確認ください(HPはコチラ)。 第37回の曲目は未定とのこと、発表が楽しみです。

ところで前置きしたように、この日はクリスマス・イヴ。
こんな素敵な演奏会を聴いて帰ったのに(夜9:00頃終演。 ホールが遠いため10:45分帰宅)、遅い夕食は「さんま/おでん/モツ煮+チキンレッグ」…う~ん、地味すぎないか。

演奏会のアンコールは「そりすべり」で大いに盛り上げて終了しましたが、クリスマスはやっぱり「カップル」か「子どものため」のイベントってことかな(笑)。

楽しい演奏会でした。 誘ってくれてありがとね、ツレ君。

にわ子

※ 東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団 第37回定期演奏会情報が更新されていました。
2017年6月4日(日)18:30開演予定   品川区立総合区民会館 きゅりあん
    モーツァルト 交響曲第40番 他   

久しぶりに棚からCDを取り出して40番を聴く。 ああ、いいなぁ…そう、この第三楽章のメヌエットを繰り返し聴きたくて買ったCDだったことを思い出しました。 (2017.03.20 追記)