グルメ・お料理

2018年6月 8日 (金)

律のスープ/朝ドラ「半分、青い。」

Photoこんにちは、にわ子です。

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」見ていますか?

主人公の鈴愛(すずめ)は昭和46年生まれで私より数学年下ですが、懐かしい「くらもちふさこ」のマンガやドラマの時代背景に、新潟から東京に出てきて学生してた頃の思い出がよみがえります。
使われている服や小物も「あったあった」「そうそう」な物ばかり(笑)。

ウチでは録画した「半分、青い。」をツレアイ君と見ながら夕飯を取るのが日課です。

さて、昨日の題58話で幼なじみの律(りつ)が鈴愛のために作ったスープ。その名も萩尾家特製「豆腐とベーコンと油揚げのほっこりスープ」
作ろうと思った朝ドラファンは多いはず。

いかにも簡単そうだったので、私もあり合わせの材料で作ることにしました。
ツレ君よろこんでくれるかな~?

材料は豆腐、油揚げ、ベーコン、マカロニ、ネギ。
味付けはコンソメ、お塩、コショウを少々。




できた!

マカロニが太~いペンネになり、色合いもキレイではありませんが、まあこんなもの。

そして今晩のおかずは「とり肉と豆腐のハンバーグ(おろしソーズ)、キュウリもみ、肉じゃが、キャベツのカラシ和え」です。

2
ツレ君に「『律のスープ』だよ~」と言うと「え~、そうなの」と笑って一口。
発した言葉は「うーん…」とちょっと苦笑い。
(もちろん全部食べてくれましたよ)
私もコンソメ味のスープは野菜具だくさんでよく作るので、このレシピでは野菜の甘みがなくて物足りないのは承知しています。和洋折衷でいいじゃないですか。予想通りの味で(笑)私はOKです。「半分、青い。」見ながら食べるドラマ再現レシピで楽しかったでしょう?

それにしても、律は岐阜の田舎で子どもの頃から知世ママに「コンソメスープ」を作ってもらっていたのね。
新潟の母が作ってくれた「汁物」はもちろん「味噌」か「醤油」あじ。今も姉妹Aが両親と同居しているので実家に「コンソメの素」はあるけれど、母は使うことがあるのかしら???

そういえば番組のHPには仙吉おじいちゃんの「五平餅」レシピも載っていました。
次はこれだ(笑)。

にわ子

2018年3月12日 (月)

入院前日にシンフォニーでランチクルーズ

1_2
こんにちは、にわ子です。

またまた入院しています。
昨秋から5ヶ月空けての入院で、すでに一番イタ~い、ツラ~い時期は通り越しており、今はひたすらリハビリと安静で回復に努めているところです。

入院前日の日曜日、ツレアイ君が「しばらく(にわ子は)病食になるから」と、東京湾のクルージングレストラン「シンフォニー」のランチクルーズに連れて行ってくれました。ありがと~ (TдT)

レストランクルーズは3回目。
ワクワクしながら乗船し、今回も眺めの良い窓際の席に案内してもらいうれしさ倍増です。
窓から差し込む光がまぶしい~。

この日は風が強かったため、東京ゲートブリッジの下を通過する通常ルートは取らず、横風を避けて羽田空港沖まで出る直線の往復コースになりました。
「このコースでは、飛行機のダイナミックな着陸が間近で見られますよ」との給仕さんの案内通り、東の空にぽつんと見えた飛行機がぐんぐん大きくなり、上空を通過して滑走路に着陸する迫力のある光景が続きます。
さすがは羽田空港。数分おきに着陸機が来るわ、来るわ、どんどん来る。スマホアプリのFlightradarでどこの飛行機か確認しながら見上げていると、時間を忘れてしまいそうです。

2_2
「お酒はしばらく飲めないから」とフルボトルの白ワインを開けて乾杯。

その後ちょっと嬉しいハプニングがありました。

最初に運ばれてきたプロシュートとチーズのサラダっぽい一品を食べ終わると、給仕さんが

「申し訳ございません。お料理を間違えてしまいましたので、正しい物をお持ちします」

とのこと。

私達はフレンチのコースを予約しており、私もメニュー外の(らしい)前菜に一瞬戸惑い、このお料理用のナイフが並べられていないのを不思議に思ったのですが…なんと間違い。

プロシュートはイタリアンの前菜だったようで、係の方に何度も謝られましたが、美味しかったこともあり、私達には返ってラッキーな出来事でした。

間もなくメニュー通りのフレンチのオードブル「魚介のマリネ」も出され(こちらはボリュームたっぷりでなかなか減らない(笑))、続くスープ、魚料理、肉料理も美味しく、海を眺めたりおしゃべりしたりしながらゆっくり食べていたため、最後のコーヒーを飲み終わる頃にはレインボーブリッジの下をくぐり抜け、もう発着場所の日の出ふ頭が近づいています。

海風にも当たりたいと、急いで展望デッキへ。

海から眺める東京。

3
近場の東京ベイで「船」と「飛行機」という非日常の観光気分が味わえる、満足度の高いのランチでした。

ツレ君、またよろしくね。

にわ子

2017年12月14日 (木)

白菜は葉と茎を分けて料理

Photoこんにちは、にわ子です。

食べ物に殆ど好き嫌いのない夫のツレアイ君ですが、白菜の茎を残したり、避けたりするのが…(-_- )。白菜は葉と茎の食感が違いすぎるので、茎はちょっと…という人は結構いるのかもしれません。

「それなら白菜の茎は除きましょう」と、葉と茎を分けて料理し、葉は浅漬けやお鍋に、茎は横に薄くスライスしてタマネギ代わりにカレーやシチューにと使い分けていました。(過去の記事:ウチではカレーは朝ごはん

それでも白菜一玉から出る茎はかなりの量になるため、他にも良いレシピはないかと探したところ、クックパッドで見つけたのが「白菜の茎の甘酢漬け」。 茎部分を繊維に沿って長さ5センチ程に切り揃え、砂糖・塩・鷹の爪・ごま油でつけ込むレシピです。

ごま油をプラスした漬物は初めてですが、作ってみると初めての味で美味しい。
何より茎のシャキシャキした食感を活かしていることが素晴らしい!

私は茎を三角形に切り取るので、長さを揃えられる部分のみ漬物にして、切れ端は今まで通りカレーやスープ材料にと使い分けています。もちろんその時々でいろいろです。

こちらは味を我が家風にちょこっとアレンジした「白菜の茎の甘酢漬け」。

Simg_1979

ゆず風味にしたり、細切りこんぶと合わせても良さそうですね~。
ツレ君もごはんのおかずになる「葉の浅漬け」と、箸休めになる「茎の甘酢漬け」の両方を食べてくれます。

ただ困ったことに…私、白くて細長いこの見た目がどうにも苦手なのです(笑)。
私だけかな。

Sdsc00011


『今日の妻弁当:青椒肉絲、ほうれん草のお浸し、大根とさつまあげの煮物、にんじんしりしり、ウズラのひよこ、鮭フレーク、ごはん、みかん』

にわ子

2017年8月 4日 (金)

今も夏の定番冷菓/ハウス シャービック メロン味

Dsc00168


こんにちは、にわ子です。

日が差したかと思うと急に小雨が降ったりと、一日のうちでも天候の変わりやすい日が続いています

先日「蒸し暑い…そうだ、かき氷作ろう♡」と思い、スーパーでメロン味の「氷みつ」と「練乳」を手に取ったところで「うーん、待てよ~、かき氷機、捨ててないよね?」と不安になり、家に戻って探しましたが、案の定どこにも見当たりません。

二年以上使っていなかったからね。断・捨・離を意識しだした頃に処分したのかな。とほほ。みつと練乳を買わなくて本当に良かった。。。

ちょっとがっかりしながら調味料や乾物のストック棚を見ると、おお隅に「ハウス シャービック メロン味」の箱があるではありませんか。賞味期限を確認すると、ちょい過ぎちゃったってところです。昨年の夏に買ったものでしょう。へーき、へーき。
冷蔵庫にちょうど牛乳が残っていたので、さっそく作ることにしました。

Photo3

「ハウスシャービック」はもう50年近く製造されているロングセラーのシャーベットの素です。400mlの水又は牛乳で溶いて凍らせて作りますが、水溶きに比べ牛乳で溶いたほうが味が濃厚になり、スプーンで削りながら食べるのにちょうどよい硬さに凍るのでおすすめです(製氷皿は使わない派)。

私はこのメロン味が大好きで、毎年夏になると必ず何度か作る定番の冷菓となっています。よく100円ショップに置いてあり、スーパーより安く買えるので便利ですね~。
子どものころからある商品ですが、それほど何度も食べた記憶はなく、むしろ大人になってから毎年作るようになりました。姉妹で奪い合うこともなく独り占めです(笑)。

今回牛乳は300mlしか残っていませんでしたが、水を足せば問題ナシ。4等分して凍らせ「いっただっきまーす!」あ~コレコレ、この味。美味しいです。ダイソーでまた買っておかねば。

同じハウスのデザートシリーズでは「黒ごまプリン」が息子のお気に入りでした。
今度帰ってくる時には作ってあげましょう。喜んでくれるかな~。

Dsc00166


『今日の妻弁当:青じそハンバーグ/小松菜の卵とじ/焼きカボチャ/かまぼこ/プチトマト/にんじんのグラッセ/お漬物/鶏そぼろ/ごはん』

にわ子

2017年7月29日 (土)

「1つのボウルでできるお菓子」/ヴィクトリアンケーキ

こんにちは、にわ子です。

冷蔵庫に賞味期限が近い無塩バターがあったので、久しぶりにお菓子を焼くことにしました。

クッキー?パウンドケーキ?ナッツや生クリーム、チョコレートなどの買い置きも無いので、私のお気に入りの「1つのボウルでできるお菓子/大原照子(おおはらしょうこ)」からトラディショナルなバターケーキの「ヴィクトリアンケーキ」をチョイス。
とりあえず、今手元にある材料でいきましょう。
テフロン加工のエンゼル型で、敷紙不要なのもうれしい(ウチの型はどれも古いため、ほとんどに敷紙が必用)。

Photo
Dsc00145ちょうど先日「道の駅田園プラザかわば」で買ってきたブルーベリーでジャムも作ってあります。

焼き上がりまでもうちょっと。あり?真ん中がやけに凹んで縮んじゃっている感じ。 (ノ_・。) お菓子も作るのに期間が空くと、どんどんカンが鈍り生地がうまく作れなくなっちゃって…ケーキは昨年の12月以来です。 

そして焼き上がり~。型ごとひっくり返して網に乗せ、あら熱を取り型を持ち上げるとスルリと抜けました。

それにしても、お菓子を焼いているとキッチンに甘い香りが満ちて、それだけで幸せな気持ちになります。冷えてからカットしたりジャムを挟んだりするので完成は午後です。不格好になりそうですが、後で画像を載せますね。

Dsc00146


------------------------------------------

さて、外出から戻って仕上げです。
ブルーベリージャムは砂糖控えめに作ったので、たっぷり塗っても大丈夫。

しばらく落ち着かせて、ツレアイ君とひときれずつ味見を。







Dsc00148
うん、ブルーベリーの酸味が夏っぽい。バターケーキ生地にボソボソそ感はありますが、出来たてはこんなもの(笑)。
そしてやはり底が凹んでいる…うっかり飛ばしちゃった工程もあるし、次回は気をつけよう。

明日にはもっとバターが馴染んでしっとり美味しくなるはずです。
暑い時期なのと、砂糖少なめのジャムを使っているため、冷蔵保存で早めに食べなくちゃ。

あ~何だかもっと作りたくなってしまいました。
イカン、イカン!砂糖とバターと小麦粉であっという間にプラス3キロになってしまう( ̄□ ̄;)!!

ときどきね。ときどき作る程度にしておかないとね。

にわ子

2017年1月26日 (木)

夕飯は「ちゃんこ」スープ

こんにちは、にわ子です。

今日は久しぶりに一人での夕食。 ツレアイ君は「飲み会」だそうです。
彼は「家で晩酌」派なので、外で飲んで帰るのは、忘年会・新年会・歓送迎会・たまに友人等となど年に数回しかありません。 

「夕飯はいらない」だと、私もらくらく~(笑)です。 なのに先ほどのメールで「家の鍵を忘れた」って、わざとか~っ!!

ところで、先日の初場所国技館で食べた「出羽海部屋 塩ちゃんこ」は薄味でなかなか美味でした。 以前食べた「塩ちゃんこ」は中華っぽい味で、どうも私には今ひとつ。 好みは人それぞれですが、今回の塩ちゃんこの方が私好み(私は煮た白菜が苦手なので、キャベツなのが良かったのかもしれません)。 前半の 味噌ちゃんこも食べてみたかった。 国技館地下食堂の「相撲部屋特製ちゃんこ」は現地観戦時の楽しみの一つです。

Photo

と、いうことで、今日は私流「ちゃんこ」スープが夕飯。 「ちゃんこ」をググると「主に相撲力士が食べる鍋料理または力士の食事の総称」だそうですが、まぁ鶏だんご入りなので、「ちゃんこ」風スープって事で良しとしましょう。 

Dsc04341_3

当然明日の朝食は「温めちゃんこ」。 野菜たっぷりでヘルシーです。

Dsc04339


『今日の妻弁当:つくねの照り焼き/ほうれん草のごま和え/ゴボウとにんじんのきんぴら/かまぼこ/プチトマト/たくあん/ごはん』

にわ子

2017年1月25日 (水)

ウチではカレーは朝ごはん

こんにちは、にわ子です。

朝から重そう…と思われそうですが、ウチではカレーは朝ごはん用に作ります。 市販のカレールーを使うので、お弁当作りと平行しながら圧力鍋で短時間で出来るからです。 結構長い間そうしているので、ツレアイ君も息子もいきなり夕食にカレーが出たら驚くでしょう。  夫婦二人の生活になってからは、夜は野菜中心の薄味の料理で済ませることも多く、夕食にごはん物・麺類を出す回数が減りました。 

息子が同居していた頃、カレーの時 私がごはんをハート型で出すため(これしか持っていないので)、息子がスプーンでガン!ガン!と、いかにも「余計な事をして」という様子でごはんを崩すのが可笑しかった。 もちろんツレ君はそんな事はしません。 

Dsc04336

使う市販のルーもその時々の特売品を買うことが多く、「なぜ毎回味が違うの?」と聞かれることもしばしば。 安く買えるなら、選ぶのは「S&B ゴールデンカレー(辛口)」が多いかな。 味を知りたくて、もっと高いフレーク状のものや具を加えるだけ(レトルトカレーと変わらない?)を買ったこともあります。 だから「いつも味が違う」と言われるのですね(笑)。

今日の具は「白菜(の白い茎部分のスライス。 ウチではよく使います)、タマネギ、鶏もも肉、しめじ、にんじん、じゃがいも」。 煮崩れしそうな具材は別茹でして加えます。 息子曰く「食品メーカーのプロのレシピなんだから、商品の箱に書いてある『作り方』通りの材料・分量・手順と時間で作るのが一番だよ」。 その通りですよね~。 とはいえ、やはり今日も「冷蔵庫にある物」+「おおよその分量」で作ってしまう。

朝食兼昼食のカレーを食べながら、ふと息子は「今朝は何を食べて出勤したのかな・・・」と想いました。

Dsc04332


昨日の妻弁当今日:ピーマンの肉詰め/青梗菜と厚揚げのオイスターソース炒め/にんじんしりしり/カボチャの煮物/赤ウィンナーの金魚/プチトマト/ごはん』

にわ子

2016年12月26日 (月)

「切腹最中」 新橋 新正堂

こんにちは、にわ子です。

「忠臣蔵ゆかりの地めぐり」で、写真をたくさん撮ったのにアップできない、とお伝えしましたが、どうしてもアップしたかったのが、新正堂(しんしょうどう)さんの「切腹最中」 です。 義士の墓所や内蔵助等の終焉之地内部の写真でなくてすみません。 それらはまたいずれ載せたいと思います。

Photoさて、この「切腹最中」、私たちは10月の国立劇場 仮名手本忠臣蔵 【第一部】の時に劇場で購入しました。

だって、四段目の「塩谷判官切腹の場」があるのはこの月だから。
判官は死ぬ前に城代家老の大星由良之助に一目会いたいと、到着を待ちわびます。しかしなかなか由良之助は現れず、急き立てられた判官が腹に刀を突き刺したその時、由良之助が駆け付けるという場面。 やはり「切腹最中」を頂くのはこの観劇日でしょう(←こだわり)。

ただし、劇場で購入すると「劇場価格」でちょっとお高くなってしまいます。 透明のフードパックに2個入って500円以上したような…いくらだったか忘れてしまいましたので、次回劇場に行った時に確認して追記します。
※2017年1月3日の初春歌舞伎公演に行った時には、残念ながら2個入りは販売していませんでした(売店で聞きましたが、その売り子さんは担当していないので値段は不明とのこと)。 今回入荷していたのは5個入り\1,400のみでした。
 また見かけたら追記します。 

※2017年2月文楽公演(小劇場)で売られていました♡ 2個入り縁570です。 ご参考までに。(2017年2月6日追記)
Photo_2


今回は「浅野内匠頭終焉之地」と「内蔵助終焉之地」(それぞれ切腹の地)を訪れた記念の「切腹最中」。 新橋のお店では単品を200円(税込)で買えます。

Photo_3

甘さ控えめ、中にぎゅうひが入っていて、最中の皮が持ちやすい形状をしています。
お店の間口はそんなに広くありませんが、義士羊羹などもバラでお好きな義士を買えるので、これから「浅野内匠頭終焉之地」を訪れようという方は、ぜひ寄ってみてください。

お詫びの品として人気(?)の「切腹最中」(本当かなあ。 かえって怒らせてしまいそう。)の他にも、景気上昇最中」や階模様の「芝・愛宕 出世の石段」など、ちょっとクスッと笑ってしまうネーミングのお菓子があります。 きっと話のタネに買って帰りたくなるはず。 ただし、いずれのお菓子も贈った相手が「笑ってくれるかどうか」を慎重に判断しましょう(笑)。
最新の情報は" 新正堂のホームページ"を検索してご確認くださいね。

Dsc02579

『今日の妻弁当:赤魚の粕漬/ほうれん草の卵とじ/ナムル/ミートボール/かまぼこ/ごはん/お漬物/みかん』

今日のかまぼこは切り方も厚さも失敗作です。 忘れてください…

にわ子

 

2016年12月14日 (水)

眠れなくて…夜中にお菓子作り

こんにちは、にわ子です。

昨夜は11時過ぎまでテレビを見ていたせいか寝そびれてしまい、どうにも寝付けず、ついいあきらめて夜中に起きだしました。

Dsc02461
キッチンでお茶を飲んでいると、最近食品の処分が続いていたため、「そのうちに作ろう」と買っておいたお菓子の材料が気になり始めます(最低限の材料のみですが、賞『味』期限はすでにチョイ過ぎの物もあり)。

「夜中だけど、お菓子焼こうかな…ある材料で出来そうなものといったら、パウンドケーキくらい?」、と考え作業開始。
でも、恐らく5~6年はお菓子作りから遠ざかっていたため、準備に手間取り、生地の状態を判断する感覚も鈍く(他にもいくつもの不手際)、焼きあがったケーキは見た目も味もイマイチ。 うーん、今回は仕方がない。 

取りあえず、気になっていた製菓材料を使い切って一安心。 それにしても、この分だけでも、バター150g、お砂糖140g、粉200g使っています。 お菓子作りは楽しいけれど、まわりに食べてくれる人が大勢いる時でないとキビしいです。 味見だけでも太るのがよくわかっているので。

姉妹Aもお菓子作りが好きなため、ウチには共有で使っていた製菓道具がけっこうあり、それらの棚も早めに一回整理したいと思っています。 ※断りなく処分したりはしないので安心してね、姉妹A。 

Dsc02462


『今日の妻弁当:椎茸の肉詰め/ほうれん草の白和え/ポテトサラダ/焼きスナップエンドウ/かまぼこ/ブロッコリー/ごはん/お漬物/みかん』

シンク横で撮ったら、天板が白マーブルのせいか画が更に寒々しい。
( ̄ロ ̄lll)

にわ子

2016年11月18日 (金)

今日も「妻(さい)弁当」

こんにちは、にわ子です。

昨日はツレアイ君が健康診断とのことで、朝食もお弁当も作る必要なし!
あー、久しぶりに朝から楽をさせてもらいました。 昨日に続き今日もスッキリと青空で洗濯日和です。

仕事を辞めてから、お弁当は1日も欠かさず作っています。 パーフェクトです!!
※ お弁当の中身がパーフェクトという意味ではありません(笑)。 念のため。

もちろんこれまでも作っていましたが、自身も電車通勤での 9:00-17:00 ワークだと、時には
疲れていて作れない事もありました。

ウチでは旅行等で外で食事をする場合を除き、通常はお弁当を含め3食私が作っています。
過去に何度か食品を扱うバイトをし「なんだかなぁ~」と疑問を持つ経験もしましたので、家族には、
できるだけ私が作ったものを食べてもらいたい。

仕事の都合だけでなく、お弁当不要派のダンナさんも多いと思いますが、ツレ君は用意できなかった日は、
「お弁当ないの? 買いに行くの面倒だし、昼休みが短くなるし…」とボヤくので、一応喜んで
持って行ってくれているようです。 ありがとね。

ネットで検索すると、素晴らしいお弁当画像がいっぱいで、そのアイデアと技術に驚くばかり。 

とてもとてもそんなレベルは目指しませんが、手作りのお弁当は「家庭、円満です。 家ではいい夫です。」
てな印象に一役買ってくれる事もちょっぴり期待して(笑)、今日も「妻弁当(さいべんとう)」。

Dsc02295
『今日の妻弁当:ソーセージたまご/豚肉とキャベツのみそ炒め/
山東菜の煮びたし/ウィンナーのカニ(粗びきのため、
ちょっと不格好)/浅漬け/トマト/ごはん/リンゴ』

今日は金曜日、ツレ君、今週末は何をして過ごそうか。

にわ子