旅行・温泉・お出かけ

2018年1月 5日 (金)

1月2日は恒例の・・・

Photo


こんにちは、にわ子です。

あけましておめでとうございます。
またボチボチブログを更新してまいりますので、本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、お正月2日は箱根駅伝往路沿道での応援、芝の増上寺に初詣、皇居での新年一般参賀と定番コース。
今年の一般参賀は平成になって一番の人出とのことで、行列に並び始めてから約2時間かかって、午前11時50分からの回に参加することができました。最初のうちは後ろからどんどん人が来るのになかなか前に進まず、まるでペンギンのハドル状態(笑)。

宮殿前ではかなり後方になりましたが、なんとか頭や日の丸の旗やカメラの隙間から天皇皇后両陛下,皇太子ご夫妻,秋篠宮ご夫妻及び眞子様のお姿を見ることができました。
今上天皇での最後の一般参賀になる来年の新年一般参賀にも、できれば参加したいと思っています。

Sdsc00003


『今日の妻弁当:細切りタケノコとピーマンの中華炒め、笹かれいのから揚げ、ほうれん草のごま和え、ドライカレー、プチトマト、白菜の浅漬け、大根甘酢漬け紅生姜和え、ウズラのいぬ、十五穀ごはん』

戌年なのでワンコ入りです。いぬに見えるかしら。

にわ子

2017年12月12日 (火)

平日の日帰り温泉 玉川温泉(埼玉)

こんにちは、にわ子です。

自転車で転んでからますます引きこもっていましたが、昨日になって痛めたところの腫れがだいぶ引いたこともあり、休みのツレアイ君と野菜の買い出し兼いつも朝風呂で利用する「玉川温泉(埼玉)」に行ってきました。

晴れたお出かけ日和の朝。

平日だから空いているだろうと当て込んで行ったのに、10時半前の到着でも思いのほか混んでいます。
数人で連れ立って来るおばさん達は(自分もおばさんだけど、知り合いとは絶対にお風呂に入りたくない派)お風呂の中でもおしゃべりしているので結構うるさく、その点TV付き露天風呂は皆静かしてるので快適。
朝風呂には無い「泥パック」のサービスを初めて利用し、顔もすべすべです。

入浴後はこちらもなかなか利用することのない仮眠スペースのリラックスチェアーで一眠り…と行きたいところでしたが、「お昼を食べて、買い物に行こう」とそそくさと出てきてしまいました。
買い物もまた平日の空いている時間に済ませたかったからなのですが、せっかくの平日日帰り温泉も、滞在時間はいつもの朝風呂とそれほど変わらない1時間半そこそこ。

なんだか勿体なかったなー。

Simg_1968


『今日の妻弁当:豚肉とキャベツの味噌炒め、かぼちゃの煮物/ウズラのお花、ボロネーゼ、トマト、たらこ、ごはん、みかん、栗まんじゅう』

にわ子

2017年11月21日 (火)

伊香保温泉「天坊」と水沢うどん「田丸屋」

Photo_2
こんにちは、にわ子です。

退院直後で「安静に~」なのに、ツレアイ君の「温泉にいかない?」との誘い。治療で循環を促すための足浴もしていたのでいいよね(病院の足浴機は、見た目まるで「こども遊園地」の遊具のような強力ジェットバスでした(^_^) )。

「あまり歩かない」という条件付きで群馬県伊香保までドライブ
入院前に冷蔵庫をすっからかんにしていたので、農産物直売所での野菜の買い出しも兼ねてのお出かけです。

一ヶ月半の間に山は紅葉を通り越して落葉が目立ち、水上方面から来る対向車の屋根には雪が積もっています。

久しぶりの伊香保温泉「ホテル天坊(てんぼう)」はおふろはもちろん脱衣所やお休み処も広くてキレイ。
湯あそびの館「天晴(あっぱれ)」は、趣向を凝らしたいろいろなお風呂が楽しめます…が、今回はおとなしくちょと温めの源泉「こがねの湯」でのんびり体をあたためる程度に。

お昼は「うどんが食べたい」ツレ君のチョイスで水沢うどん「田丸屋へ。平日の13時過ぎなので、ほとんど待たずに席に案内されました。二色つゆ(胡麻・醤油)の布袋様福膳¥1,700 (税別)。
病食で「やわらか~い」そばやうどんを食べていたので、この『コシ』のある食感がとても嬉しい。
食べられたのは半分ほどですが、大満足です。
Photo

Photo_3
いつも立ち寄る農産物直売所「かわば田園プラザ」も「白沢」も、初冬の平日とあって野菜は少なめ。
それでも旬の白菜やネギ、リンゴその他諸々を買い、帰りにスーパーにも寄ったので今週はもう食料品を買いに出ずに済みそうです。

温泉は楽しかったけれど、やはり疲れました。夜7時間眠ったのに昼間も3時間ぐったりと眠ってしまう。
体はまだ体力温存のために「休む」ことを求めているのだと感じます。
おとなしくしていよう…

にわ子

 

2017年9月29日 (金)

朝ぶろ100円クーポン/ おふろ café utatane 再び

Img_1356
こんにちは、にわ子です。

例の100円クーポンを使って再び「おふろ café utatane」の朝風呂に行ってきました。今回はばっちり平日です。前回の記事:朝ぶろ100円クーポン/ おふろ café utatane
館内はハロウィーン仕様に飾り付けられ、いかにも女の子達が喜びそう。

前回は夏休み中だったり、チラシが入った直後の日曜日だったので混み合っていましたが、今日はゴロ寝の若者達もスペースに余裕があります。

Photo


朝6時の時点で、女性用のお風呂には15人ほどのお客さん。まだ寝ている人が多いこともあり空き空きレベルです。
シニア層の方も結構見受けられますが、やはり泊まりではなく朝風呂でしょう。
前回いろいろなお風呂に入ってみたので、今日は加温「温泉」の露天風呂のみ。テレビで朝の情報番組を見ながらのんびり浸かりました。

上がってからは館内をあちこち見て回り、ハンモックが空いたのですかさず寝てみることに。
うーん、楽しいけどこれで眠ったら腰が痛くなるんじゃないの?

Photo_2

おばあちゃん達がコーヒーを飲みながら談笑していたり、おしゃれなおじいちゃんが書き物をしていたり、意外とシニアにも人気があるのかもしれません。仕事を引退していれば、空いていそうな日や時間帯を選び放題です。

 ただ、私達が行った早朝の時間帯はソファを占領して寝ている人も多く、混んでいたらくつろぐどころかストレスになりそう。

何にせよ太っ腹な「100円クーポン」で楽しませてもらいました。
クーポン付きチラシ効果で、その後の継続利用者は増えたのかな(^_^)

にわ子

2017年9月28日 (木)

週末は信州へ③ 信州角間温泉「岩屋館」~小布施でお土産

Img_1277_2
こんにちは、にわ子です。

今回泊まったのは信州角間温泉「岩屋館」
建物の脇を道路をはさんで川が流れ、対岸には岩の壁がそそり立っています。
ツレアイ君から「山奥だから部屋では電波が届かないって」と聞いていましたが、確かにあの岩じゃ仕方ないかな~。

建物は古びていますが、案内された部屋は和室+ベッドルーム+ベランダ(3方向)付きの広い角部屋で、電波も窓際では弱いながらもギリギリ入りました。

Photo
Img_1288

温泉は「鉄~っっ」っという感じの茶褐色の炭酸泉。体を浴槽の床や壁に押し当てると色が付いてしまうため、よく洗い流さないと上がれません(笑)。
露天・内湯ともにとなりの浴槽は上がり湯用の湧水のお風呂になっていました。

 朝夕食には里山らしい山菜や川魚料理が並びます。私にはヤマメやイワナのお刺身やから揚げが珍しく、どれも美味しくいただきました。

渓谷沿いの宿なので、昼はともかく寝静まった夜になると土砂降りの雨音かな?と思うくらい川の音が響いていい感じです。(o^-^o)


ツレ君は運転疲れで先に寝てしまい、私が和室でお茶をのんでいると、障子にそってなにやら黒いモノが動いている…

Photo_2「ぎゃーーーーーーーーっ!」

と思ったら、コオロギでした。ちなみに部屋は2階です。

「まったくもう、驚かせて(-゛-メ)」と障子の外に出しても、いつの間にかまた入ってる。
きっと居たのは1匹ではないですね…。
その後も館内のあちこちで4~5匹のコオロギを見ました。ベランダにはいろいろな虫がやってきていたので、虫が嫌いな人は要注意です(笑)。特に軒下に巣作り中の蜂が怖すぎ。

BSしか入らなかったので夜はテレビもつけず、自然の音の中で過ごしました。
何回も温泉に入ったし、同じ部屋だったらまた来てもいいなー。

Photo_3


さて、お土産を買いにいつもの「道の駅オアシスおぶせ」の農産物直売所へ。ブドウ、リンゴ、そして栗の時期だけあって、駐車場はかなり混雑しています。

品物を選んでいる間にも新たなコンテナが運び込まれてくるため、もう迷って迷って(笑)。
「また来るから」と、リンゴ(シナノドルチェ)を2袋、ブドウはシャインマスカットほか4種類を購入。もっと買えば良かった…

「もう街のお店で買うものはないよね」といいつつ、ちょっとだけ小布施の街をぶらぶらして帰ります。


次に長野に行くのは10月末の斑尾高原。
晴れてきれいな山が見られることを期待してます。

にわ子

2017年9月27日 (水)

週末は信州へ② 戸隠神社 奥社

Photo_6
こんにちは、にわ子です。

先週まで腫れていた私の右足の甲の調子がだいぶ良くなったので、戸隠(とがくし)神社の奥社までお参りに行くことにしました。

早朝の駐車場は外気温が9度。寒~っ。

参道はぽつぽつ人が歩いていており、これから登山と見られる装備の人達が多めでした。

冷たい空気の中、樹齢約400年を超えるという杉並木の参道を歩くのは気持ちが良く、木々の間から差し込む光が神秘的。

奥社までは約2キロ。心配した程の距離や石段ではなく(山寺、こんぴらさん、羽黒山はもっとず~っとキツかった)、余裕で到着。願い事があったので、お参りできて本当に良かった。きっとパワーを貰えたと思います。


Img_1230


参道の途中にある御神木の前で、

ツレ:「JRのCMで吉永小百合が出てきた木かな」
私:「穴が小さすぎない?」

しばし足を止め、スマホでCM動画を確認。

…同じに見えます。

Photo_5
Img_1239
それにしても朝日を浴びて明るく輝く葉や苔の緑がきれい。

自然に囲まれた神社仏閣のお参りは早朝に限りますね。

楽しみにしていた「戸隠そば」は、残念ながら時間の都合で「また今度」となりました。

にわ子

 

2017年9月23日 (土)

週末は信州へ① 馬曲温泉「望郷の湯」~新潟/妙高イルミネーション

こんにちは、にわ子です。

今週は土・日・月と連休で長野方面に来ています。

まずは長野県木島平村の馬曲温泉(まぐせおんせん)「望郷の湯」で朝風呂~。

ここは露天(野天)風呂と内湯が離れているため、先に露天風呂へ。

受付から男女に分かれた坂道を下ると着替え用の小屋があり、脱衣所のガラス戸越しに露天風呂が見えます。
浴場に一歩出るとその開放感と眺めに思わず「お~っっ」。

Photo
Img_1119
お湯は無色透明の単純泉(弱アルカリ性低張性温泉) 。
晴れていればもっと遠くまで、山々の鮮やかな景色が見られるはずですが、露天風呂には日を遮るものが無いため、のんびり浸かるには曇り空でむしろ幸いです。

一人きりになる時間も長く、ぼ~っとを山や山裾の町を眺めながらお風呂を楽しむことができました。風が冷たくて気持ちいい。

さて、着替えてから内湯に移動。

露天風呂に比べて小ぶりのヒノキの内湯は、体育座りだとあごの上までお湯が来るほど、なみなみとお湯が張られています。
シャワーがあるのは内湯のみで、こちらでも終始一人でらくらく~。

お風呂上がりに利用できる広い休憩処がありますが、蔵の中のようなツンとする臭いがキツくて退散。

空いている朝の時間帯にまた来たい温泉です。



新潟直江津の海岸で日本海を眺めたあと、夜はアパリゾート上越妙高イルミネーション』を見に行きました。

入場料金1,500円(前売り1,400円)と聞き、「え~っ、そんなにするの?見に行く価値あるの??」と訝る私に、「大人気らしいから行こう行こう」とツレアイ君。

アパリゾート内の無料駐車場に着いたのは16時くらい。続々と車が入ってきます(17時よりイルミ)。
暗くなるのを待って、のんびり会場方面へ歩いていくと、奥のゴルフコースの丘がLEDの青い光で輝いています。光の龍です。

Photo_4
300メートルを超えるレインボーカラーの光のトンネルから始まり、さまざまな趣向を凝らしたイルミネーションを約1.5キロの順路に沿って見て回るのですが、特にレーザー光線やウォータースクリーンに映るプロジェクションマッピングなどを使った「光と音のスーパーオーロラショー」は必見です(30分毎に繰り返し上演)。
イルミネーションのテーマを長野~新潟にまたがる戸隠の九頭竜の伝説にしてあるのも地域性があって良いですね。

これまでホテルなどで夜の庭園を楽しむ程度のイルミネーションしか見たことがなかったので、入場料を払って見る催しがあることに驚きました。会場はもとゴルフコースなので起伏があり、巨大なイルミネーション地上絵にも動きが演出されているため、最後まで飽きずに回ることができます。

Dsc01527
土曜日だったので、帰り際に打ち上げ花火も楽しむことができました(最初はポン…ポン。最後は思ったより派手に上がります)。

プロジェクションマッピングや花火はTDRの完璧モノ(笑)を見慣れている私達ですが、アパのイルミネーションはなかなか頑張っていて、1,500円の入場料はまあ妥当かな。

飲食では会場前に「イルミ屋台村」が併設されており、こちらも賑わっていました。
妙高イルミネーションは老若男女を問わず楽しめそうです。

にわ子

2017年9月12日 (火)

ディズニーランドの「サプライズチケット」

こんにちは、にわ子です。

先日ディズニーランドに行ったとき、ファストパスチケットに続いてこのチケットが発券されました。

Photo

「ウェスタンランド・シューティングギャラリー・サプライズチケット」です。
指定の時間に行けば、ゲームを1回無料で楽しめるとのこと
TDRには毎年行き、毎回4~5回はFPを発券しますが、初めて見ました。
利用可能な時間帯も長かったので(16:50~21:50)使ってみようかなとも思いましたが、他のアトラクション巡りに忙しく、「シューティングギャラリー」の場所すら確認せずに終了。

どのくらいの確率で発券されるのかは不明ですが、グループ単位で利用できるものならともかく、1枚で1回は微妙ですね。
せめて2人まで利用可にしてくれたら嬉しいのに~。

にわ子

2017年9月10日 (日)

週末は奥日光へ② 日光湯元温泉 板屋

こんにちは、にわ子です。

Hotel
中禅寺湖畔では「日光レークサイドホテル」の解体が進んでいました。ここは2020年夏に「ザ・リッツ・カールトン日光」に生まれ変わるそうです。
レークサイドホテルはお風呂が遠い(笑)のが難点でしたが、明け方敷地内で大きなシカ見かけたり、日帰り温泉でも利用でき、親しみやすい感じで良かったのに…
中禅寺湖の入口にあるため、閉業後もそばを通るたびにどうなるのかな?と気になっていましたが、外国人向けの高級ホテルになってしまうのですね。建て替わった建物を見るのがたのしみな気持ちもありますが、リッツ・カールトン…うーん、立ち寄り湯は無理でしょう(笑)。

さて、私たちは中禅寺湖よりさらに奥、いつもの日光湯元温泉に到着~。
こちらも紅葉はまだまだですが、ナナカマドの実が赤く色づいています。
Nanakamado

今回利用したのは老舗の「湯元 板屋」
とてもきれいな乳緑色の硫黄泉で、肌に柔らかい泉質の良い温泉です(源泉すぐそこ、湯元温泉なので当たり前ですね)。 カランは8か所、黒ずんでいるのは仕方ない(笑)。 L字型の露天風呂も湯船の底のがぼんやり見えるくらいの乳緑色。屋根付きの部分がちいさく、女湯ならもう少し日光を遮るものが欲しいところです。 脱衣所も清潔でドレッサーもブースに分かれ使いやすい。
Itaya
Okunikkoエレベーター横の窓からの眺めです。日光白根山は見えていないかな?

「今年の日光は今回が最後なの?」
と尋ねると

「来月また来よう」
とツレアイ君。

うれしいな~。楽しみだな~。

にわ子

2017年9月 9日 (土)

週末は奥日光へ① 中禅寺湖畔

こんにちは、にわ子です。

週末は、またまた奥日光。

紅葉にはまだ早いけれど、さわやかな空気と温泉と、帰りの野菜の買い出しを楽しみにやってきました。

ちょうど東照宮近くで渋滞にはまっている時に息子から電話があり「今日光なの」と伝えると、「また出かけているのー」とあきれ声。まあ、親が元気で活動的っていいじゃないの。

中禅寺湖畔は少し木々の葉が色づき始めています。
男体山は今日もちょっと雲がかかっている…
Photo_2
湖を渡る風が涼しい。

続きはまた後で書きます。
Photo_3

にわ子

より以前の記事一覧